Gadget

HomePod mini開封レビュー

HomePod mini開封レビュー

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

先日発表されたHomePod miniが昨日発売されました。
僕も購入して発売日に手に入れることができたので、早速開封レビューをまとめていきます。

 

購入した理由

HomePod mini-購入した理由

僕がHomePod miniの購入に踏み切った理由は、サイズ感と値段です。
従来のHomePodは、全く見た目がスマートではないスマートスピーカーでした。
価格も3万円を超えるので、むしろ買う理由が見当たりませんでした。

一方HomePod miniは、見た目も価格も非常にスマートになりました。

GoogleやAmazonの製品の方が
「スマートスピーカー(AI)として優秀」
といった懸念は当然ありました。
しかし両者はスピーカーの本質である音質に不安が残ります。

確かに僕もSiriには満足していません。
しかし強い不満を持っているわけでもありません。
AIには妥協できますが、音質には妥協したくなかったのでHomePodを選んでみました。

 

 

 

開封

HomePod mini-梱包

 

それでは早速開封していきます。
HomePod miniのデザインがプリントされた箱に入って到着しました。

 

HomePod mini-開封

中身は本体、ACアダプタ、簡単な説明書と至ってシンプルです。
Appleのロゴシールは、iPhone 12シリーズと同様に1枚のみでした。

 

 

 

 

予想を超えるコンパクトさ

HomePod mini-コンパクトさ

右からiPhone 12 mini純正シリコンケース、Apple Watch Series 4(40mm)、HomePod miniです。

こう比べてみると分かるように、予想以上にコンパクトでした。
正に「mini」の名がふさわしいボディサイズです。

 

 

 

設定は自動的に

HomePod mini-設定は自動的に

Apple製品で共通しているのが、設定の手軽さですよね。
電源を入れると同時にiPhoneと連携しました。
むしろ設定の手軽さに慣れてしまい、当たり前のようになってしまいました。
慣れって怖い。

 

 

音質も満足

期待していただけあって音質には満足しています。
流石に僕が使っているBOSEのSoundLink Mini Bluetooth speaker IIには、若干劣るかなという感じですね。
ただHomePod miniは、SoundLink Mini Bluetooth speaker IIの半分の値段です。
低音もそれなりにでており、かなりコスパが高いんじゃないかなと思います。

 

 

 

スマートリモコンとの連携

Nature Remo mini

うちではNature Remo miniというスマートリモコンを使っています。
家電のリモコンをスマホアプリに集約できる優れものです。
HomePod miniを購入して、ショートカット経由で家電を音声操作できるようになりました。
ただ若干のラグがありますね。
GoogleやAmazonのスマートスピーカーでは、音声入力から家電操作のラグが短いらしいです。

HomePod以外のスマートスピーカーを試したことがないですが、唯一の不満がコレですね。

 

 

 

 

 

パワフルなmini

HomePod miniの開封レビュー、第一印象をまとめてみました。
価格や本体のサイズはminiですが、機能性は非常にパワフルです。

気がつけばNature Remo mini、iPhone 12 mini、HomePod miniと『mini』がつく製品が増えてきました。
個人的にこれら全てに大満足しています。
これらに共通しているのは、『mini』でも高い機能性を有しているとういこと。

僕のように多くは望まないユーザーであれば、『mini』でも十分幸せになれそうです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です