Life topics

キャッシュレス時代の理想の財布【PRESSo】 1年Review

PREESo-1年での経年変化

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

僕は革製品を普段から好んで使っています。今回の記事では、株式会社dripが手がけるキャッシュレス時代の理想の財布【PRESSo】を使い始めて1年になったので、経年変化の様子を紹介していきます。
良い感じに変化してきて、個人的にはかなり満足しています。

PRESSoを使い始めて1年

presso-1y

こちらが1年使い込んだ【PRESSo】の様子。順調に経年変化してきています。使い始めた頃は硬さがあったけど、徐々に革が馴染んで柔らかくなってきました。

 

presso-1year

開いた様子はこんな感じ。最初は傷ひとつに一喜一憂していたけど、今となっては傷も良い味を醸し出してると思う。革がカードに馴染んだことで、段差ができているのも愛着が湧くポイント。

 

presso-1year

内側はこんな感じ。外側に比べて少し色が濃くなってきている気がします。コインケースには普段から何も入れていないので、カードポケットより硬さが残っている印象。
自分の使い方に合わせて革が馴染んでいるのを感じます。

 

 

created by Rinker
drip
¥11,500
(2021/01/18 18:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

PRESSoの中身

presso-1year

PRESSoの中には、カード5枚と数枚のお札を入れています。
必要最低限しか入れていませんが、僕はキャッシュレス決済がメインなので特に困ることはなかったです。
小銭については、同メーカー(株式会社drip)の『CHIP』という小銭入れを使って持ち運んでいます。コチラもかなりコンパクトでオススメ。

 

 

drip 最小の小銭入れ「CHIP」 本革 小銭入れ
created by Rinker

 

 

経年変化の違い

経年変化の違い

僕は奥さんと一緒にPRESSoを購入したのですが、1年立つと風合いが全く違います
左が奥さんのPRESSo、右が僕のPRESSoです。

ちょっと引かれるかもしれませんが、僕は革が可愛くてたまらなかったので、暇さえあれば撫でていました。使う頻度も多かったせいか、僕のPRESSoの方が経年変化が進んでいるように見えます。

全く同じ製品なのに、個体の性質や使う人によって大きく変わってきます。このような変化の違いが楽しめるところも、革製品が好きになった理由の一つです。

 

 

日々の手入れ

時々サボってしまいましたが、概ね15日から30日に1回の頻度でクリームとワックスを使って手入れをしてました。ちなみに奥さんのPRESSoは稀に手入れただけで、ほぼノーメンテです。
手入れの方法については、以前に記事でまとめています。興味がある方は、下記の記事をご覧くださいませ。

 

 

 

 

無くてはならないモノへ

presso-1year

使い勝手が良いだけでなく、この1年で段々と愛着も強くなってきました。PREESoの上位互換であるPRESSo Noirにも挑戦したいけど、もう少しコイツを使い続けてみようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

created by Rinker
drip
¥11,500
(2021/01/18 18:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

このWebサイトでは、MacやiPhoneなどのガジェット情報や生活を豊かにする拘りのモノ情報を発信しています。
SNS(TwitterInstagramFacebook)も日々更新していますので、よければフォローをお願いします。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です