Gadget

【ダイソーBluetoothスピーカー】実力検証

ダイソーBluetoothスピーカー

Number84を読んでくれてありがとうございます。TAKA(@Number84M)です。

皆さんは、自宅でどのように音楽に触れていますか?
僕はイヤホンやヘッドホンも好きですが、自宅ではスピーカーで音楽を楽しみたいなと思っています。

今回、100円ショップのダイソーが販売しているBluetoothスピーカーを購入しました。
税別600円という価格から、以前SNSでも非常に話題になり、入手困難になるほど売れた製品です。

実際に使用してみたところ、この性能で600円なので人気がでることも納得でした。
しかし安すぎる反面、スピーカーとしての完成度は、そこまで高くないと感じています。
それでは詳細に紹介していきます。

2モデル・3色カラー

2モデル3カラー展開左:新型モデル、右:旧型モデル

現在発売しているモデルは、旧型・新型の2モデルです。
カラーバリエーションは、両モデルともに3色展開となっています。
(旧型:ホワイト・ピンク・ブルー、新型:ホワイト・ピンク・ブラック)

今回は、両モデルともホワイトを購入しました。

 

壁に貼り付け可能

壁に貼り付け旧型モデルを冷蔵庫に貼り付け

背部には、吸盤がついています。
新型の方が吸着力が強いですが、吸盤が小さい旧型でも、十分な吸着力があります。
上図のように、冷蔵庫などに貼り付けて使用することができます。

 

防滴タイプ

防滴タイプ新型モデルをお風呂で使用

600円にもかかわらず、防滴に対応しています。
お風呂やキッチン、洗面所などの水回りでも使用ができます。

 

使用時間が短い

充電時間(旧型:1.5-2h、新型:3h)に対する、使用できる時間(2-3h)が短いです。600円なのでしょうがないですが、気がついたら電源が切れていることもあるでしょう。
メインスピーカーにするには、使用時間が少し短い気がします。

 

音質は価格相応

音は、全体的に少しこもっているように感じます。
中音域を中心に拾うので、低音は弱いです。
音の立体感は、ほとんどありません。

ただ、お風呂ではエコーが効くので、価格より遥か上の実力を発揮してくれます。

 

買うならどっち?

購入するなら旧型モデルをオススメします!

両モデルともに音が若干こもっていますが、旧型の方がクリアに感じます。

背面から音が出る新型上図のように背面から音が出る新型は、吸盤や壁を介して耳に届くので、音がこもって聴こえます。
一方旧型は、音が前面から出る仕様で、新型より音がクリアに聴こえます。

そのため、購入するなら旧型モデルがオススメです。

サブスピーカーとしては価値あり

安すぎる反面、良質な音楽体験は得られません。
しかし防滴仕様なので、水回りでも音楽を楽しめる点は魅力的です。
メインスピーカーではなく、お風呂やキッチン、洗面所などで使用するためのサブスピーカーとして購入するのが良さそうです。

あくまで防水ではなく防滴ですが、価格も600円と安価なので故障したら買い換えようと思っています。

本格的に音楽を楽しむ製品ではないと理解した上で、手頃にBluetoothスピーカーを使いたい方、水回りで音楽を楽しみたい方には、丁度良いでしょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です