iPad・iPhone News

【iPad】周辺機器の厳選

全ての現行iPadにApple Pencilが対応したことで、iPadのシェアが急速に広がっている。現在のタブレット市場が、iPadの一強であることに疑いの余地はない。
そのような背景があってか、周辺機器についての相談をTwitterで頂くことも多い。そこで本記事では、2台のiPad Proを持つ筆者が、考え抜いて採用している周辺機器を紹介していく。

 

Smart folio

 

普段の持ち運びは、Smart folioがメインである。
2018モデルの11インチでは、ブラックしか選択肢がなかった。2020モデルからカラバリ豊富となった。筆者は、新色であるサーフブルーを選択した。

Apple WatchやiPhoneケースについても同色が展開されている。

サーフブルー
上図のように色を揃えるのも楽しみであったりする。

 

 

Apple Pencil第2世代

 

ノートやメモを取る時に必須である。その他のタッチペンとは違い、遅延がなく機能の高さに大満足している。
筆者の場合は、どちらかのiPadを職場などに置いておくことも多く、2本あった方が便利であった。しかし軽くコンパクトであるので1本でも問題ない。

 

 

iPad Pro用Magic Keyboard

 

先日ブログで紹介したため、詳細は省略させていただく。詳しくは、以前の記事を見て欲しい。キーボードは、ブラックアウトステッカーを採用することで、無刻印化している。
見た目がすっきりして最高である。

 

 

USB Type-C

 

iPad ProはUSB-c端子を採用している。筆者が採用しているSanDisk 128GB Ultra Dual Drive USB Type-Cは、USB AにもCにも直接接続できる。
MacBookにもiPadにもアダプタを介さず接続できる点は、重宝している。さらにUSB-Aにも接続でき、もはや無敵である。
筆者は、Apple Storeにて15000円程度で購入したが、最近はより安価なモデルがAmazonにて発売されているようだ。
高額で買っでしまったので少し残念である。

 

 

 

SDカードリーダー

 

カメラからの写真をSDカードで直接iPadに取り込むためにAnker USB-C 2-in-1 カードリーダーを採用している。コンパクトで非常に重宝している。非常に安価であるが、困ったことは一度もない。

 

 

ケース

 

iPadケース

ケースは、株式会社dripのレザーケースを採用している。
こだわり抜かれた素材と形状でMagic KeyboardとApple PencilとiPad Proを同時に収納できる。熟成レザーといったオイルを塗った状態で半年寝かしたレザーを使用しているのが特徴である。経年変化が楽しめる素材だ。
Magic Keyboardを入れると最初は少しキツめに感じる。段々と革がiPadに馴染み、唯一無二のケースとなる。
もちろんSmart folioとiPad ProとApple Pencilのセットでもぴったり入る。

TwitterやInstagramで「#今日もiPadと」で検索すると画像がヒットするかと思う。

 

 

スタンド

 

BoYata PCスタンドは、筆者の知る限り最も良いiPadスタンドである。可動域が非常に広いのが特徴的である。

PCスタンドアームを畳んだ状態が上図である。

iPadスタンドアームが2つあり、上のアームを限界まで起こすと上図のようになる。下のアームは180度動くので、上図のように好みの角度で調整できる。

Apple Pencilを使いやすい角度に設定したところ、非常に書きやすかった。角度調整の幅が広い素晴らしいスタンドだ。

 

 

保護フィルム

 

NIMASO保護フィルム

以前紹介したが、筆者は、 NIMASOの保護フィルムに絶大なる信頼をおいている。
非常コスパの良いフィルムである。
12.9インチには、ペーパーライクフィルム、 11インチには、光沢ガラスフィルムを採用している。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 筆者が使っているiPadの周辺機器を紹介した。考えに考え抜いた選抜した周辺機器である。総額を計算すると凄まじい額になりそうで怖い。
しかし身の回りに置くガジェットや周辺機器は、作業の質に直結する。考え抜いた周辺機器であり、しばらくこのラインナップが変わることはないと思う。

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です