Life topics

ドリッパーであなたの朝を優雅に!

カリタのコーヒードリッパー

Number84を読んでくれてありがとうございます。TAKA(@Number84M)です。

皆さん、コーヒーはお好きですか?
もはやコーヒーが生活の一部になっている人も多いかと思います。

僕もその一人で、毎日コーヒーを飲むことで1日を始めています。
以前から、1日のスタートを彩るコーヒーをもっと楽しみたいと思っていました。
そこで今回、好きなコーヒーをより美味しく、より優雅に楽しむためにドリッパーを購入しました。

結果として、コーヒーライフが豊かになり、大満足しています。

この記事では、僕が拘り抜いて購入したコーヒードリッパーを紹介していきます。

Karita コーヒードリッパー

Karitaコーヒードリッパー

今回紹介するのは、カリタのコーヒードリッパーです。
見ての通り、高級感漂うドリッパーになっています。

 

世界が認めるMade in TSUBAME

新潟県燕市は、世界的に高度な金属加工技術で有名です。
カリタのコーヒードリッパーは、燕市の厳しい品質基準をクリアしています。

 

洗練されたデザイン

洗練されたデザイン愛着を持って長く使うためには、ただ使えれば良いというわけではありません。
カリタの洗練されたデザインは、購入を決断した理由のひとつでした。
このシンプルなデザインは、みているだけでワクワクしてきます。

3つ穴でスッキリな味わい

カリタ式3つ穴カリタのコーヒードリッパーは、カリタ式3つ穴を採用しています。
1つ穴のコーヒードリッパーと比較し、速やかにドリップされるのが特徴です。

雑味成分の抽出が少なく、スッキリとした味わいに仕上がります。
個人的には、苦味が強い味わいというよりは、スッキリとした味わいが好みです。
そこで理想の味わいを実現するために、3つ穴を採用しているカリタを購入しました。

理想通り、スッキリとした味わいを簡単に再現できて満足しています。

一方、コーヒー豆や粉の本来の成分を抽出し、濃いコーヒーを楽しみたい方には合わないかと思います。

 

銅製のドリッパー

ドリッパーの素材は、プラスチック・陶器・金属(銅など)があります。

素材の特徴を表にまとめました。

素材 メリット デメリット
プラスチック 安価 ・見た目が安っぽい
・劣化しやすい
陶器 ・耐久性が高い ・重量がある
・落とすと割れる
金属 ・耐久性が高い
・劣化しにくい
抽出温度が一定
高価

愛着を持って長く使いたい人、出来る限り美味しく飲みたい人は、金属製がおすすめです。
一方、ドリッパーをお試ししたい方は、手頃なプラスチック製がおすすめです。

僕は厳選した好きなモノに囲まれて生活したいので、銅製のドリッパーの一択でした。

使用感

スッキリした味わい(3つ穴抽出)、安定した味わい(銅製)を再現できています。
いつでも安定して、好みの味わいにコーヒーを淹れることができ、大変満足しています。

熱伝導率が高く、本体が熱くなりやすい点を懸念していましたが、持てない程熱くなることはなく、許容範囲内でした。

さあ、コーヒーの沼へ!

コーヒードリッパーは、拘り出すと止まりません。

穴の数や素材によって味が変わるので、
「ドリッパーを複数持ち、気分によって使い分ける。」
なんてことを始めたら、もうおしまいですよね。笑

自分の好みを忠実に再現できるって最高だなと実感しました。
味わいだけでなく、コーヒーを淹れる過程も楽しむことができ、休日の朝が優雅になった気分です。

是非、この機会にコーヒーの沼へ足を踏み入れてみませんか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です