iPad・iPhone News

iPhone 12 mini 2週間レビュー

iPhone12mini 2週間レビュー

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

11月13日にiPhone 12 miniが発売されて話題になりました。
僕のところにも発売日に届き、それから毎日ガンガン使ってきました。
使い始めて2週間が経過して、iPhone 12 miniのメリット・デメリットが分かってきました。
本体サイズは抜群ですが、やはり当初の予想通り複雑なポートレートやバッテリー容量には満足していません。
そして思わぬ弊害もありました。
そこで今回の記事では、iPhone 12 miniの使用感をまとめてきます。

開封時の第一印象は、下記の記事で紹介していますのでご覧いただけると幸いです。

iPhone 12 mini 開封レビュー

 

抜群のサイズ感と軽さ

iPhone12mini-抜群のサイズ感

これぞスマホの原点っていうサイズ感が最高なんですよね。
最近のスマホは、iPhoneに限らず大型化がトレンドでした。
でもスマホは常に持ち運ぶので、大きさより携帯性を重視したいんですよね。

iPhone 8やSE(第二世代)より小さくて軽く、ディスプレイが大きい。

本当これに尽きる。
片手操作が楽々できるiPhoneがやっと戻ってきたなって感じ。

 

 

 

写真が綺麗

iPhone 12 miniで撮影これはiPhone 12 miniで撮影した写真です。
やはりとても綺麗に撮れますね。
11シリーズ以前の機種から乗り換えるユーザーは、効果を大きく実感できると思います。

 

 

 

ポートレートはいまいち

ポートレートこれはiPhone 12 miniで撮影したポートレートです。
取手の部分がぼやけてますね。

人物のポートレートは比較的良好ですが、複雑な物撮りになると厳しいです。
より精密なポートレートを求める方は、LiDARスキャナが載っているProシリーズの購入をおすすめします。

 

 

 

バッテリーは欠点

ビデオ再生 音楽再生  
SE(第二世代) 最大13時間 最大40時間
XS 最大14時間 最大60時間
11・12 最大17時間 最大65時間
12 mini 最大15時間 最大50時間

ご覧の通り、バッテリー容量は欠点と言わざるを得ません。
SE(第二世代)より良いとはいえ、使い方によってはXSよりバッテリー持ちが悪いです。
実際により繊細な充電管理が必要になった気がします。
1日ガンガン使うと確実に充電切れになりますね。

本体サイズが非常にコンパクトなので、しょうがない点ではありますが、僕が感じている最も大きな欠点がバッテリー容量ですね。

 

 

Qi充電スタンドに反応しない

製品によるかと思いますが、僕が使っていたQi充電スタンドでは充電ができませんでした。
本体サイズが小さすぎるが故にコイルの位置が合わないんですね。

これは全く予想していない事態でした。
バッテリー容量が少なく充電管理が課題であるにも関わらず、Qi充電スタンドに反応しない。
本体サイズを考えれば、しょうがないといえばしょうがないですが、本当に困ります。
これは対応を考えるしかなさそうです。
試しにMagSafe充電器を購入して届くのを待っているところです。

 

 

 

まとめ

iPhone 12 miniを2週間使った印象をまとめました。
複雑なポートレートやバッテリー容量、Qi充電スタンドとの相性が悪いといったデメリットを踏まえても、個人的には満足しています。
やはりこの大きさと軽さに最新のチップが載り、ベゼルレスを実現している点は評価が高いです。
複雑なポートレートについては、妥協点かなーと思っています。
充電管理については、MagSafeなどの対応策を模索していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です