【RunCat】MacのCPUやメモリへの負荷を可視化してくれるアプリ!メニューバーで猫を飼ってみた

    Amazonプライムデーサブスク3ヶ月無料キャンペーン
    1. Amazonプライムデー
    2. お得な3ヶ月無料キャンペーン

    どうも、ガジェットブロガーのTaka(@Number84M)です。僕がMacを使い始めて、かれこれ15年が経ちました。

    忙しすぎてどうかしていた修士課程、ブログの執筆を始めたとき、結婚式の動画を作ったときなど、辛いときも楽しいときもMacとともに歩んできました。

    普段は作業効率を上げるためにおすすめのMacアプリを紹介している僕ですが、今回の記事では “疲れた心を癒してくれる” 一味違ったMacアプリを紹介していきたいと思います。

    目次

    RunCat:メニューバーで猫が走る

    おすすめのMacアプリ「RunCat」
    MacアプリのRunCat

    疲れたときや辛いときでも作業しなければいけない状況ってありますよね。

    そんな時に癒してくれるのがメニューバーを猫が走るRunCatというMacアプリ。

    RunCat:メニューバーで猫が走るアプリ
    猫がメニューバーを走ってる!!

    App Storeから無料インストールできるアプリで、遊び心を持ちつつ実用性もしっかり備えています。

    もちろんただ走るだけじゃないよ!

    Mac App Store
    ‎RunCat ‎ネコがあなたのMacのメニューバーに住み着き、ひたすら走ります! ネコはあなたのMacのCPU負荷に応じた速度で走ります。ネコの走りっぷりを見ることで、現在のCPU負荷がど...

    CPUやメモリへの負荷を可視化してくれる

    もちろん「RunCat」は、ただ可愛いだけの無料アプリではありません。MacのCPUやメモリに対する負荷を高いほど、猫が速く走るようになります。

    猫が速く走る様子

    メニューバーの猫をクリックすると、システムの状態を確認することができます。

    RunCatの詳細データ
    RunCatで確認できるデータ
    • CPU使用率
    • メモリ性能
    • ストレージ容量
    • バッテリー状態
    • ネットワーク接続状況

    可愛いだけのアプリと思いきや、ゴリゴリのPCモニタリングアプリなんですよね。笑

    走るのは「ネコ」だけじゃない

    なんと20のランナーからメニューバーを走るキャラクターを選べます。アプリの顔である「ネコ」以外にも、個性的なランナーが多いのが面白い。

    RunCatの愉快なランナー
    公式サイトより引用

    個人的に魚男がツボ!

    開発者への支援として、有料ランナーもラインナップしています。無料で出してくれてるのが有難いぐらいなので、ネタ作りに購入しても良いかもしれませんね。

    RunCatの有料ランナー
    RunCatの有料ランナー

    遊び心が満載のアプリで、開発者を応援したくなりますよね!

    RunCatの設定内容

    無料アプリなのに細かな設定ができるのも魅力のひとつ。

    一般設定では、ログイン時に自動でRunCatを起動にチェックをしておきましょう。他の設定はお好みで変更してみてください。

    RunCatの設定内容
    RunCatの設定内容

    システム情報の設定では、モニタリングする項目を選抜します。基本的には全てONにしておけば良いでしょう。

    RunCatに表示するデータを設定

    フローティングバーを有効にすると、モニタリングデータを常時表示してくれます。個人的にはできるだけゴチャゴチャしたくないのでOFFにしています。

    フローティングバー

    無料とは思えないほど機能が豊富!

    開発者の努力が凄い

    僕が初めてインストールした4年前、RunCatはこんな感じでした。

    2021年のRunCat
    以前のRunCat

    アプリの基本的な性能は変わっていませんが、見やすいデザインになって細かいところが使いやすくなってます。

    使いやすさを意識して改良を続けてくれるのは、1ユーザーとしても嬉しいポイント。

    RunCatの詳細データ
    現在のRunCat

    RunCatの開発者は日本人の中村拓人(@Kyomesuke)さん。なんと個人でRunCatを開発しているようです。他にもmacOSやiOSのアプリケーションをいくつかリリースしているようです。

    RunCatの開発者について

    Windowsでも使える

    公式サイトをみてみると、RunCat for Windowsもリリースされていました。下記の公式サイトから無料でダウンロードできます。

    RunCat for Windowsのダウンロードページ

    Mac版はネコが画面上部のメニューバーを走りますが、Windows版では画面下部のタスクバーを走るみたいです。

    Windowsユーザーの方もぜひ「RunCat」を使ってみて!

    Macアプリ「RunCat」レビューのまとめ

    CPUやメモリへの負荷を可視化してくれるオススメのMacアプリ「RunCat」をレビューしてきました。記事の最後に「RunCat」の使用感を振り返っておきます。

    RunCatの魅力
    • MacでもWindowsでも無料で使える
    • 頑張って走るネコが可愛い
    • CPUやメモリへの負荷を可視化してくれる
    • 応援したくなる開発者の遊び心と向上心

    僕はMacを使い始めて15年になりますが、RunCatはMacを買い替えた時に真っ先にインストールするアプリのひとつ。

    WindowsでもMacでも無料でインストールできるので、ぜひ使って癒されてください。

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次