Gadget

MacBookの最適パートナー「LilNob」

MacBookの最適パートナーLilNob

Number84を読んでくれてありがとうございます。
TAKA(@Number84M)です。

出先で作業をする場合、iPhoneに加え、iPadやMacBookを持ち運ぶ人も多いです。
持ち運ぶデバイスが増えると、充電器の持ち運びは必須になりますよね。
MacBookやiPadだけでも重いので、充電器はなるべく軽量コンパクトが望ましいです。

今回紹介する製品は、3ポートを有する軽量でコンパクトな充電器です。
純正充電器の約半分の大きさであり、全てのMacBookユーザーにおすすめできる製品です。

LilNob

LilNob今回紹介する製品は、株式会社CIOLilNobだ。
LilNobは、かつてMakuakeでクラウドファンディングを実施し、目標の2114%と驚異的な成績を収めた充電器である。
今も人気を集めており、売れ続けている製品だ。

今回、株式会社CIOから縁あってLilNobを御提供いただいた。
持ち運ぶ充電器の数と重量に困っていた筆者には、絶妙なタイミングであった。

 

USB-C×2・USB-A×1

USB-C×2・USB-A×1LilNobは、USB-C×2・USB-A×1合計3ポートを搭載している。
こいつだけで3台のデバイスを一気に充電できる。

最大出力:65W

LilNobの出力について紹介していく。
それぞれのポートと最大出力を表にまとめた。

USB-C ①・② 65W
USB-A 30W
USB-C ①+② 45W+18W
USB-C ①+USB-A 45W+18W
USB-C ②+USB-A 合計15W
USB-C ①+②+USB-A 45W+15W

LilNobの最大出力は65Wで、MacBook Proの急速充電に対応している。
また、MacBook AirとiPhone11Proを同時に急速充電することが可能だ。

軽量

軽量
LilNobは重量105gであり、軽量化・小型化を達成している。
ちなみにRAVPowerの充電器(61W/USB-C×1)も105g、Apple純正(61W/USB-C×1)は201gである。
3ポートを有するLilNobがいかに軽量か分かるだろう。

 

コンパクト

LilNobとApple純正LilNobとApple純正(61W)の比較

LilNobは、複数ポートを兼ね備えているにも関わらずApple純正充電器の半分程度の大きさである。

LIlNobとRAVPowerLilNobとRAVPower(61W)の比較

両者ともGaNを搭載した非常にコンパクトな仕様である。
右のRAVPowerの充電器は、LilNobを提供いただく前まで、筆者が使用していた充電器だ。
重量はともに105gである。

コンセントに挿して比較コンセントに挿して比較
左:純正 中:LilNob 右:RAVPower

3ポートあるにも関わらずLilNobは、非常にコンパクトな仕上がりだ。
唯一コンセントのスイッチに触れることができる大きさである。

 

複数デバイス所有者はコレ!

複数デバイスと書いたが、誰もがスマホを手にする時代なので、ほとんどの人が該当すると思う。
現状、持ち運びに適した充電器として、コレの右に出るものはない。
デスクで使用する場合でも、複数のデバイスを同時に充電でき、重宝する。
今後もLilNobがスタメン充電器に君臨するのは、間違いないだろう。

充電器に困っている方は、是非試していただきたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です