Macbook News

コピー&ペーストの新境地「Paste」

Paste

Number84をお読みいただき、ありがとうございます。
TAKA(@Number84M)です。

最も知名度が高いショートカットは、コピー(Command+C)& ペースト(Command+V)だろう。
コピペが知名度だけでなく、使用頻度も高いショートカットであることに疑いの余地はない。
コピペを制することは、作業効率の向上に直結する。

みなさんは、コピペをどのように使用しているだろうか?
今回紹介するアプリは、コピペの新境地をみせてくれるアプリである。

Macアプリ「Paste」

Paste今回は、Macのクリップボードを拡張するアプリ「Paste」を紹介する。
大学院生である筆者は、別のファイルからテキスト等をコピーし、作成中の資料にペーストする頻度が多い。
「Paste」は、クリップボードを拡張することで、コピぺをより快適にしてくれる。

 

PastePasteは、上図のようにコピーしたテキストやリンク、画像を整理して表示する。
一覧から以前にコピーしたテキストなどを直接ペーストすることができる。
つまりPasteを使うことで、「コピー→コピー→ペースト→ペースト」と、まとめてコピーし、まとめてペーストできる。

 

お気に入り登録が可能

お気に入り登録お気に入り登録しておくことで、いつでもペーストが可能。筆者は、ブログのリンクやメールアドレスなどを登録している。
Pasteとユーザー辞書を使い分けで、さらなる威力を発揮すると思う。

画像も対応

画像も対応さらに、コピーした画像やファイルも記憶してくれる。
保存した画像やweb上の画像も記憶でき、非常に便利だ。

履歴の検索

検索「数日前にコピーしたんだけどな。」そんな時も検索機能を使えば問題ない。
誤ってファイルを消去した場合でも、コピーさえしていれば復元可能だ。

 

保存数は無制限

保存数保存履歴数は、1日・1週間・1ヶ月・無制限から選択できる。
データ容量を圧迫しそうなので、1ヶ月分の履歴を保存するように設定している。

 

ショートカットで起動

ショートカットで起動任意のショートカットを設定して、いつでもPasteを起動することができる。
筆者は、「Paste」のPをとってCommand+Pに設定している。

 

 

全Macユーザーに試す価値あり

個人的には、必須のMacアプリである「Paste」。
筆者は、いくつものクリップボード拡張アプリを試してきた。
正直、直感的に使用できないものが多く、
「返って作業効率が落ちているのでは?」
と思うことすらあった。

ショートカットで起動でき、ファイルや画像にも対応
UIも抜群である「Paste」は、もはや別格である。

Paste」は、全てのMacユーザーにおすすめできるアプリだ。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です