iPhone/iPad/Watch

iPad Pro Magic Keyboardを無刻印化

Magic Keyboardを無刻印化

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

 以前、MacBookのキーボードをシンプルにするブラックアウトステッカーを紹介ました。

ブラックアウトステッカーを使用してキーボードを無刻印化するためには、ある程度のブラインドタッチが必要だ。

つまりこの商品は、PCライトユーザーを眼中に入れていない!

キーボードの刻印さえも視覚ノイズと感じ、機能より見た目を追求するコアな変態ユーザーを対象にしている商品なのである。

「大衆は関係ない!刺さる人にだけ刺さればいい!」
といった開発者の狂った声が聞こえてきそうだ。

本商品のコンセプトに強い共感を抱く筆者は、当然コアな変態ユーザーの一人だ。
今回、iPad Pro Magic Keyboardを入手当日に無刻印化したため、レビューしていく。

ブラックアウトステッカーのメリット
  • キーボードが静かな無刻印になる
  • キーボードのテカリ防止
  • ブラインドタッチの習得(強制的に)

ブラックアウトステッカーのデメリット
  • タイプミスが増える人もいる(特に記号)
  • バックライトの効果がない

ステッカーについて

ブラックアウトステッカー

上記がステッカー本体である。数字は5と0に穴が開いていて、タイプミスを防ぐ工夫がされている。
これを1枚ずつキーに貼っていく。

ステッカーが文字のシルエットに上記は、Yキーのステッカーである。ステッカーが文字のシルエットになっている。
無刻印化してもシルエットでキーを確認できる仕様である。

早速貼ってみた

早速貼り付け早速貼っていく。

Magic Keyboardにブラックアウトステッカーを貼り付ける途中経過。

貼り付け終了完成!

うん。美しい。
これでようやくMagicKeyboardの完成といった感じである。
この見た目、無の感覚は、非常に心地よい(変態です)。

まとめ

iPad Pro11インチ Magic Keyboardを無刻印化した。

本商品のような一部の尖ったユーザーを対象とした商品コンセプトは、大胆さがある。
ブラックアウトステッカーは、一度手を出してしまうと戻れない中毒性のある商品である。
実はステッカーが文字のシルエットになっていないブラックアウトステッカーProも発売されている。
こちらは、タイピングが完全にブラインドタッチに依存することになり、変態度が増すステッカーである。

筆者は、ステッカーのシルエットがある通常のブラックアウトステッカーをレビューしたが、好みに合わせてチェックしよう!

ABOUT ME
Taka
月間2万人が読むWebメディア『Number84』の編集長。Apple製品の使いこなし方や生活を豊かにするモノ情報を発信。 29歳の医学部大学院生