インターネット

Wi-Fi 6とIPv6に対応!コスパ抜群の無線LANルーター「TP-Link Archer AX10」をレビュー

TP-Link_ArcherAX10

リモートワークがすっかり定着してきた今日この頃、こんな時だからこそ自宅の環境は最も大事ですよね!

インターネット環境は、最重要事項!

スマホやPC、テレビやスマートホーム端末などなど、インターネットに接続する端末が次々と増えてきています。

みなさんも自宅にあるネット端末を数えてみてください。

合計19台

ちなみに我が家(夫婦2人と子供1人)では、合計19台の機器をインターネットに接続していました。
ここ数ヶ月でスマートホームデバイスがかなり増え、かなりネット環境が混雑してきています。

これだけの端末をインターネットに繋ぐとなると、ネット環境にはそれなりに拘っておきたいところ。

回線混雑を解消する鍵!

Wi-Fi 6 × IPv6

インターネット環境を構築する上で押さえておきたいのがこのふたつ。
本題に入る前に軽く解説しておきます。

無線LANルーターのレビューを見たい方は、こちらからサクッと飛んでください。

Wi-Fi 6とは?

Wi-Fi 6ロゴAX Wi-Fiや802.11axとも呼ばれる次世代通信規格の『Wi-Fi 6』は、2019年9月からスタートしたWi-Fiテクノロジー

Wi-Fi 6のメリット
  • 通信の高速化
  • 接続した端末のバッテリー持ちが向上
  • 混雑に強い
  • スマートホームとの相性が良い

次世代通信規格のWi-Fi 6で得られる恩恵はこんな感じ。
通信の高速化や混雑に強いだけでなく、バッテリー持ちが良くなるので、
長期的にみたバッテリー寿命も変わってきます。
接続機器が増えやすいスマートホームとも相性抜群です。




IPv6とは?

IPv6

Wi-Fi 6と一緒に押さえておきたいのが、最新のインターネットプロトコル「IPv6」です。

インターネット回線に接続する際、「IP(インターネットプロトコル)」といった規格が定められています。
よく言う “IPアドレス” というのは、インターネット上の住所で、データの送信先(送信元)を識別するために使われる識別番号です。

従来IPアドレスの管理には、“IPv4” といったプロトコルが用いられてきました。
これに代わって新たに登場したのが「IPv6(Internet Protocol Version 6)」。

管理できるIPアドレス数
IPv4 約43億
IPv6 340澗

今までのIPv4では、約43億のIPアドレスを管理できますが、近年のインターネット人口の急上昇に伴い、IPアドレスが枯渇。
新たに登場したIPv6は、340澗(かん)のIPアドレスまで管理が可能で、これは実質無限にあたります(1澗=1の後に0が36個)。

IPoE接続が可能!

設定が極めて簡単、安定した回線速度

IPv6では、事業者のネットワークと直接接続してIP通信を行うIPoE(IP over Ethernet)接続に対応。

従来の接続方式であるPPPoE(PPP over Ethernet)は、電話回線をイーサネットへ応用していました。
対してIPoE方式は、企業内のLANなどと同じ通信規格のイーサネットで直接インターネットに接続しているので、「ネイティブ接続」と呼ばれることもありますね。

 

TP-Link_ArcherAX10今回紹介するのは、TP-Linkの無線LANルーター「Archer AX10」。
インターネット回線の混雑解消の鍵になる “Wi-Fi 6” と “IPv6” に対応したWi-Fiルーターです。

驚くべきはその価格

この手のタイプのルーターは、1万overが基本という中で、「Archer AX10」は1万円を切るどころかAmazonで6,000円台という破格。

一般家庭のほとんどがコレ買っておけば良いんじゃないかってレベルです。

 

TP-Link: Archer AX10のスペックは?

TP-Link Archer AX10
規格 Wi-Fi 6
5GHz:IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz:IEEE 802.11n/b/g
Wi-Fi速度 AX1500
5GHz:1201Mbps(802.11ax)
2.4GHz:300Mbps(802.11n)
Wi-Fi範囲 4LDK
高性能固定アンテナ×4
複数のアンテナが信号を増幅させ多くの方向と広いエリアをカバーしビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大
Wi-Fi性能 高(High)
デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てる
OFDMA
複数のWi-Fi6対応クライアントと同時に通信
エアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上
4ストリーム
デバイスをより多くの帯域幅に接続
動作モード ルーターモード
ブリッジモード
プロセッサー 1.5 GHzトリプルコアCPU
有線ポート ギガビットWANポート×1
ギガビットLANポート×4
ボタン WPS/Wi-Fiボタン
電源オン/オフボタン
LEDオン/オフボタン
リセット(初期化)ボタン
電源 12 V ⎓ 1 A
Wi-Fi暗号化 WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
セキュリティ SPIファイアウォール
アクセスコントロール
IP & MACアドレスバインディング
アプリケーションレイヤーゲートウェイ
ゲストネットワーク 5 GHz ゲストネットワーク×1
2.4 GHz ゲストネットワーク×1
WANタイプ 動的IP
静的IP
PPPoE
PPTP
L2TP
v6プラス
DS-Lite
クラウドサービス 自動ファームウェアアップグレード
OTAファームウェアアップグレード
TP-Link ID
DDNS
サイズ 260.2 × 135.0 × 38.6 mm
パッケージ内容 Wi-Fiルーター Archer AX10
電源アダプター
RJ45 LANケーブル
かんたん設定ガイド
メーカー保証 購入後3年

Archer AX10の詳細スペックはこんな感じ。
それでは実際の使用感をチェックしていきます。

もっと詳しく知りたい方は、製品ページをご覧くださいませ。




 

TP-Link: Archer AX10のデザイン・付属品をチェック

TP-Link_ArcherAX10
開封すると付属品がかなり綺麗に収まっています。

TP-Link_ArcherAX10本体の他に電源アダプタ、LANケーブル、説明書が同梱されています。

TP-Link_ArcherAX10サイズは、横260mm × 縦135mm × 38.6mmとWi-Fiルーターとしてはちょっと大きめで、アンテナを立てるとかなり存在感があります。

TP-Link_ArcherAX10中央下部にはTP-Linkのメーカーロゴ。

TP-Link_ArcherAX10上・左右には熱放散のためのオシャレな通気口があります。

TP-Link_ArcherAX10下部には使用中に緑に光る各種インジケータ。

TP-Link_ArcherAX10本体上部には、LANポートが4つとWANポートが1つ、WPS/Wi-Fiボタン、電源ボタンがあります。

TP-Link_ArcherAX10熱放散のため、本体背面は全面的に通気口となっています。

TP-Link_ArcherAX10左右にひとつずつ壁掛け用のフックがついてるので、壁に設置することも可能。
無線LANルーターは、なるべく高い場所に設置すること電波が広範囲に届きやすくなるのでフック付きは嬉しい仕様。
縦置きスタンドはオプションのようです。

 

TP-Link: Archer AX10を設定していく

TP-Link_ArcherAX10付属していたLANケーブルでモデムからArcher AX10のWANポートに接続します。

TP-Link_ArcherAX10次に電源アダプタを差し込んで、電源ボタンを押して電源をつけます。

あとは以下の専用アプリを起動して指示に従って設定すれば、ほんの数分でWi-Fiに接続できるようになります。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

 

 

Archer AX10の実力は?インターネット回線速度を測定

インターネット速度

休日の18時で300Mbps出てるので、これは十分すぎますね。

ただルーターから最も遠い部屋では、100Mbps程度しか出ませんでした。我が家は3LDKの賃貸ですが、ネット環境にこだわる場合は中継機を設置するのもありかも。

 

Archer AX10の評価

個人的にとても満足しているArcher AX10ですが、Amazonレビューからより多くのユーザーの声をまとめてみました。

◎良い評価 △残念な評価
通常の戸建てならカバーできる 無線接続が不安定
低価格で安定した性能 接続が難しい
ルーターを変えるだけでこんなに違う 不良品だった
Wi-Fi 6恐るべし 遅い
バランスが良い 思ったより広範囲じゃなかった
5LDKでも安定 離れると不安定

悪い評価では “接続が難しかった”、”Wi-Fiが不安定” ってものが大半を占めてました。
個人的には設定もスムーズに終了して、Wi-Fiも途切れることなく利用できています。

使う環境と無線LANルーターの相性が悪かったり、初期不良だったりが原因ですかね。

全体的には高評価が多くて、悪い評価はごく一部だったので大丈夫かと。




Wi-Fi 6を活かすための注意点

Wi-Fi 6の速度 最大9.6Gbps
Archer AX10の速度 最大1.2Gbps(1201Mbps)

Wi-Fi 6は理論値で9.6Gbpsまでの回線速度が出る次世代の通信規格。
Archer AX10の最大速度は1.2Gbpsですが、通信業者が提供しているネットサービスは、最大1Gbpsのプランが大半を占めています。

つまり1Gbpsまでしか対応していない通信業者を選んでしまうと、Wi-Fi 6どころかArcher AX10の性能さえ満足に発揮できないということ。

最大1Gbpsの業者は選ばない方が無難!

まずソフトバンク光やビッグローブ光には、最大1Gbps以上出るプランがないので、自動的に選択肢から外れます。

auひかりとドコモ光も基本的に最大1Gbpsまでですが、一部地域では5Gbpsや10Gbpsまで出るプランも展開されています。
特にドコモ光では東京の一部、大阪市、名古屋市の戸建て限定なので、契約の難易度は高いでしょう。

オススメはSONYのNURO光

そこでぜひオススメしたいのが、SONYが提供しているNURO 光

提供範囲が限られているものの、基本プランが「最大2Gbps」なので、対象地域に入っていれば特に何も考える必要がないのがメリット!

NUROでんきと一緒に使えば、月額500円引きってのも魅力的。

NURO光
光回線のおすすめは?「安くて速い」で評判のNURO 光を開通したら、予想以上の爆速回線だった。iPhoneをはじめとするスマートフォンやMac・WindowsといったPCが普及した背景もあり、ほぼ全ての御家庭がインターネット回線を...



 

まとめ:コスパ抜群Wi-Fiルーター「Archer AX10」

TP-Linkの無線LANルーター「Archer AX10」を紹介しました。

Wi-Fi 6とIPv6に対応していて、衝撃の6,000円台というコスパ抜群の製品です。
家庭用であれば、コレで十分すぎる性能なので「迷ったらこれ買っておけば大丈夫」な無線LANルーターかと思います。

自宅のネット環境に不満を抱いている人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
Taka
月間4万人が読むWebメディア『Number84』の編集長 / Apple製品の使いこなし方・生活を豊かにするモノ情報を発信 / シンプルな待ち受けを毎月無料で配布 / 趣味は『作業効率の追求と植物の育成』 / 29歳の医学部大学院生 / 御依頼は気軽にDMまで /

おトクに購入するならAmazonギフト券!

ちょっとでも安く購入したい人は、最大で2.5%のポイント還元が受けられるAmazonギフト券がオススメ。

クレジットカードからAmazonギフト券を購入した場合でも、0.5%のポイントが還元されます。

ギフト券を購入する一手間をかけるだけで、0.5〜2.5%引きになる裏技です。
これを使わない手はないかと。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です