【レビュー】国立商店のMacBook Air用ブライドルレザー製スリーブケースを試す!革好きにはオススメの逸品

    国立商店のMacBook Air用レザースリーブをレビュー

    PCを安全に持ち運ぶためのスリーブケースは、MacBook Airと一緒に持っておきたい周辺機器のひとつ。

    MacBook Airをおしゃれに持ち運びたい方には、思い切って本革のスリーブケースを選んで経年変化を楽しむのもオススメです。

    MacBook Airを新調した筆者が相棒として選んだのは、国立商店の「職人が作るレザースリーブ 13インチMacBook Air用」。

    使い始めて1ヶ月後

    国立商店は、PC・スマホ・タブレット用のレザーアイテムの専門店。

    財布やキーケースを退けて、レザースリーブなどのデジタルグッズを中心に据えている尖りまくった革小物ブランドですね。

    万人受けはしないだろうけど、個人的には最高にワクワクします!

    国立商店の特徴
    • 耐久性と美しさを兼ね備えた高品質なレザー
    • MADE IN JAPANに恥じない職人の技術
    • 素材の良さを活かしたミニマルなデザイン

    このようにメーカーコンセプトにもこだわりがあって、「まさに探し求めていたレザースリーブだ!」と感じたので思い切って購入してみました。

    実際に国立商店の「職人が作るレザースリーブ 13インチMacBook Air用」を購入して1ヶ月ほど使ってみたので、本記事でレビューしていきます。

    職人が作るレザースリーブ 13インチMacBook Air用
    総合評価
    ( 4.5 )
    メリット
    • ラインナップが豊富
    • ブライドルレザーの質感が良い
    • 経年変化を楽しめる
    • M2以降の新サイズにも対応
    • MacBook用のオシャレなラグになる
    デメリット
    • 好みが分かれるカーブ型の出し入れ口
    • 使い始めはキツさがある
    • 貼り付け型のスタンドとは併用しにくい
    目次

    国立商店のMacBook Air用レザースリーブのラインナップ

    国立商店には、MacBook Air用レザースリーブだけでも10種類がラインナップしています。

    国立商店のMacBook Air用レザースリーブのラインナップ
    国立商店のMacBook Air用レザースリーブのラインナップ
    引用: 国立商店オンラインストア

    レザーの種類よって価格が異なり、最も低価格なのが国産型押しレザーの9,800円、最も高価格なのが英国ブライドルレザーの21,800円です。

    どうせ買うなら最高品質だ!

    と思い立ち、僕は英国ブライドルレザーブリティッシュグリーンを購入しました。

    英国ブライドルレザー, ブリティッシュグリーン
    ブリティッシュグリーン (英国ブライドルレザー)

    モノを選ばなければ、2〜3,000円で購入できるのに、自分でも「よく買ったな……..」と感じてます。

    これから製品レビューを紹介していきますが、価格に見合った素晴らしいアイテムでした。

    国立商店 MacBook Air用レザースリーブを開封!デザインをチェック

    購入したMacBook Air用レザースリーブは、黒一色の高級感あふれる箱で届きました。

    職人が作るレザースリーブ 13インチMacBook Air用の外箱
    レザースリーブのパッケージ

    高級レザースリーブなだけあって、財布やカバンなどの革小物と同じような梱包がされています。

    これは「いい買い物をした」と確信!

    レザースリーブのデザインを確認

    表面の白い粉はブルームと呼ばれ、塗り込まれたワックス成分が現れたもの。このブルームが落ちたあとの艶がブライドルレザーの醍醐味ですね!

    国立商店のMacBook Air用レザースリーブ(前面)
    ブライドルレザー (ブリティッシュグリーン) の前面

    背面には、前面より濃くブルームが付いていました。各面で違った雰囲気を楽しめるのは嬉しいですね。

    国立商店のレザースリーブ(背面)
    ブライドルレザー (ブリティッシュグリーン) の背面

    背面の中央下部にブランドロゴが入っている以外は、なんの装飾もないミニマルなデザインです。

    国立商店のロゴ
    国立商店のブランドロゴ

    デバイスが接する内側には、数年使ってもへこたれないピッグスエードが採用され、MacBook Air本体へのキズを防いでくれます。

    内側にはピッグスエードを採用
    内側にはピッグスエードを採用。表面のレザーと重ね合わせることで、スリーブの強度と柔軟性を生み出している。

    レザースリーブにMacBook Airを収納してみた

    レザースリーブの上に13インチのMacBook Airを乗せてみました。MacBook Airよりわずかに大きい設計になっています。

    レザースリーブとMacBook Air
    作業中はラグとしてMacBook Airを水や汚れから守ってくれます。

    実際にMacBook Airを収納してみるとこんな感じ。筐体にピッタリすぎるサイズ感なので、出し入れがキツめです。

    レザースリーブを入れた様子(前面)

    レザースリーブの中央は、筐体が取り出しやすいように絶妙なカーブを描いています。

    筐体を取り出しやすくするための設計
    このカーブで本当に筐体の取り出しやすくなるかは疑問。露出部分だけを持って筐体を取り出す方はいないし、スリーブ内に指を入れてPCを取り出す方がほとんどでしょう。筐体を露出させずに全面保護してほしかったのが筆者の意見。

    レザースリーブの背面にはカーブがなく、筐体が露出することもありません。

    MacBook Airを収納した様子(背面)

    スリーブの中を覗いてみると、いかにピッタリな設計かよく分かります。

    MacBook Airを収納した様子(上面)
    MacBook Airにぴったりな設計

    2週間で革が馴染んで柔らかくなりました!

    国立商店 MacBook Air用レザースリーブの使用感をレビュー

    ここからは、自腹を叩いてレザースリーブを購入した筆者が感じたことを紹介していきます。

    実際にレザースリーブを1ヶ月ほど使ってみて、僕が感じたポイントがこちら。

    • ブルームを落とすかどうかを選べる
    • 経年変化を楽しめる
    • 最新のMacBookに合わせてサイズが調整されている
    • 貼り付け型のスタンドは使いずらい
    • MacBook Airのオシャレなラグとしても使える

    上記の4点を中心に国立商店のレザースリーブの使用感をレビューしていきますね!

    ブルームを落とすかはユーザー次第

    表面のブルーム (白い粉) が落ちたあとのツヤは、ブライドルレザーの醍醐味でもあります。

    ブルームは使い続けていれば自然と落ちてきますが、ブラシで掃いてクロスで拭き取れば15分ぐらいで落とせます。

    筆者は片面だけブルームを落としてみました

    最初にブルームを落とすかどうかで、だいぶ雰囲気が変わりますね。

    経年変化のスタートをユーザーが選べるのは、ブライドルレザーの特権ですね!

    経年変化を楽しめる。

    ブライドルレザーは、ツヤが出やすく経年変化を楽しめます。

    実際に筆者が購入したレザースリーブもエイジングが進み始めてきたので、変化の様子をお伝えしていきます。

    購入日にブルームを落として、そのまま1ヶ月ほど使った様子がこちら。全体的にツヤ感がでてきています。

    使い始めて1ヶ月後
    使い始めて1ヶ月経った様子

    レザーがMacBook Airに馴染んで、跡がついてきました。

    MacBook Airの跡がついてきた様子
    MacBook Airにカタチに合わせて革が伸びてきた様子

    ブルームを落としていない背面も、ブルームが落ち始めて部分的にツヤがでてきました。

    ブルームを落とさず1ヶ月使った様子
    ブルームを落とさず1ヶ月使った様子。下側のブルームが自然と落ちてきているのが良くわかる。

    今後の変化が楽しみになる!

    M2以降の新サイズにも対応

    もともと筆者は、M1 MacBook Airの相棒として「drip Leather MacBook Case【13インチ】」を使っていました。

    それなりに気に入ってたんですが、M1→M2でわずかにサイズアップした筐体に対応していません。

    M1用のケースでは、M3 MacBook Airがはみ出てしまう。
    drip Leather MacBook Case【13インチ】では、M3 MacBook Airの筐体がはみ出てしまう。

    国立商店のレザースリーブケースは、MacBook Airの筐体がサイズアップしたことを受けて再設計されています。

    MacBook Airのサイズアップ
    国立商店はホームページ上でMacBook Airのサイズアップについて解説している。

    国立商店以外のレザースリーブケースを購入するときは、M1用のモデルを選ばないように注意しましょう。

    お使いのMacBook AirがM1でも、今後の買い替えを想定してM2/M3に対応したスリーブケースを選びましょう!

    貼り付け型のスタンドは使いずらい

    国立商店のレザースリーブは、MacBook Airの筐体にピッタリなサイズに設計されているので、筐体に直接貼り付けるスタンドとの相性がイマイチ。

    Majextandみたいな薄型のスタンドなら使えそうですが、厚みのあるスタンドは使わないほうが無難でしょう。

    MOFTの多機能キャリーケースのように周辺機器をいれるポケットもないので、どうしてもMacBook Air + αを持ち運びたい方には不向きです。

    MacBook Airのオシャレなラグとしても使える

    オシャレなラグとしても使える

    レビューのまとめ: こだわりが詰まった国立商店のレザースリーブ

    この記事では、国立商店の「職人が作るレザースリーブ 13インチMacBook Air用」をレビューしてきました。

    記事の最後に本製品のメリットデメリットを振り返っておきます。

    ◎良いところ
    • ブライドルレザー特有の楽しみ方
    • 経年変化がある
    • M2以降の新サイズにも対応
    • MacBook用のオシャレなラグになる
    △気になるところ
    • 好みが分かれるカーブ型の出し入れ口
    • 使い始めはキツさがある
    • 貼り付け型のスタンドとは併用しにくい

    高級レザーなだけあって、それなりのお値段ですが、自分用はもちろん、プレゼントとしても満足してもらえると思います。

    もっとMacが好きになるアイテムなので、周辺機器にこだわりたい方はぜひ検討してみてください。

    国立商店のMacBook Air用レザースリーブをレビュー

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次