Life topics

バッグハンガー【Clipa】

外出先では、リュックや鞄を床に置かざるを得ない場面に遭遇する。しかし荷物を床に置くことは、誰しも不本意である。
ましてや新型コロナウイルスが猛威を振るうこの御時世だ。ウイルスから自分の身を守るという観点からも、荷物を床に置くことは好ましくない。

今回紹介するClipaは、
荷物をどこでも清潔に
そんな筆者の願いを叶えてくれるアイテムだ。

Clipaは、今後バッグを大切に使うために、必須のアイテムになっていくと思う。

 

Clipaとは

Clipaとは、アークトレーディングが販売するバッグハンガーだ。シンプルで洗練されたデザインが特徴で、下記の6色にて展開されている。

Clipa公式サイトより引用

すでに筆者は、つやありブラックシルバー・つやなしゴールドを愛用しており、今回新たにつやなしブラックを入手した。

つやなしブラックシルバーつやなしブラックシルバー

 

使用している様子は、下図を参照いただきたい。

Clipaつやなしブラックシルバー

 

Clipaつやありブラックシルバー

Clipaつやなしゴールド

非常にシンプルで美しいデザインである。一般的なゴールドは、安っぽくなりやすい。しかしClipaのゴールドは、非常に上品な仕上がりとなっている。

 

特徴

優秀な耐荷重

バッグハンガーの多くは、耐荷重が2−5kg程度である。筆者の外出時の持ち物は、MacBook、iPad、水筒、財布、カメラ、周辺機器+αである。愛用しているリュックは、1kg程度である。つまり、荷物の重量が一般的なバッグハンガーの耐荷重を超えることも多い。仮に耐荷重ギリギリに収まったとしても、安定性に不安を抱えるだろう。

一方Clipaの耐荷重は、衝撃の15kgだ。
15kgの荷物を持って外出する人は、ほぼいない。恐らく海外旅行にでも行かない限り、Clipaが耐えられないことはないだろう。

リュックをぶら下げた際も、抜群の安定感だ。

軽量

つやなしゴールド最新モデルは、スリムかつ軽量化(46g)を実現している。iPhone11の約1/4の重さで、非常に軽量である。

 

滑り・傷の防止

Clipa設置面にはパッドが付いており、滑りどめ、傷の予防の役割を担っている。設置面に傷をつけないために、細かい配慮がされており、質の高さを実感する。

使用が簡単

Clipa

Clipaは、リングの形状をとっている。上図のように使用しない際は、リュックにかけておくことができる。使用しない時は、ちょっとしたアクセサリーになり、使用時にはサッとリュックをかけることができる。

 

様々なシーンで

平面だけでなく、いろんな場所で使用することができるのも大きな特徴だ。

Clipaを車で使用上図は、自動車でのClipa使用場面である。このように座席に固定しておけば、リュックが座席の前方に落ちる心配がない。

Clipaを椅子で使用椅子の背もたれでも使用可能だ。

 

 

まとめ

アークトレーディングのバックハンガーClipaをレビューした。Clipaは、洗練されたデザインに加え、使いやすさ、性能を兼ね備えた素晴らしいバッグハンガーである。

もはやバッグの相棒であるClipa。

「大切なモノをより大切に。」
自分の大切なリュックのために、これからもClipaを使い続けていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です