Macbook News

Webサービスをひとつに集約できるアプリ【Biscuit】

Webサービスをひとつに集約できるアプリ【Biscuit】

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

今回紹介するのは、GmailやTwitter、OutlookなどのWebサービスやInstagramを集約することができるMacアプリです。

同じ用途のアプリである『Station』を以前紹介しましたが、メモリ16GBのMacBook Proでも動作が重かったんですよね。
そこで今回紹介するBisucuitに乗り換えたところ、Stationと比べてサクサク動いて比較的満足できました。それでは紹介していきます。

Biscuit

Biscuit

軽く前述しましたが、今回紹介するBiscuitはメールやSNS、クラウド等の色んなWebサービスをひとつに統一できるMacアプリです。
僕は用途別にメールやSNSのアカウントを使い分けているので、アカウントの切り替えがかなり面倒。

そんな時に活躍するのがBiscuit。
Biscuitさえあれば、アカウントの切り替えやWebサービス間の移動がめちゃめちゃ便利になります。

 

 

 

アプリ画面

BiscuitBiscuitでGmailを開くとこんな感じ。
見慣れたGmailのUIですね。他のWebサービスにおいてもブラウザと同じ使用感で利用できる。

 

Biscuit-サイドバー
サイドバーには自分が使いたいアプリを連携して配置できます。グループ分けできるのも地味に嬉しかったりしますね。
僕はGmailとOutlookを2アカウントずつ、SNS(Twitter、Instagram、Messenger)やGoogle calendarを連携しています。
Biscuitさえ開いておけば、様々なWebサービスへ簡単にアクセスできるので重宝しています。

 

 

動作が軽い

Stationを使っていた時は、メモリ16GBのMacBook Proでも起動にかなりの時間を要していました。もう動作が重すぎて使いたくないレベル。

今回Biscuitに乗り換えてからは、起動の遅延や使用中のフリーズがなく、めちゃめちゃ快適です。
MacBook Pro 13インチ(2019モデル)とM1 MacBook AirでBiscuitを使っていますが、どちらも問題ありませんね。

もっと早く乗り換えればよかった。

 

 

ショートカット対応

ブラウザ版と同様にBiscuitでもショートカットが使えます。
僕もGmailやTwitterではショートカットを使うことが多いので、これはかなり嬉しい仕様。
僕がよく使うGmailショートカットについては別記事に以前まとめています。もし興味があれば下記の記事をご覧くださいませ。

 

 

 

 

Windowsにも対応

Biscuit-Windowsにも対応

BiscuitはMacだけでなく、Windowsにも対応しています。
僕はMacしか所有していないので、Windows版の使用感については分かりませんが、無料なので試す価値は十分あるかと。

 

 

連携アプリの種類はStationに劣る

StationStationの連携アプリ一例

連携できるアプリやWebサービスは、Stationの方が多い印象です。
でも一般的なモノはどちらも対応しているし、余程マニアックな使い方をしない限りはBiscuitで問題なさそう。
少なくても僕の使い方だと、Biscuitでも困ることはありませんでした。

 

 

まとめ

様々なWebサービスをひとつにまとめるMacアプリ【Biscuit】を紹介しました。
同様の機能を持つStationよりサクサク動き、僕自身乗り換えて大正解でした。

Biscuitさえあれば、アカウントの切り替えや別のWebサービスへの切り替えがかなり快適になります。実際に使っていると、手放せなくなりますね。
MacだけでなくWindowsにも対応しているので、多くのユーザーにオススメできるアプリかと。

まだ試したことがない方は、是非ダウンロードしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございまいした。

このWebサイトでは、MacやiPhoneなどのガジェット情報や生活を豊かにする拘りのモノ情報を発信しています。
SNS(TwitterInstagramFacebook)も日々更新していますので、よければフォローいただけると嬉しいです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です