TP-Link DecoシリーズでメッシュWi-Fiを設定 | シリーズ内の互換性があり、手軽に快適なネット環境を構築できる

    当ページのリンクには広告が含まれています。
    Decoで作る家中で快適なメッシュWi-Fi

    メッシュWi-Fiを構築するためのベストな選択肢のひとつとして、TP-LinkDecoシリーズがあります。DecoシリーズのWi-Fiルーターは、全てが互換性を持っているため、モデルが異なるDeco同士でもシームスな連携を実現します。

    親機メインルーター:モデムとの有線接続が必要)となるDecoを買い替えれば、メッシュWi-Fi全体をアップグレードできるのも魅力的。さらに親機として使わなくなったDecoは、子機サテライトルーター:どこでも配置可能)として活用できます。

    かねてからのDecoユーザーである筆者も、メッシュWi-Fiとして死角のないシステムだと感じています。そこで本稿では、異なるDecoで(Deco XE75×1、Deco X60×2)でメッシュWi-Fiを設定する様子について紹介していきます。

    Deco メッシュWi-Fiシステムを使った感想

    当たり前のように家中快適に繋がる!導入時の費用こそかかるが、将来的にアップグレードもできる点を踏まえると、ベストな選択肢のひとつ。

    Deco メッシュWi-Fiシステム
    総合評価
    ( 4.5 )
    メリット
    • ルーターのデザインが良い
    • アプリが使いやすい
    • 設定が簡単
    • シリーズ内の互換性がある
    • 家中で快適なWi-Fi環境
    • スマートホームと相性が良い
    • 気軽に有線LAN接続が可能
    • 将来的にもWi-Fi環境をアップグレードしやすい
    デメリット
    • 従来のWi-Fiルーターより高額
    • 必要な電源が増える

    メーカーより製品提供を受けていますが、記事の内容への指定がない「自由レビュー」です。

    TP-Link
    ¥27,490 (2024/06/16 02:59時点 | Amazon調べ)
    TP-Link
    ¥22,800 (2024/06/16 02:59時点 | Amazon調べ)
    目次

    TP-Link Deco メッシュWi-Fiシステムの特徴

    メッシュWi-Fiは、多くの方にとって馴染みのないシステムかと思います。そこで使用感のレビューに先立ち、DecoのメッシュWi-Fiシステムについて解説します。

    メッシュWi-Fiとは?

    一軒家や広めのアパート/マンションで、Wi-Fiに繋がりにくい場所があるのは、無線LANルーターのカバー範囲に限界があるため。

    Wi-Fiのカバー範囲は、家具や家電などの障害物によって影響を受けるので、メーカーの公表より狭くなることがほとんど。

    家中に切れ目のないWi-Fi環境を作るためにオススメなのが、『メッシュWi-Fi』になります。

    メッシュWi-Fiとは?

    家中に複数の無線LANルーターを設置し、

    網目状にWi-Fiをめぐらせる環境

    Wi-Fi環境の死角を消すことは、IoTデバイスで自宅をスマートホーム化している筆者にめちゃくちゃ大事。メッシュWi-Fiは、今後さらなる発展が予測されるスマートホームとの相性も抜群です。

    メッシュWi-FiとWi-Fi中継器の違いは?

    Wi-Fiの中継器は、既存のルーターにそのまま追加でき、メッシュWi-Fiに比べて安価にWi-Fiを拡張できます。しかしWi-FiのSSIDがルーターと中継器で異なるため、端末が接続するWi-Fiをいちいち繋ぎ変えないといけません。

    中継器
    中継器

    一方、メッシュWi-FiならSSIDがひとつで、家中を移動してもWi-Fiを繋ぎ直す必要がありません。

    メッシュWi-Fi
    メッシュWi-Fi

    こうみるとメッシュWi-Fiって超優秀だよね!

    TP-Link Deco メッシュWi-Fiシステムのメリット

    DecoのメッシュWi-Fiシステムにおける強みをまとめてみました。

    • 生活に溶け込むデザイン性
    • Wi-Fiのカバー範囲が広い
    • 強力な信号と安定性
    • Wi-Fi環境の拡張性が高い
    • 全てのDecoシリーズと連携
    • シームレスなローミング
    • アプリで簡単にセットアップ

    上記を中心に解説していきますね。

    生活に溶け込むオシャレなデザイン

    Decoシリーズは、Wi-Fiルーターとは思えないシンプルなデザインが特徴的。生活感がでてしまい隠したくなる従来のWi-Fiルーターとは真逆で、どこにおいても空間にマッチしてくれます。

    書斎にサテライトルーターを設置
    Deco XE75を書斎に設置

    周りに障害物がない場所に設置したいアイテムなだけに、外観の良さは大きなアドバンテージになりますね。

    Wi-Fiのカバー範囲が広い

    メッシュWi-Fiシステム
    出典:TP-Link

    メッシュWi-Fiシステムは、複数の無線LANルーター(メッシュWi-Fiルーター)から構成されます。それぞれのメッシュWi-Fiルーターが信号を拡張することで、広範囲をカバーすることが可能です。

    強力な信号と安定性

    メッシュWi-Fiの安定性
    出典:TP-Link

    TP-LinkのメッシュWi-Fiシステムでは、モデムに接続した1つのDecoユニットがメインルーターとなります。家中に配置された他のDecoユニット(サテライトルーター)は、メインルーターのWi-Fi信号をキャッチして再配信しています。その結果、どこにいても強力なWi-Fi信号が届き、安定したネットワークが実現する仕組みです。

    Wi-Fi環境の拡張性が高い

    新たにサテライトルーターを追加すれば、Wi-Fi環境を簡単に拡張できます。仮にWi-Fiが行き届きにくい部屋があっても、サテライトルーターの数や配置を見直すだけで、ネットワーク環境の改善が期待できます。

    全てのDecoシリーズと連携

    TP-LinkのDecoユニットには互換性があり、メインルーターと異なるモデルのメッシュWi-Fiルーターでも、サテライトルーターとして機能します。

    Deco X95とDecoX50
    TP-LinkのDecoシリーズ

    メインルーターとしてハイエンドモデルを採用し、サテライトルーターはミドルレンジやローレンジのDecoユニットで代用すれば費用を抑えつつ強力なネットワーク環境を構築できます。

    シームレスなローミング

    Decoユニットは、それぞれが賢く連携して1つの大きなWi-Fiネットワークを構築します。最大の特徴は、メインルーターとサテライトルーターがWi-FiのSSIDを共有することで、Wi-Fiの接続を切り替える必要がない点です。

    一方Wi-Fi中継機の場合、ルーターと中継機は異なるネットワークを構築します。そのため、接続したいWi-Fiをその都度手動で切り替える必要があります。

    アプリで簡単にセットアップ

    iOS・Androidに対応した専用アプリをインストールすれば、ネットワークの初期設定や管理が簡単に行えます。

    Decoシリーズの設定
    出典:TP-Link

    誰しも戸惑いがちなWi-Fiのセットアップですが、筆者は専用アプリを使って迷うことなく設定できました。初心者でもわかりやすく設定できるので、個人的にも重宝しているアプリです。

    TP-Link Deco

    TP-Link Deco

    TP-LINK無料posted withアプリーチ

    Deco XE75×1台、Deco X60×2台でメッシュWi-Fiを設定

    本稿では、Wi-Fi 6E対応かつコスパに優れるDeco XE75をメインルーター(親機)、Deco X60をサテライトルーター(子機)として設定していきます。

    Deco XE75とDeco X60
    Deco XE75×1、Deco X60×2
    Wi-Fi 6Eとは?

    Wi-Fi 6Eは、次世代規格のWi-Fiテクノロジー「Wi-Fi 6」の拡張版です。Wi-Fi 6と同じ規格で動作しつつ、6GHzに対応しています。Wi-Fi 6Eでは、混雑なく高速通信が行えるようになります。

    Decoの置き場所を決める

    45坪の筆者の実家をメッシュWi-Fi化していきます。下記は簡略化した間取りで、赤星にメインルーター(親機)、星にサテライトルーター(子機)を配置します。

    メインルーターは、モデムと有線接続が必要なので場所を動かせません。一方サテライトルーターは、メインルーターの通信圏内であればどこでも配置できます。我が家では1Fの個室と階段上にサテライトルーターを設置。昔の家なので、Decoがおしゃれすぎて少し浮いてます。笑

    サテライトルーターからは、メインルーターと同じWi-Fiが出る。なので最も高性能なモデルをメインルーターに採用しよう!

    Decoを設置して、アプリでセットアップ

    置く場所を決めたら、アプリでDecoユニットを設定していきます。

    まずTP-LinkアカウントでDecoアプリにログインし、該当するDecoシリーズ(本記事の場合はDeco XE75Deco X60)を選択しましょう。

    指示通りにモデムとDeco本体の電源を切って、付属のLANケーブルでモデムのLANポートとDecoユニットのポートを接続します。

    最後にWi-Fiの名前とパスワードを決めます。パスワードを自分で決めれるので、新しい端末を接続するたびにルーター背面のパスワードを確認する生活からおさらばできます。

    DecoのLEDが黄色(起動中)→青(初期設定中)→緑(動作中)へと変化すれば、設定が完了です!

    メッシュWi-Fiと聞くと難しそうだけど、簡単に設定できるよ!

    Deco メッシュWi-Fiのカバー範囲とインターネット速度:家中で快適なWi-Fi環境

    3地点でWi-Fiの電波(アンテナ数)とインターネット速度を測定してきます。

    メッシュWi-Fi導入前のインターネット環境

    メッシュWi-Fi導入前

    メッシュWi-Fiの導入前における我が家(実家)のWi-Fi環境がこちら。

    場所下り上り
    (1)ルーター横420 Mbps340 Mbps
    (2)1Fの角Wi-Fi範囲外Wi-Fi範囲外
    (3)2Fの中央Wi-Fi範囲外Wi-Fi範囲外
    測定端末:iPhone 13 mini、測定時間:休日の10時30分

    2Fだけでなく、1FでもWi-Fiが届かない部屋がある最低の環境でした。階段を登って2Fの個室に入ると、ドアが開いていてもWi-Fiが届きません。

    よくこの環境で生活できてるな……….。

    メッシュWi-Fi導入で爆速かつ家中をカバー

    Decoの設定を終え、Wi-Fi速度の測定をしてみたら驚愕の900Mbps!これぞ爆速ってやつですね。

    爆速の900Mbps

    インターネットの速度は、下りで100Mbpsあれば快適と言われています。DecoメッシュWi-Fiを導入したことで、Wi-Fiのカバー範囲が広がり、速度もかなり快適になりました。

    場所下り上り
    (1)ルーター横900 Mbps750 Mbps
    (2)1Fの角450 Mbps340 Mbps
    (3)2Fの中央310 Mbps250 Mbps
    測定端末:iPhone 13 mini、測定時間:休日の11時ごろ

    ちなみに家中どこに行っても、Wi-Fiのアンテナ3本をキープできています。

    Deco メッシュWi-Fiシステムのメリット

    DecoのメッシュWi-Fiシステムの良いところのうち、ここまでに紹介できていないポイントをまとめました。

    Deco メッシュWi-Fiシステムのメリット
    • スマートホームとの相性が良い
    • 気軽に有線LAN接続が可能
    • メインルーターを買い換えれば、メッシュWi-Fi全体をアップグレードできる

    上記の3点について、紹介していきます。

    IoT製品によるスマートホームと相性が良い

    家の隅々までWi-Fiが行き届くメッシュWi-Fiだからこそ、家中に設置したIoTデバイスもサクサク動かせます。筆者の自宅では、SwitchBotを軸としたスマートホームを構築しています。

    メッシュWi-Fiを導入する前は、インターネット接続が不安定なことが原因で、外出先からIoTデバイスに繋がらないことも多かったです。DecoメッシュWi-Fiを導入してネットワーク環境が安定し、いつでもIoTデバイスがサクサク動くようになりました。

    気軽に有線LAN接続が可能

    各Decoユニットには、複数の有線LANポートを搭載しています。

    背面にはギガビットポートが3つ
    Deco XE75の背面

    サテライトルーターの近くに配置した任天堂スイッチやPCを有線LANでネットワークに接続できます。

    オンラインゲームの救世主ですね!

    メインルーターを買い換えれば、メッシュWi-Fi全体をアップグレードできる!

    Decoシリーズの全ては互換性を持っていて、どのモデルを組み合わせてもメッシュWi-Fiを構築できます。つまり将来的にメインルーターを買い換えるだけで、メッシュWi-Fi全体をアップグレードできるってワケ!

    Deco XE75のパッケージ内容

    もちろんメインルーターとして使わなくなったDecoユニットは、サテライトルーターとして再利用できます。なので長い目で見ても、DecoメッシュWi-Fiのメリットは大きいでしょう。

    Deco メッシュWi-Fiシステムのデメリット

    自宅と実家においてDecoのメッシュWi-Fiを導入している筆者が感じた気になるところがこちら。

    Deco メッシュWi-Fiシステムのデメリット
    • 従来のWi-Fiルーターより高額
    • 必要な電源が増える

    上記のデメリットについて、順番にまとめていきますね。

    従来のWi-Fiルーターより高額

    従来の無線LANルーターであれば、1万〜2万円ほど出せば良いモデルが手に入ります。一方、メッシュWi-Fiとなると複数の無線LANルーターが必要となり、高額になりがちです。

    とはいっても、無線LANルーター+中継機では得られないシームレスかつ家中快適なWi-Fi体験が得られるし、導入するメリットはかなり大きいと思います。

    必要な電源が増える

    2台以上のメッシュWi-Fiルーターを配置するので、必要な電源の数は当然ながら増加します。コンセントが少ないご家庭では、導入が困難になることもあるでしょう。

    まとめ:DecoメッシュWi-Fiシステムで快適なWi-Fi環境を

    筆者の実家にDeco XE75とDeco X60を導入し、メッシュWi-Fiを構築してきました。記事の最後にDecoメッシュWi-Fiシステムの特徴を振り返っておきます。

    • ルーターのデザインが良い
    • 使いやすいアプリ
    • 設定が簡単
    • シリーズ内の互換性がある
    • 家中で快適なWi-Fi環境
    • スマートホームと相性が良い
    • 気軽に有線LAN接続が可能
    • 将来的にアップグレードしやすい

    Decoユニットは、すべてのモデルを組み合わせて使える互換性を持っています。なので本稿のようにメインルーターとサテライトルーターに別モデルを採用することも可能。

    将来的には、最新のDecoを買い足してメインルーターに採用することで、メッシュWi-Fi全体を簡単にアップグレードできます。導入時の費用こそ嵩みますが、得られる恩恵のほうが大きいでしょう。

    Decoで作る家中で快適なメッシュWi-Fi

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次