Gadget

【RAVPower】Apple純正の圧倒的敗北

MacBookの購入時には、充電コードと充電器が付属されている。充電器においては、購入したMacBookに適切な出力のものがついてくる。

MacBook Pro13インチを例にあげてみる。下記の写真は、MacBook Pro13インチに付属している60wの充電器だ。

Apple純正充電器の重さかなりの大きさで肝心な重さは、202gである。
はっきり言うと充電器でこの重量は、いくらなんでも重すぎる。
iPhoneより重量がある充電器になってしまっている。これがApple純正の充電器である。

持ち運びを考えたときに、この重さ、この大きさは、かなりのハンディーキャップだと筆者は考えている。少なくても筆者は、この充電器を常に持ち運ぶのが苦痛になりそうであった。

そこで筆者は、
もっと小さくコンパクトで60Wの充電器はないのか?
と考えるようになった。

すぐに探してみたところ、Apple純正の充電器に取って代わる商品をみつけたため、早速購入してみた。

 

結論

Apple純正の圧倒的敗北

今回レビューする充電器は、MacBook Pro13インチの充電器と決定版と感じた。それでは、その充電器を記事でレビューしていく。

 

購入した充電器

早速、今回購入した充電器を紹介していく。

今回購入した充電器は、RAVPowerの
GaN採用 61W USB充電器 RP-PC112だ。

 

RAVPower 61W USB-C急速充電器の特徴

GaN(窒化ガリウム)採用

世界に先駆けて高出力の急速充電器にGaNが採用された。GaNは、従来のシリコン半導体と比べて、優れた耐圧性や電力効率を備えている。高出力にも関わらず、発熱を抑え、軽量化を実現できる。

 

サイズ感と重量

純正とRAVPowerの比較Apple純正の充電器とのサイズ感を比較してみた。RAVPowerは、Apple純正と比較して約50%のサイズを実現している。

RAVPowerの重さ重さは、105gである。Apple純正充電器の約半分の重量であり、非常に優秀だ。公式サイトによると105gは、みかん一個程度の重さらしい。

公式サイトの技術仕様を下記にまとめておく。

入力 AC 100V-240V 50/60Hz 1.5A
出力 DC 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 20.3V/3A, 61W(最大)
サイズ 49 x 49 x 32 mm
重量 105g±5g

詳しくは、公式サイトを確認してほしい。

まとめ

Apple純正の充電器に取って代わるだろうRAVPower 61W USB-C急速充電器を紹介した。本商品は、Apple純正と同出力であるにも関わらず、小型・軽量化を実現している。特にMacBook Pro13インチのユーザーには、すごくおすすめの充電器である。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です