Life topics

最小の小銭入れ【CHIP】

最小の小銭入れ

小銭入れやプチポーチで差をつけろ!

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。
2019-2020年にかけてキャッシュレス決済が浸透し、ほとんどのお店で対応するようになりました。ポイントカードでさえ、スマホにまとめられる時代の到来です。
この時代の変化は、財布に対するNeedsまでも変えました。なるべく多くの現金やカードを持ち運ぶためのアイテムであった財布は、いまや必要最低限を持ち運ぶためのアイテム
PRESSoはその象徴でしょう。今回紹介するのは、目まぐるしい時代の波にのって登場した小銭入れです。キャッチコピーは、『最小の小銭入れ』。まさに財布に求める新たな形です。

CHIP

CHIP-最小の小銭入れ
今回紹介するのは、株式会社dripの『CHIP』という小銭入れ。同社が手がける『キャッシュレス時代の理想の財布 PRESSo』のパートナーとして誕生した500円玉とほぼ同じサイズの小銭入れです。このサイズ感でも、熟成レザーやドイツタフレザーといった贅沢な素材を使っていることは、革新的と言わざるを得ません。サイズが小さいので、値段も安いのが嬉しいです。

 

created by Rinker
drip
¥3,850
(2021/07/30 15:21:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちょうどいい容量

ちょうど良い容量最小サイズの小銭入れと謳っていますが、意外とマチがしっかりしていて100円玉が10枚まで入ります。実際に使っていても、まず困ることはありません。
僕は100円より小さくなった硬貨は、家に帰ると貯金箱にいれてしまいます。100円より小さい硬貨は、使用頻度と持ち運ぶストレス(重さやスペース)がマッチしないんですよね。硬貨が多いとCHIPが満タンになるので、使っているだけで自然と【必要最低限】の中身に調整できます。

 




使い方は個性

使い方は個性小銭を入れるだけがCHIPの役目じゃありません。僕も2つのCHIP持っていて、小銭入れと薬入れとして使ってます。ちょうど6錠入るので、頭痛薬を入れておくのにピッタリなんですよね。
プチポーチとしてポーチの中に忍ばせておいても、アクセントがあって可愛いです。アクセサリーやSDカードを持ち運ぶのにも適してますね。このように使い方は十人十色です!

 

 

まとめ

最小の小銭入れ【CHIP】を紹介しました。小銭サイズなのに、100円硬貨が10枚入る優れモノです。こだわりの革素材を使っているのも良いですね。

小銭入れ以外の使い道も多く、ポーチの中のアクセントにもなって重宝してます。サイズが小さいので、手が出やすい値段でいくつも欲しくなっちゃます(既に2つ持ってます)。

一緒に持ち運べる【キャッシュレス時代の理想の財布】もリリースされていて、こちらもオススメ!興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このWebサイトでは、MacやiPhoneなどのガジェット情報や生活を豊かにする拘りのモノ情報を発信しています。
SNS(TwitterInstagramFacebook)も日々更新していますので、よければフォローをお願いします。

 

created by Rinker
drip
¥3,850
(2021/07/30 15:21:07時点 Amazon調べ-詳細)