iPhone/iPad/Watch

知らなきゃ損!iPhoneの便利設定〈iOS 14編〉

iPhoneのオススメ設定(iOS14版)

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

少し前にMacBookの設定を紹介しましたが、ふと思い返すとiPhoneの設定について触れていないことに気がつきました。
iPhoneは非常にシンプルなスマホなので、購入時から単純に使いやすい。でもさらに設定してあげることで、よりシンプルな使用感になります。

そこで今回の記事では、僕が毎日使っているiPhoneの設定を紹介していこうと思います。
MacBookの設定については、下記からご覧ください。




使用機種

iPhone12mini

本題に入る前に僕が使っているiPhoneについて御紹介。
僕が使っている端末は、iPhone 12 mini, ブラック, 128GBです。iPhone X, 256GBから乗り換えました。このサイズ感は至高で、大満足しています。

ちなみにこの待ち受け画像は、毎月自分で作成しています。Twitter(@Number84M)で無料配布しているので、興味がある方は固定ツイートまで。

iPhone 12 miniの詳しい使用感については、下記の記事をご覧くださいませ。

 

 

ホーム画面

ホーム画面

先ず最初に紹介するのは、ホーム画面です。僕はショートカットアプリと購入したNomad iconを使ってホーム画面をカスタマイズしています。

カスタマイズの方法については、こちらの記事を参考にしました。

ホーム画面は1画面運用で、上部にWidgetsmithとYahoo天気のWidgetをスマートスタックとして配置。

Yahoo天気

Yahoo天気のWidgetは、一目で天気と気温が分かるので毎朝確認しています。最も重宝しているWidgetですね。

 




Widget

Widget

iOS14でさらに進化を遂げたWidget。それなりに使いこなすとかなり便利です。
僕は一番上にカレンダーとバッテリーのスマートスタック、その下に厳選したショートカット、最下部に楽天ポイントカードを配置。

ホーム画面を1画面にしたいので、家電操作や生活に使うモノはショートカットにまとめてWidgetへ。ホーム画面からアクセスするアプリとWidgetからアクセスするアプリを種類別に分類できるのでオススメ。

 

 




 

コントロールセンター

コントロールセンター

周りを見渡すとコントロールセンターをカスタマイズしている人は意外と少ない。
配置数に制限はないですが、12個を超えるとレイアウトが崩れてしまう。なので上記のように横4×縦3の合計12個がオススメ。

使用頻度が高いモノを配置しておくことを推奨します。設定アプリからカスタマイズが可能。

 




 

キーボード

キーボード

続いてはキーボードの設定。
僕は上記3つのキーボードしか使わないので、それ以外は非表示にしています。
デフォルトではローマ字入力が入っていますよね。iPhoneではフリック入力の方が断然早いので、非表示にしましょう。

フリック入力のみ

この他にも『フリック入力のみ』をオン、『スマート全角スペース』をオフにしておくと使いやすくて便利です。

 

カメラ

グリッド線僕のカメラ設定は、グリッド線を表示、ビデオ撮影を4K/30 fpsにしてるぐらいかな

グリッド線は、上図のような撮影画面に出現する線のこと。コレがあると被写体を正確にとらえることができる。
余談だけど、縦と横のグリッド線が交わる部分に被写体を持ってくると、良い写真が撮れるって言いますね。僕はカメラ初心者ですが、コレを意識するだけでそれっぽい写真が撮れます。

ビデオ撮影は画質をあげると容量が増えてしまうので難しいところ。僕はそんなに動画を撮る方じゃないので、画質をできるだけ重視する設定にしてるって感じです。

どちらも設定アプリ→カメラから設定してみてください。

 




 

画面をさらに暗く

僕はよくベッドでiPhoneを使ってしまうのですが、暗闇の中だと輝度を最小にしても明るすぎるんですよね。
そこで役立つのがこの設定。最小輝度よりさらに画面を暗くできます。

画面をさらに暗く

①設定→アクセシビリティから『ホワイトポイントを下げる』をON
②ゲージを調整して好みの明るさに設定(実際に暗い場所で行うことを推奨)

 

画面をさらに暗く-ショートカット

③アクセシビリティのショートカット→『ホワイトポイントを下げる』にチェックを入れる。

これで電源ボタンのトリプルタップで瞬時に輝度を下げることができます。
正確に言うと同一輝度内でホワイトポイントを下げているので、最小輝度より画面をさらに暗くできる設定ですね。

ベッドの中でiPhoneを使う際、目への負担を最小限にしてくれるのでオススメです。
(そもそもベッドで使わなければいいんですけどね。笑)

 




 

まとめ

iPhoneの初期設定について紹介しました。もっと細かいところを言えばキリがないですが、今回紹介した内容を押さえておくだけで使用感が結構変わってくると思います。

iPhoneは非常にシンプルなスマートフォンなので、デフォルト設定のままでも十分使えます。でもそこで自分仕様に設定してあげると、さらにシンプルな使用感になります。

是非この機会に自分のiPhoneの設定を見直してみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございまいした。

このWebサイトでは、MacやiPhoneなどのガジェット情報や生活を豊かにする拘りのモノ情報を発信しています。
SNS(TwitterInstagramFacebook)も日々更新していますので、よければフォローをお願いします。