Macbook

【初心者におすすめ!】MacBookを使いこなすための初期設定

MacBook初期設定『Big Sur編』

Macの本領を引き出そう。

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

先日、M1チップ搭載のMacBook Airを最小構成で購入しました。
MacBookの乗り換えとともに、僕が毎回行うのが本体設定の見直し。
Macはカスタマイズ性が高い反面、デフォルト設定のままではイマイチ使いにくいですよね。

そこで今回の記事では、MacBook歴10年の僕がオススメするMacBookの設定を紹介していきます。

iPhoneの設定やMacのオススメアプリについては関連記事を貼っておきます。
興味がある方はあわせてご覧くださいませ。

トラックパッドの設定は、作業効率の要

トラックパッドまずはトラックパッドから設定してみましょう。
トラックパッドの操作感をあげられれば、サクッと作業効率が上がります。
なのでまずトラックパッドから設定することをおすs

トラックパッド必ず押さえておきたいのが、「タップでクリック」と「軌跡の速さ」

※タップでクリック
→クリックするさいにトラックパッドを押し込む必要がなくなる

軌跡の速さ
→カーソルの移動速度

タップでクリックにチェックをいれ、軌跡の速さを最速にします。
このふたつは必ず設定しておきましょう。生産性に直結します。クリックのフィードバックは、好みに合わせて設定すればOK。

みんなの銀行-お金のSNS/今なら登録で1,000円もらえる\

 

キーボードも作業効率に直結

システム環境設定-キーボード次にキーボード設定に移ります。
トラックパッドと同様、こちらも操作感に直結します。

特に重要なのは、
「キーのリピート」
「リピート入力認識までの時間」
「キーボードの輝度」
「ユーザー辞書」
「数字を半角入力」

の5つです。

 

キーのリピート、リピート入力認識、キーボードの輝度

キーボード設定・キーのリピート
長押し時に連続入力される速度

・リピート入力認識までの時間
→長押し後に連続入力が始まるまでのタイムラグ

タイピング効率を上げたい場合は、どちらも最速にしすることを推奨します。
キーボードのバックライトが不要な人は、輝度の自動調整もオフにしましょう。

 

ユーザー辞書でテキスト入力を効率化

ユーザー辞書は、メールアドレスや住所、専門用語などを登録すると捗ります。

例えば僕は
『メール』と入力→自分のメールアドレス
『住所』と入力→自分の住所
という感じでユーザー辞書を登録しています。

他にも電話番号や予測変換で出てきにくい専門用語なんかを登録すると便利です。

 

常に数字を半角入力で

数字を半角入力デフォルトでは、
数字を全角入力
の項目にレ点がついています。

このレ点を外すと、数字入力時は「英数キー」を押さなくても半角で入力することができます。

数字を全角入力する機会は、かなり少ないのですよね。
レ点を外しておくことを推奨します。

 




Dockとメニューバー

システム環境設定-dockとメニューバー新OSのBig Surでは、設定する項目が多いところ。
Dock、メニューバーそれぞれに分けて紹介していきます。

 

Dock:自動表示

dockを非表示僕はDockの大きさを小さくし、カーソルを合わせると拡大されるように設定しています。
ここは完全に好みの問題ですね。

「自動的に表示/非表示」は、ディスプレイを広く使えるようになるのでオススメです。

 

メニューバー:日付、バッテリー、Bluetoothを表示

dockとメニューバー-時計まず時計の見た目を変更しましょう。

僕は日付や曜日、秒数まで表示しています。
好みの問題ですね。

 

Bluetoothお次は、メニューバーにBluetoothを表示します。
なぜかデフォルトでは非表示になっているので、Bluetooth機器を頻回に接続する人は表示したほうがいいですね。

 

 

バッテリー%表示最後にバッテリーを%表示にします。
Big Surではメニューバーから直接バッテリー設定を変更できないので、ここから%表示に変更しておきましょう。

みんなの銀行-お金のSNS/今なら登録で1,000円もらえる\

 

Finderの環境設定

Finder-新規ウインドウFinderを開いた状態でメニューバーから環境設定にアクセス。

まずは「新規ウインドウ」を自分が最も使うフォルダに設定しましょう
これはFinderを開いた際、最初に表示されるフォルダのこと。

僕の場合、ほとんどのデータが入っているiCloud Driveに設定しています。

Finder-サイドバーサイドバーのカスタマイズも必須です。

僕はスクリーンショット(後述)やよく使うフォルダを配置して、タグを消しています。
内臓SSDも表示すると便利です。

 

拡張子最後に「ファイル名の拡張子」を表示。

自分が管理しているファイルの拡張子を把握しておくことは、意外と大事です。
「ダウンロードしたファイルがテキストファイルに見せかけたアプリケーションファイルで、開いたらウイルス感染した。」

という事例もあります。
単純にファイルの判別という用途だけでなく、危険なファイルを開かないためにも拡張子まで表示させておくほうが無難。




アクセントカラーを変更

アクセントカラーデフォルトではブルーになっているアクセントカラー。
実は好きなカラーに変更できます。

「システム環境設定」→「一般」から変更してみてください。

 

 

スクリーショット・デスクトップをDockに配置

スクリーンショット-デスクトップスクリーンショットとデスクトップをDockに置くとめちゃめちゃ捗る

デフォルトでは、スクリーンショットを撮影するとデスクトップに保存されます。

でもMacを使いこなすためには、デスクトップはなるべく整理しておきたい。

そこで僕が推奨するのは、
「スクリーンショットの保存先を任意のフォルダに変更→
Dockに配置」
といった方法。

手順は以下になります。
①Finderでスクリーンショット用の新規フォルダを作成
②作成したフォルダをDockへドラッグ&ペースト
③⌘+Shift+5でスクリーンショットを起動
④オプションを選択し、スクリーンショットの保存先を①で作成したフォルダに変更

こうすれば、デスクトップがスクリーンショットで埋まることはなくなります。

ついでにFinderのデスクトップフォルダもDockへ配置しておきましょう。
いちいち作業中にデスクトップへ戻らなくても、デスクトップのファイルにアクセスできてオススメです。

 




スタックを使用でデスクトップを整理

スタックを使用デスクトップは空にしておくことが好ましいですが、現実的にはファイルを置くこともありますよね。

スタックを使用すれば、デスクトップのファイルが自動で整頓されます。
デスクトップで右クリック(2本指クリック)→スタックを使用を選択しましょう。

 

ライブ変換オフ:勝手に変換をやめる

ライブ変換オフタイピング中に自動で変換されるライブ変換。
個人的には、意図に反して変換されてしまうので鬱陶しく感じています。
メニューバーからライブ変換を切るのも、新しいMacで真っ先に行う設定の一つ。
設定はデスクトップのメニューバーから。




Apple WatchでMacのロックを解除

Apple Watchでロック解除Apple Watchをつけているだけで、自動的にロックを解除する機能。
システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」から設定しましょう。

 

 

Safariでお気に入りバーを表示

Safariでお気に入りバーを表示Safariを開いて、メニューバーの表示からお気に入りバーを表示させます。
ブックマークへのアクセスが向上するので、必ず設定しておきましょう。

 

 

神アプリ

最後に僕が神だと思うMacアプリを紹介していきます。

作業効率を爆上げするアプリばかりなので、めちゃめちゃオススメ。

 

Paste

Macのクリップボードを拡張『Paste』Pasteは、Macのクリップボードを無限に拡張できる神アプリ

これはマジでヤバい。

クリップボードを無限に拡張ショートカットキーでクリップボード履歴を呼び出します。

ここから一発で貼り付けできる神アプリですね。
なんとテキストだけでなく、写真やデータファイルにも対応。
とにかく「コピーした履歴をいつでも表示できる」ってこと。

僕が最も重宝してるMacアプリです。

PopClip

【Mac神アプリ】コピペを強化するPopClipPopClipは、テキストを選択すると自動的にカスタマイズされたメニューバーを表示できるアプリ。

Popclip-Amazon選択したテキストを瞬時にAmazonで検索したり…

 

Safariで検索選択したテキストを瞬時にGoogle検索にかけたり…

と、他にも100以上の機能があります。

作業効率がかなりupしますので、要チェックです。

 

Magnet

MagnetMagnetは、タブを画面の端(上下左右)に持っていくと、自動的に画面分割してくれるアプリ。

僕は普段、MacBookをクラムシェルモードにして、ウルトラワイドディスプレイで作業をしてます。
画面分割が前提の使い方をしてるので、自動的にタブサイズを調整してくれるMagnetには、めちゃめちゃ助けてもらってます。

 

RunCat

RunCatRunCatは、名前の通りMacでネコが走るアプリです。

これが面白くて、CPUやメモリにかかっている負荷に応じて、走るスピードが変わります。
メニューバーのネコから、Macへの負荷がどの程度かも確認できます。

これで無料アプリなので、ぜひダウンロードしてみてください。

 

Biscuit

Webサービスをひとつに集約できるアプリ【Biscuit】最後に紹介するアプリは、様々なWebサービスをまとめて管理できる「Biscuit」。

GmailやOutlook、SNSなど、多くのアカウントにまとめてログインしておけるので、
「とりあえずBiscuitだけ開いておけばいい。」
という状況を作り出せます。

便利なのに無料で使えるので、ぜひインストールしてみてください。

 

まとめ:設定を極めてMacを使いこなす

Macはカスタマイズ性が高いがゆえ、デフォルト設定が最善とは言えません。

設定ひとつで作業効率がめちゃめちゃ変わるので、デフォルトのままで使ってる人は、今すぐ設定してみてください。

今回は僕の設定を紹介しましたが、ぜひ自分色に染めてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このWebサイトでは、MacやiPhoneなどのガジェット情報や生活を豊かにする拘りのモノ情報を発信しています。
SNS(TwitterInstagramFacebook)も日々更新していますので、よければフォローをお願いします。