Gadget

【実用的!】4ポートを搭載したRAVPowerの急速充電器「RP-PC136」

RAVPowerの急速充電器

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

僕は今までCIOのLilNobという充電器を使っていました。
3ポートなのに小型・軽量でめちゃめちゃ重宝してます。

でも遂にLilNobを凌駕する使い勝手が抜群の充電器を見つけてしまいました。

RAVPower

RP-PC136今回紹介するのは、RAVPowerのRP-PC136です。
最大65W出力でUSB-CとUSB-Aを2ポートずつ搭載している急速充電器。

RP-PC136-同梱物中身はこんな感じ。
本体と電源ケーブル、説明書とサンクスカードですね。

RP-PC136カラーはブラックのみ。
ミニマルなデザイン、マットな質感が最高です。

RP-PC136-Apple純正同出力のApple純正の充電器と比べると、大きさの違いが目立ちます。
Apple純正が202gに対して、RAVPowerは168g。
小型・軽量は正義ですね。

RAVPower PD 充電器 TypeC急速充電器 65W高出力 【GaN(窒化ガリウム)採用/4ポート搭載(USB-C×2 USB-A×2)/PSE認証済】iPhone/iPad/MacBook/Android等対応 RP-PC136
RAVPOWER

 

 

 

デスクに置ける

RP-PC136この充電器の特徴は、本体と電源ケーブルをつないでコンセントに接続するところ。
本体を直接コンセントにつながないタイプですね。
電源ケーブルもそれなりに長さがあるんで、コンセントがないデスクでも充電器をデスク上に設置できちゃうんです。

デスクに置ける僕が使ってるデスクは、Flexispotの自動昇降式デスク
M1 MacBook AirLGのウルトラワイドモニターに出力して使ってます。
この環境にめちゃめちゃ満足してるんですが、コンセントがデスクにないのが唯一の欠点。
でもコイツを使えば、コンセントがデスクになくても充電器をデスク上に置けちゃうんですよね。

RP-PC136デスクにコンセントがないことで1番困るのが、キーボードやトラックパッドの充電。
充電の頻度は高くないけど、充電が切れると作業できないのは痛い。
コイツを使えば、キーボードやトラックパッドも充電しながら作業できるので、個人的にはめちゃめちゃ嬉しい!

 




まとめ

RP-PC136RAVPowerの急速充電器『RP-PC136』を紹介しました。
4ポート搭載の小型・軽量の充電器で、デスク上にコンセントがなくても配置できるのがメリットかと。
個人的にはこの仕様はだいぶ嬉しいですね。
興味がある方はぜひ検討してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このWebサイトでは、MacやiPhoneなどのガジェット情報や生活を豊かにする拘りのモノ情報を発信しています。
SNS(TwitterInstagramFacebook)も日々更新していますので、よければフォローをお願いします。

RAVPower PD 充電器 TypeC急速充電器 65W高出力 【GaN(窒化ガリウム)採用/4ポート搭載(USB-C×2 USB-A×2)/PSE認証済】iPhone/iPad/MacBook/Android等対応 RP-PC136
RAVPOWER