Gadget

Nintendo Switchで完全ワイヤレスイヤホンを使う

Nintendo Switchで完全ワイヤレスイヤホンを使う

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

Nintendo Switchは、テレビにつなげるゲーム機にも関わらず持ち運ぶことも簡単で、いつでもどこでも遊べますよね。
発売当初は購入したくても簡単に手に入らず、何度も抽選に参加したことを覚えています。笑

Switchの唯一の欠点は、ワイヤレスイヤホンに対応していないことだと思います。
コントローラーは無線接続なのに、イヤホンは有線のみって残念ですよね。

今回紹介する製品は、Switchで完全ワイヤレスイヤホンが使えるようになる製品なんです。
気になる音の遅延もそこまでなく、Switchでワイヤレスイヤホンを使いたい方にはピッタリです。




CIO BT-TM800

CIO BT-TM800

 

今回紹介する製品は、株式会社CIOのトランスミッター【BT-TM800】です。

USB-C端子に接続し、SwitchやPS4、PCなどをワイヤレス化できる製品です。
つい先日発売したばかりの製品で、明日(12/14)までセール中みたいです。

一足早く僕のところにサンプルをご提供いただきましたので、紹介していきます。

 




 

開封

開封

トランスミッター本体とUSB-C端子からUSB-A端子への変換アダプタ、説明書が同梱されていました。
本体はめちゃめちゃ小型なので、Switchにつけても問題なさそうです。




Switchへ装着

Switchへ装着カラーがSwitch本体とマッチして良い感じです。
実際に持ってみても、全く気になりません。

ちなみに付属の変換アダプタを使えば、Switchのドックに繋げることができるのでテレビでゲームをするときも使えます。




 

AirPods Proとペアリング

AirPods Proとペアリング

トランスミッターをSwitchに装着した状態で、AirPods Proのペアリングボタンを長押ししてペアリングします。
ペアリングはとても簡単で、すぐに完了。




 

プレイしてみた

プレイ

今回は音の遅延が命取りになるスプラトゥーン2をプレイ。

ホーム画面でカーソルを移動する音についてはわずかに遅延を感じましたが、ゲーム中はほとんど音の遅延を感じません。

『スプラトゥーン2は、0.2秒の世界で戦うゲーム』と言われています。
このゲームで遅延が影響しなければ、他のソフトでも余程困ることはなさそうです。

ノイズキャンセルも動作していますし、音質についても満足。




 

複数の規格に対応

複数の規格に対応※公式ホームページより引用

SBC、aptX、aptX LL、aptX HDの規格に対応しています。規格の特徴はこんな感じです。
SBC:通常、aptX:音質, 遅延ともに良好、apt LL:遅延が少ない、aptX HD:音質が良い。
ちなみにAirPods Proは、SBCで接続されます。
これでも音質や遅延が問題ないので、apt LLやaptX HDに対応しているイヤホンであれば、さらに満足度が高い体験ができそう。




2台までペアリング可

2台までペアリング可

意外と助かるのが、2台のイヤホンにペアリングできることです。
Switchだけでなく、PCで動画などを2人で見るときにも重宝しますね。もともとBluetooth搭載のデバイスでも、ペアリングするイヤホンを増やせるので、幅広い用途で使える機能です。




 

まとめ

この手の製品を初めて試しましたが、全く問題ないですね。
スプラトゥーン2で使うことができれば、困ることはなさそうです。

今までCIOの製品をいくつか試してきましたが、共通して失敗がありませんね。
今回は今までと違ったタイプの製品でしたが、相変わらずコスパが高い。

現在タイムセール中(12/14まで?)なので、興味がある方はお早めに。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 




POSTED COMMENT

  1. […] 先日、iPhone12シリーズにピタッとくっつくMagSafe対応モバイルバッテリーをリリースした株式会社CIOさんが出しているマグウォーマーです。ドリンクを約55℃で8h保温してくれる優れモノ。 CIOさんの製品は、任天堂SwitchやPlayStationで無線イヤホンを使うためのトランスミッターなど、僕もいくつかの製品を愛用しているので安心です。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です