drip × トバログ PRESSo L レビュー | キャッシュレス時代に「ちょうどいい」コンパクト財布が最高な件

PRESSo L-top
記事のメモ
本記事はコンパクト財布「PRESSo L」のレビュー記事です。筆者が自ら購入して感じた使用感を中心に記事を構成しています。メーカーからの製品や金銭の提供はありません。

現金を必要としない「スマホ決済」が浸透し、キャッシュレスはおろかカードレスの時代に突入した。

ショッピングモールやコンビニ等では、もはや財布すら出さずに買い物できる時代である。

時代にあった財布が登場!

PRESSo-size

手のひらサイズのコンパクト財布:PRESSo

特に株式会社dripの「キャッシュレス時代の理想の財布:PRESSo」は、現代の”財布のあり方”をうまく反映した代表格だろう。

収納できるのは、5枚程度のカードと数枚の紙幣のみ。

一応小銭もはいるが、「最小の小銭入れ:CHIP」と一緒に持ち運ぶことを想定して作られており、あくまで非常用のコインポケットがついているに過ぎない。

つまりキャッシュレス決済を想定した”最小構成の財布“という位置付けである。

 

しかし実際に僕が2年間ほどPRESSoを使い込んだ感想は、

現金の出番は意外とある

であった。

もちろんキャッシュレス決済で日常シーンの大半を完結できるが、僕のライフスタイルでは現金が必要になることも意外と多かった。

特に予防で通っている歯医者だったり、子供の小児科だったりは、”現金のみ”である。

(PRESSoは硬貨の収納力が低く)現金決済では基本的に紙幣を使っていたので、お釣りでもらった硬貨が貯金箱にだんだんと増えるようになりました。

小銭を溜めると損をする

時間をかけて貯めた500円玉を口座に振り込むときは、「いくら貯まっているんだろう…」とドキドキするもの。

僕も500円貯金の経験者ですが、これからは”小銭を溜める”と損をする時代になります。

というのも、ゆうちょ銀行が2022年1月17日から硬貨の預け入れ、払い戻しに対する手数料を有料化したんです。

硬貨の入金手数料(ATM)
硬貨の枚数 料金
窓口 ATM
1〜25枚 無料 110円
26〜50枚 220円
51〜100枚 550円 330円
101〜500枚 825円 非対応
501枚〜1,000枚 1,100円
1,001枚以上 550円/500枚

ゆうちょ料金新設・改定のお知らせ

表からお分かりいただけるように、ATMでの硬貨入金では、たとえ1枚であっても手数料がとられてしまう。

つまり硬貨を持ち運ばず貯金箱へ逃していた僕は、硬貨を「逃す」から「消費する」へとライフスタイルを変える必要がありました。

全てにちょうどいい
PRESSo L

PRESSo-PRESSo L

左:PRESSo L、右:PRESSo

そこで新たに購入を決意した財布が「PRESSo L」だ。

今まで使っていたPRESSoから、最小限のサイズupで硬貨やカードの収納力を拡大できるのが決め手になった。

そこで本記事では、現金やカードの収納力とコンパクトなサイズ感を両立した財布「PRESSo L」をレビューしていく。

drip × トバログ コラボ PRESSo L

今回レビューする”PRESSo L”は、「いま僕たちにはどんなモノが必要なのだろうか」をモットーにモノづくりをしている株式会社dripトバログの鳥羽恒彰(@tobalog)さんによるコラボアイテム。

PRESSo L-box

オシャレな化粧箱でPRESSo Lが到着

トバログと製作を担当しているプレリー銀座のロゴマークが入った化粧箱で到着。

購入方法はdrip公式ページまたはAmazonで、今回はAmazonにて購入。

仕様を引用しておくので、詳細に知りたい方は以下をご覧くださいませ。

PRESSo L
サイズ 11cm × 7.5cm × 1.8cm
重さ 55g
カードポケット 5箇所(内側 4 + 外側1)
カラバリ/素材 ブラック:熟成レザー
アメリカーノ:熟成レザー
ナチュラル:牛ヌメかわ
グレー:アドリアチコ

 

4色展開のうち、グレーを選択!

PRESSo L

カラーはグレーを選択

PRESSo Lは、ブラック/アメリカーノ/ヌメ/グレーの4色展開。

購入を決めたときは定番色のブラック一択だったが、ホワイト系の革小物を持っていなかったので思い切ってグレーを選択。

presso l-chuck

チェーンとの相性も抜群

グレーとチェーンのカラーが同系統なので、ダサくなりがちなチェーンまわりも綺麗ですね。

めちゃくちゃ可愛い実物をみて、改めてグレーにして大正解だったと思う。

ラインナップの中でグレーだけが他カラーよりちょっと安いのも得した気分。

上品かつ丈夫なイタリアンレザー

PRESSo L-leather

上品なイタリアンレザーを採用

熟成レザーのイメージが強いdripの革製品ですが、PRESSo Lのグレーには上質なイタリアンレザー”アドリアチコ”が使われている。

シボ感がめちゃくちゃ上品な風合いを醸し出してて、大人の財布って感じ。

傷や汚れがつきにくいレザーで、アクティブにガンガン使っていけるのも嬉しい。

コンパクトで大容量

Compact-Presso l

iPhone 12 miniとの比較

従来のPRESSoからサイズアップしたとはいえ、iPhoneと同じぐらいのサイズ感です。

presso l-card

クレジットカードとの比較

クレジットカード+α程度のサイズ感で、かなりコンパクトに仕上がっている。

presso l-d

マチがある

最初からそれなりにマチをとってあるので、本体が膨らみにくい設計。

presso l-inside

チャックを開くとこんな感じ

カードポケットを4つ、コインスペースを1つ備えています。

presso l-inside2

紙幣、カード、硬貨を収納

早速ですが、紙幣とカードと硬貨をPRESSo Lへ収納してみました。

硬貨10枚でもまだ余裕

実際に使い始めて感じたのは、見た目からは想像つかない収納力

紙幣と硬貨を数枚ずつとカード5枚が限界だったPRESSoから、収納力がめちゃくちゃ向上しているのが分かります。

PRESSo L-outside Pocket

最も使うカードは外側ポケットへ

使用頻度が高いカードは、外側のカードポケットがオススメ。

財布を開かなくても、直感的にカードを出し入れできるのでめちゃくちゃ重宝している。

僕の場合、1日の生活シーンを想定して外側カードポケットのカードを入れ替えて使うことも多い。

受診の日は診察券(保険証)、買い物に行く日はクレジットカード、現金が必要な日はキャッシュカードなどなど、朝の時点でカードを入れ替えておくとスムーズだ。

使い方のバリエーションが豊富

財布に限らず、ミニマルアイテムは使い方が限定されがち。

でも僕がPRESSo Lを使っていて感じたのは、とても汎用性が高いミニマルアイテムだということ。

PRESSo L-normal

現金/カード/レシートのバランス型

定番の使い方としては、紙幣や硬貨、カードやレシートなどを偏りなく収納するバランス型。

これは僕の使い方でもあって、カード5枚、硬貨を5-15枚、紙幣を3-5枚いれています。

レシートが入るスペースが残っているので、レシートを持ち帰りたい人にもピッタリな使い方だ。

PRESSo l-card only

カード特化型

次にPRESSo Lにカードのみを収納してみました。

エンボス加工されたカードやペラペラのカードもあり一概には言えないが、10枚以上のカードを収納することができる。

PRESSo L-coin

コイン特化型

カードや紙幣の収納を減らして、硬貨をたくさん収納するのもひとつの手だ。

20枚以上のコインを収納でき、コインケース+αの役割を果たすには十分すぎる機能である。

まとめ:時代にあった超万能なコンパクト財布

PRESSo L-matome

万能ウォレット:PRESSo L

手のひらサイズに関わらず、紙幣や硬貨、カードを満遍なく収納できるPRESSo Lは、キャッシュレス決済が主流になった今でも多くの人に好かれるだろう。

「ミニマル」の中でも「大容量」で、絶妙にバランスがとれた財布で、迷ってる人にはぜひ手に取って確かめてもらいたい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連:dripのサコッシュ

Sakosh-inside

十分な容量のサコッシュ

いくつかdripのアイテムを愛用している僕ですが、特に気に入ってるのが「【drip別注】LIVERALサコッシュ Enju 2 熟成レザーVer.」。

レザーが使われたサコッシュってかなり希少だし、ミニマルなデザインもかなり好み。

容量もかなり入るので、”ちょっとそこまで”の外出では、めちゃくちゃ重宝している。

興味がある方はぜひ参考記事もご覧くださいませ。

あわせて読みたい
【大人のサコッシュ】ちょっとそこまでを楽しくするdripのサコッシュ。熟成レザーを大胆使用! 「ちょっとそこまで。」を楽しく。 コロナの影響で長時間の外出が減ってる人も多いですよね。僕も休日にMacBookを持ってガッツリ外出ってのは、ほとんどなくなりました...
PRESSo L-top

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする