Life topics

ハンガーの未来【oneger】

oneger

ブログを読んでくれてありがとうございます。Number84のTAKA(@Number84M)です。

今回紹介する製品は、ハンガーの未来であるonegerだ。
onegerは、従来のハンガーの常識を覆す、創造性が高い独創的なハンガーである。

 

onegerとは

onegerは、株式会社dripが開発したハンガーだ。クラウドファンディングMakuakeでクラウドファンディングを実施し、目標の4943%と驚異的な数値を叩き出している。

キャッチコピーは、「ハンガーの歴史を塗り替える。引き出しをなくすハンガー」である。

 

onegerの特徴

パンツも簡単

パンツも簡単パンツをかける部位に隙間があるのが大きな特徴の一つである。ハンガーとパンツハンガーの双方の機能を持っているため、簡易的にパンツをかけたり、とったりできる仕様になっている。
尚、パンツが滑り落ちないように、隙間の手前で上にあがっている。

パンツも簡単上図のように簡単にハンガーから外せるようになっている。

 

襟が伸びない

襟が伸びないonegerは、シャツをかける部位にも空洞がある。この空洞が襟が伸びないための工夫である。

襟への配慮上図のようにTシャツをかけ、空洞まで襟を移動することで、襟を伸ばすことなくかけることができる。従来のハンガーは、シャツの下からハンガーを入れる必要があり、手間であった。
その点onegerは、襟に負担をかけることなく、簡単にTシャツをかけられる。

 

肩に跡がつきにくい

緩やかなカーブ従来のハンガーと比べて緩やかなカーブをとっている。肩に跡がつきやすいTシャツなどでも、跡がつきにくい設計だ。どんな洋服でも気軽にかけることができる。

重量

重量oneger1本の重さは、245gだ。一筆書きのデザインを実現するために、サテン加工された鉄を使用している。その分、従来のハンガーより重量がある。持った感じもズッシリしている。素材がしっかりしており、先ず壊れることはないだろう。簡易的なハンガーラックの場合、耐荷重が限られており、使用には注意が必要かもしれない。

 

かけた様子

onegerにかけた様子シャツやパンツをかけた様子は、シックで格好良い。

 

まとめ

株式会社dripのonegerをレビューした。onegerは、非常に創造性の高い独創的なハンガーだと感じた。お試しに10本しか購入しなかった過去の自分の判断が悔やまれる。

現在、既にクラウドファンディングは終了している。同社によると今後は、一般発売を予定しているそうだ。

一般発売した際は、大切な服を大切に保管するために、クローゼットの全てのハンガーをonegerに統一しようと思う。高価なハンガーだが、複数の機能を持ち、パンツもかけられる点は魅力的だ。

日本中のハンガーがonegerの形状に変わる日も遠くないかもしれない。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です