Lifestyle

【はがせる壁紙】賃貸アパートに低予算で壁紙を貼る。原状回復OK

【はがせる壁紙】賃貸アパートに低予算で壁紙を貼る。原状回復OK

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

ここ1年ほどかけて、自宅で快適に過ごすためにスマートホーム化やデスク環境の整備などを通して環境をアップデートしてきました。
とても生活しやすくなってきたんですが、デザイン的に物足りなかったんですよね。
いくら環境を整えても、見た目が残念だと気分も上がりません。

そこでオシャレで気に入った家にするべく、思い切って壁紙を貼ってみました。
部屋の印象をガラっと変えることができたので、紹介していきます。

賃貸OK!原状回復できる壁紙

原状復帰できる壁紙今回ははがせる壁紙を選択。僕は賃貸アパートに住んでるので、原状回復できるのは必須条件です。
カラーは集中力が上がるブルーを選びました。思った通りのカラーだったので、ひとまず安心です。
今なら「5mごとに1mサービス」とのことで、10m(+2mサービス)分を購入しました。6,000円ちょっとと他の壁紙よりかなり低価格でしたが、レビューが良かったので思い切ってこちらにしてみました。

はがせる壁紙裏面に1cmごとのメモリがあります。天井の高さに合わせて切る必要があるので、こういった気遣いはありがたい。

 

賃貸の壁に壁紙を貼っていく

賃貸に壁紙を貼る今回は全て一人で作業しました。
天井の高さに合わせてカットし終えたので、壁紙を早速はっていきます。
スキージが付属されていたので、空気を抜くのにも苦労はしませんでした。綺麗に貼るためのポイントは、一気に剥がさないこと。
裏紙を数センチずつ剥がして、少しずつゆっくり貼った方が綺麗に貼れました。

賃貸に壁紙を貼る最初は要領がわからず、1枚貼り終えるのに、30分以上もかかってしまいました。
でも1枚貼ってしまえば、それなりに慣れてくるのでスイスイ貼れましたね。

数センチ重ねて壁紙を貼る隙間がないように数センチ重ねながら貼っていきます。完全に垂直に貼るのは、ほぼ不可能なので数センチ重ねることで隙間が出るのを予防できます。
壁紙の横幅が60cmちょっとと他の壁紙より幅広なので、境目が少なくて済むのは高ポイント。

突起物への対応これは完全に自己流なんですが、突起があるところにはあらかじめ縁取りをしておくことで、隙間なく貼ることができました。
上手い人は、突起に合わせてカッターで切り抜けるんだろうけど、初心者には難易度が高めです。
カッターでのくり抜きが甘くなり、隙間ができてしまうことを想定して、あらかじめ縁取りしておいたほうがいいですね。
突起の縁取りで使う壁紙は、再利用で問題ありません。

通常、天井の高さより長めにカットして、貼り終えた後に天井(床)に合わせて余分な部分をカットします。そこでカットした部分を突起の縁取りとして再利用しました。




42色!カラバリ豊富な壁紙

今回僕が購入した壁紙は、なんと42色展開です。
無地のモノから柄まで、かなり豊富なラインナップになっています。

好みの柄が見つかるはずなので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

 

完成!賃貸なのにオシャレ空間

beforebefore

壁紙を貼ってイメチェンAfter

 だいぶイメージが変わりますよね。一気にオシャレになって大満足です。
多少ゆがんでしまったところもありますが、こうみると全然問題ないですよね。

ドライフラワーがめちゃめちゃ映える。壁紙が変わっただけで、もともとあったモノがさらによく見えるんですよね。

壁紙-植物が映えるちょっと部屋を暗くして、撮影してみました。Darw a lineや植物たちもめちゃめちゃいい雰囲気になりますよね。これは良いわ…。

物撮りもオシャレに物撮りがオシャレになるといった想定外の恩恵もありました。
これは先日の記事で出した何気ない物撮りなんですが、背景が変わっただけでかなりオシャレに見えますよね。
気軽にオシャレな写真が撮りやすくなったのは、めちゃめちゃ嬉しい誤算でした。

 

 

まとめ:壁紙で賃貸をDIYして気分を上げよう

壁紙で部屋をオシャレに賃貸アパートに剥がせる壁紙を貼ってみました。
コロナ禍でお家時間が増えてる人も多いかと思います。ぜひ壁紙を変えて、気分を一心してみてはいかがでしょうか。充実したお家時間になることは間違いないかと思います。
貼る工程はそれなりに大変ですが、初心者1人でも十分貼ることができますし、極端な失敗は少ないかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このWebサイトでは、MacやiPhoneなどのガジェット情報や生活を豊かにする拘りのモノ情報を発信しています。
SNS(TwitterInstagramFacebook)も日々更新していますので、よければフォローをお願いします。