iPad

【新型iPad mini!】ベゼルレスとなり電源ボタンにTouch IDを搭載したiPad mini 6をレビュー

iPad mini6を開封レビュー

Appleは2021年9月15日の午前2時(日本時間)から『新製品発表イベント』を開催し、iPhone 13シリーズ、iPad mini(第6世代)、iPad(第9世代)、Apple Watch Series 7を発表しました。

iPad mini以外はマイナーアップデート

iPhone 12シリーズからバッテリーやカメラ性能アップしたiPhone 13シリーズ、Series 6と同じチップが搭載されているApple Watch Series 7は、いずれも前作からのマイナーアップデート感が否めません。
iPhoneは12 mini、Apple WatchはSeries 4を使っている筆者ですが、今回は両者ともにスルーすることにしました。Apple Watch Series 4は、すでに3年使っていて4年目に突入しましたが、全く問題ないですね。やはりApple製品は、フルモデルチェンジしたタイミングで購入すると幸せになれると思います。

iPad mini 6Appleホームページより引用

今回の目玉は、間違いなくフルモデルチェンジされたiPad miniです。
約2年半ぶりのiPad miniで、“ホームボタンが廃止” され、“電源ボタンにTouch ID” を搭載することで “ベゼルレスディスプレイ” を実現しています。さらにLightning端子を廃止して “USB-Cを搭載” し、“第二世代のApple Pencilに対応” しました。

まさに『みんなが待ち望んでいた端末』が実装された形です。

iPad miniの画面サイズ
iPad mini 6の画面サイズは、前作のiPad mini 5より0.4インチ大きい8.3インチになりました。0.4インチと言っても5%も大きくなってるので、体感的にもかなり違うでしょう。

 

iPad miniのカラバリ

カラバリは定番のスペースグレイにピンク、パープル、スターライトを追加した4色展開。シルバーに代わってスターライトが登場したことで、全体的に淡いラインナップとなりました。

iPad miniの価格
Wi-Fi Wi-Fi + Cellular
64GB 59,800円 77,800円
256GB 77,800円 95,800円

※税込価格

価格は64GB Wi-Fiモデルの59,800円から256GB Wi-Fi + Cellularモデルの95,800円となっています。

筆者は迷うことなく『Wi-Fiモデル 64GB』の最小構成を選び、発売日である9月24日に購入しました。そこで今回の記事では新しいiPad miniを2日使った上でのファーストインプレッションを紹介していきます。

iPad mini 6の要点まとめ

  • ホームボタン廃止
  • 8.3インチ(ベゼルレス)
  • 電源ボタンにTouch ID
  • 第2世代のApple Pencil
  • USB-C端子
  • ステレオスピーカー(上下)
  • A15 Bionicチップ
  • Wi-Fi 6、5G対応
  • 64GB or 256GB
  • 4色展開
  • 293g(Wi-Fiモデル)
  • 59,800円〜

冒頭でも軽く触れましたが、iPad mini(第6世代)の要点をまとめました。フルモデルチェンジなだけあって、前モデルとは筐体も性能も大きく変わっています。
iPad Air(第4世代)と同様にホームボタンとLightning端子を廃止し、電源ボタンのTouch ID、USB-C端子を搭載してきました。さらに最新のA15 Bionicが搭載されたことで、性能面でも全く妥協のないiPadになっています。




iPad mini 6を開封!

iPad miniを開封
発売日の9月24日、Apple製品お馴染みの段ボールで到着しました。iPhone 12 miniと比べると段ボールの小ささが分かります。

iPad miniを開封今回からiPhoneでは箱のビニールが撤廃されているようですが、iPadでは従来通りビニールで箱が包まれています。筆記体の『mini』がめちゃくちゃおしゃれですね。

iPad miniの付属品iPad mini(第6世代)本体の他にUSB-Cケーブル、ACアダプタ、リンゴシールが付属していました。最近のMacでは本体カラーに合わせたリンゴシールが付属していますが、今回のiPadは本体カラーに関係なくホワイトのようです。

iPad mini 6のデザイン

iPad mini_パープル今回購入したのは最小構成の64GB Wi-Fiモデルで、カラーはパープルを選択しました。
光の当たり方によってはスペースグレイのようにも見える気がします。これはこれで良いですが、個人的にはもう少しパープル感を出してきてもらってもよかったかな。

iPad mini上部こちらはiPad miniの上部になります。Touch IDが搭載されているからか、iPad Proと比べると電源ボタンが少し大きい仕様になっています。音量ボタンが上部に移動し、スピーカーが配置されているのも新鮮!

音量ボタンのポイント!

常に上(画面が横向きの場合)もしくは右(画面が縦向きの場合)に音量+ボタンがくるように自動調整されます。

iPad mini下部前述しましたが、Lightning端子が廃止され新たにUSB-Cが搭載されました。これで無印以外の全てのiPadでUSB-Cが搭載されたことになります。

iPad mini(第6世代)Apple Pencilがなんとか収まる至高のサイズ感です。ベゼルレスになったとはいえ、現代の技術を考えるともう少しベゼルが狭くなっても良さそうですね。

iPad miniとiPad Proのベゼルを比較左が今回購入したiPad mini 6、右が2018モデルのiPad Pro 11インチです。

こうみるとベゼルの太さが全く一緒なのが分かります。実際にベゼルの幅を測ってみたところ、両者ともに9mmでした。
iPad miniはディスプレイサイズが小さいので、画面に対してベゼルが占める割合が大きく、どうしてもベゼルが広く感じるのが難点ですね。




iPadのサイズ比較

iPadのサイズ比較上からiPad mini 6のパープル、iPad Pro 11インチのスペースグレイ、iPad Pro 12.9インチのシルバーです。こうみるとパープルっぽさとサイズの小ささが際立ちますね。

iPad Pro 2018を超えるベンチマーク

早速iPad mini 6のベンチマーク(右)を測定し、2018モデルのiPad Pro 11インチ(左)と比較してみました。

ベンチマークとは?

異なる端末の性能を比較するために、共通したタスクを実行させ、その処理速度を数値化したもの。数値が高ければ高いほど処理性能が優れていることを示します。

iPad mini(2021) iPad Pro(2018)
総合 768243 762564
CPU 205607 154987
GPU 334416 371405
MEM 100483 118875
UX 127737 117297

なんと名機と呼ばれている2018モデルのiPad Proに匹敵するベンチマークがでました。iPad mini 6では、同じA15 Bionicチップが搭載されているiPhone 13シリーズよりダウンクロックされていることが分かっていますが、このサイズ感のiPadでこれだけの性能が出てくれれば十分すぎますね。

Apple Pencilの使用感は?

左がリフレッシュレート60Hzの新しいiPad mini、右がリフレッシュレート120HzのiPad Proです。よ〜く目を凝らすと、iPad Proの方が遅延が少ないのが分かります。
でも個人的にはそこまで気になりませんね。
Apple Pencilの描き心地を重視したい人は、リフレッシュレート120HzのiPadを購入することをおすすめしますが、多くの人には60Hzでも問題ないかと思います。




2画面での使用感は?

iPad mini画面分割Split ViewでSNSとインターネットを画面半分ずつに配置してみました。ディスプレイサイズが小さいので2画面での使用感はあまり期待していませんでしたが、いざ使ってみると意外と大丈夫ですね。

iPad mini次は左に論文、右にノートを表示してみました。資料を開きながらノートをとるのは学生定番の使い方ですよね。使えないことはないですが、8.3インチのSplit Viewでは流石にちょっと小さい気がします

iPad Pro参考までに11インチで論文とノートをSplit Viewにするとこんな感じになります。やっぱりiPad miniよりは遥かにみやすいですね。
Split ViewありきでiPadを選ぶ場合は、最低でも11インチ(iPad Air 10.9インチ)以上を選んだ方がいいでしょう。

ちなみに小説や漫画の閲覧は、iPad miniでも非常に快適です。電子書籍リーダーとして使う場合、軽さや携帯性を考慮するとiPad miniが至適サイズだと思います。

一部対応していないアプリあり

iPad mini
iPad miniのサイズが変わったことで、一部アプリの対応が追いついていません。上の写真のように通常は上下左右のベゼルが均一です。

一部非対応のアプリあり一方メルカリを開くと、左右のベゼルが太いことが分かりますよね。アプリが新たなiPad miniのディスプレイ比率に対応していないので、全画面表示できていない状況ですね。数週間で改善するかとは思いますが、現状はアプリのアップデート待ちですね。




ケース:iPad mini用Smart Folio

iPad mini6用Smart Folio本体と一緒にイングリッシュラベンダーのSmart Folioも購入しました。今年の秋冬モデルの新カラーで、くすんだパープルですね。

イングリッシュラベンダーのSmart FolioイングリッシュラベンダーのSmart Folio早速iPad miniに装着してみましたが、これはかなり良くないか?背面のさりげないリンゴマークも最高ですね。

イングリッシュラベンダーのSmart Folioイングリッシュラベンダーは淡くくすんだパープルですが、本体よりもパープルが少し濃いですね。女性っぽいようなカラーかもしれませんが、個人的にはかなり好きなカラーです。これは期待していた以上に気に入りました。

イングリッシュラベンダー_Apple Watch実はこっそりApple Watchのスポーツバンドも購入しています。カラーを揃えて統一感を出せるのも楽しみのひとつですよね。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥7,480
(2021/10/21 23:32:35時点 Amazon調べ-詳細)

日丸素材の保護フィルム

日丸素材の保護フィルム画面保護のために、日丸素材のガラスフィルムも一緒に購入しました。Amazon限定ブランドに日丸素材ですが、どうやらフィルムで有名なNIMASOが商品提供を行なっているブランドのようです。

ガラスフィルムと付属品ガラスフィルム本体の他に厚手の封筒と説明書が入っていました。

ガラスフィルムの付属品封筒にはクリーニングセットと気泡を押し出すヘラ、ダスト除去ステッカーが入っています。ガラスフィルムの付属品としては一般的なラインナップですね。

ガラスフィルムとiPad miniお風呂で貼りつけたからか、気泡は全く入りませんでした。光沢とも非光沢とも記載がありませんでしたが、どうやら光沢フィルムのようです。非光沢フィルムと比べれば指紋がつきやすいのが難点ですが、ディスプレイ本来の綺麗さを体験できるので、個人的には満足しています。

光沢フィルムは久しぶりですが、意外と作業中に指紋が気になることはないですね。ディスプレイが小さいのでサッと拭けるので、指紋に対するストレスは現状少ないです。

ポイント!

12ヶ月保証があり、割れた写真などを送れば新品を再送してくれる!

最高のiPad miniが誕生!

2年半ぶりにアップデートされたiPad miniのファーストインプレッションを紹介しました。このサイズ感にこの性能、みんなが待ち望んでいた最高のiPadの登場ですね!

これは買って損しない端末だと思います。
iPad miniについての質問、や気になることがある方はぜひTwitterにて教えてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




ABOUT ME
Taka
月間4万人が読むWebメディア『Number84』の編集長 / Apple製品の使いこなし方・生活を豊かにするモノ情報を発信 / シンプルな待ち受けを毎月無料で配布 / 趣味は『作業効率の追求と植物の育成』 / 29歳の医学部大学院生 / 御依頼は気軽にDMまで /

おトクに購入するならAmazonギフト券!

ちょっとでも安く購入したい人は、最大で2.5%のポイント還元が受けられるAmazonギフト券がオススメ。

クレジットカードからAmazonギフト券を購入した場合でも、0.5%のポイントが還元されます。

ギフト券を購入する一手間をかけるだけで、0.5〜2.5%引きになる裏技です。
これを使わない手はないかと。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です