VOLTME Revo 65 レビュー | USB-C × 2、USB-A × 1の3ポートを搭載した発熱しない急速充電器

    当ページのリンクには広告が含まれています。
    VOLTME Revo 65をレビュー
    Amazonプライムデーサブスク3ヶ月無料キャンペーン
    1. Amazonプライムデー
    2. お得な3ヶ月無料キャンペーン

    スマホはに加えてタブレットやPCを持つ人が増えてきたことから、USB充電器の需要が高まっています。

    当ブログでもCIOUGREENMATECHなどの急速充電器をレビューしてきました。

    本稿では日本で馴染みのないメーカー「VOLTMEボルトミー)」の急速充電器『VOLTME Revo 65』を使ってみた印象を紹介していきます。

    最小、最軽量とはいきませんが、安全性を考えると「ベストな選択肢」だと思います。

    VOLTME Revo 65
    総合評価
    ( 4 )
    メリット
    • バランスが良い3ポート搭載
    • 指紋や汚れが目立たない
    • 発熱が少なくて安全
    • コスパが良い
    デメリット
    • ライトを消せない
    • 使い方によっては低速になる

    本稿は急速充電器『VOLTME Revo 65』のレビュー記事です。メーカーより製品提供を受けていますが、金銭の提供や記事の内容に対する指定はなく、筆者が感じたままのレビューになります。

    目次

    VOLTME(ボルトミー)とは?

    VOLTME(ボルトミー)」は、中国の深圳を拠点とする「Voltnex Innovations Technology」という会社が立ち上げた独自のブランド。

    日本ではあまり馴染みがありませんが、充電分野で20年以上の実績を持っています。

    VOLTMEのブランドイメージ
    VOLTMEのブランドイメージ
    引用元:公式ホームページ

    最小かつ最軽量で有名となったCIOの充電器が「異常に発熱する」と話題になったこともあり、十分な検証が行われているのは重要なポイント。

    小さくて軽量なのは良いですが、安全であることが大前提。

    VOLTME製品は、1200日以上の研究開発の後、安全性テスト(800時間以上)や環境テスト(300時間以上)をクリアして誕生します。

    トップページにも「より安心、より高品質な商品とサービスを提供」と記載されており、安全性には自信があるのでしょう。

    より安心、より高品質な製品とサービスを提供するVOLTME
    安心して使えるのはマジで大事!

    色んな充電器が出てきて「安全=当たり前」が崩れてきてるのが怖い。
    だからこそ「VOLTME」には好感がもてる!

    『VOLTME Revo 65』の仕様や特徴

    下記に『VOLTME Revo 65』のスペックをまとめました。

    3ポートを搭載した65W出力の充電器では、最小最軽量とはいかないもののコンパクトで軽い部類に入るでしょう。

    項目VOLTME Revo 65
    ポート合計3ポート
    ・USB-C × 2
    ・USB-A × 1
    USB-C出力最大65W
    USB-A出力最大36W
    サイズ59 × 54 × 31 mm
    重量131g
    カラーブラック / ホワイト
    公式価格
    リンクはAmazon
    5,480円(税込)

    使い方による出力の違いはこんな感じ。

    2ポート以上を同時に使う場合、USB-C1が45W出力を維持することを覚えておきましょう。

    VOLTME Revo 65の出力表
    引用元:Amazon

    PCの充電にはUSB-C1を活用しよう!

    『VOLTME Revo 65』を開封レビュー

    『VOLTME Revo 65』の本体、取扱説明書、THANK YOUカードが同梱されていました。

    VOLTME Revo 65のパッケージ内容
    『VOLTME Revo 65』のパッケージ内容

    マットな質感の本体表面には、ブランドロゴとドットがデザインされています。

    VOLTME Revo 65の表面
    マットな質感が気持ちいい!

    ブランドロゴの記載は本体の前面だけで、反対側はドットのみのデザインです。

    USB-C × 2、USB-A × 1の合計3ポートを搭載しています。

    上からUSB-C1、USB-C2、USB-Aポート

    プラグは折りたたみ式で、取り出しやすいようにほんの少し本体より飛び出ています。

    VOLTME Revo 65のプラグ
    プラグを開いた様子

    本体底面には、仕様や認証マークが記載されています。

    日本仕様のモデルであり、PSEマークもしっかりついています。

    VOLTME Revo 65の底面

    本体のサイズ感は、ちょうど手のひらに収まるぐらい。iPhone 13 miniと比べてもコンパクトなのが分かります。

    重さは実測131gで、65W出力かつ3ポート搭載の急速充電器としては軽いほうでしょう。

    実測131gのVOLTME Revo 65

    持った感じも軽いし、持ち運びやすさもGood!

    電源タップで使っても、左右のコンセントに干渉することはありません。

    VOLTME Revo 65が光る
    電源を供給すると本体のランプが光る仕様。コンセントに挿している間は消えません。

    続いて壁面の差し込み口に『VOLTME Revo 65』を挿してみても、干渉しないで使えます。

    壁面のコンセントにVOLTME Revo 65を接続

    差し込み口が3つ以上の場合、最上部または最下部の差し込み口で使いましょう。中央に挿すと本体下部(USB-Aポート側)が干渉します。

    本体のデザインや第一印象の紹介はここまでにして、実際に筆者が『VOLTME Revo 65』をしばらく使ってみた印象を紹介していきます。

    USB-Cケーブルは同梱されていないので、筆者が5本も購入して愛用している「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」を使ってレビューしていきます。

    『VOLTME Revo 65』の良いところ

    VOLTME Revo 65を使う

    実際に筆者が『VOLTME Revo 65』をしばらく使ってみて感じた、本製品の「良いところメリット)」をまとめてみました。

    VOLTME Revo 65のメリット
    • 指紋や汚れが目立たない
    • 発熱が少ない
    • コスパが良い

    上記3点のメリットについて、詳しく紹介していきますね。

    指紋や汚れが目立たないマットな質感!

    黒を基調としたアイテムと指紋や汚れは、どうしても切っては切れない関係。

    いくらマットな質感とはいえ、使い続けていると指紋が目立ってくるのが当たり前でした。

    一方『VOLTME Revo 65』は、驚くほど指紋や汚れがつきにくいです。

    マットな質感のVOLTME Revo 65
    数週間使っても綺麗!

    指紋汚れにストレスを感じなくて済むので、綺麗な見た目を保ってくれるのは非常に嬉しいポイントでした。

    発熱が少なくて安心!

    発熱が少ないVOLTME Revo 65

    SNSやAmazonのレビューをみていると、他メーカーでは触れないほど熱くなるような製品もある模様。

    『VOLTME Revo 65』は、数時間の連続使用でも「ほんのり熱くなる」程度にしか発熱しないので、安心して使えています。

    5,000円台前半でコスパが良い!

    ライバル製品のCIOやAnkerと比べて、1,000円ほど安い価格が設定されています。

    運が良ければAmazonでクーポンが発行されていることもあり、5,000円台前半から4,000円台で購入できるのでコスパに優れいています。

    『VOLTME Revo 65』の悪いところ

    続いて、しばらく使ってみて感じた『VOLTME Revo 65』の悪いところデメリット)をまとめてみました。

    VOLTME Revo 65のデメリット
    • ライトを消せない
    • ポートの使い方によっては低速に

    上記2点のデメリットについて紹介していきますね。

    ライトを消せない

    VOLTME Revo 65のライトを消せない
    コンセント接続時は常に点灯

    本体に電源が供給されていれば、充電器を使っているいないに関わらずライトが点灯します。

    個人的には余計な機能は省いて、ちょっとでもスタイリッシュにしてほしかった。

    ポートの使い方によっては低速になってしまう

    USB-C2とUSB-Aの2ポート利用では、合計20W出力にとどまります(出力表を参照)。

    USB-Cポートを利用するときは、上のポート(USB-C1)を優先するように覚えておきましょう!

    まとめ:発熱しない安全な急速充電器

    本稿では『VOLTME Revo 65』をレビューしてきました。

    ◎良いところ
    • USB-C × 2、USB-A × 1の3ポートを搭載
    • 指紋や汚れが目立たない
    • 発熱が少なくて安心
    • コスパが良い
    △気になるところ
    • ライトを消せない
    • 使い方によっては低速

    CIOの充電器と比べると、サイズや重さともに劣っていますが、安全性を考えると『VOLTME Revo 65』のバランスは絶妙だと思います。

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    関連:Macと一緒に買うべき周辺機器

    関連記事では「MacBook Airにオススメの周辺機器」を紹介しています。

    これからMacBookを買う方も、MacBookをもっと使いこなしたい方にもピッタリの記事です。

    ぜひ本記事とあわせてご覧いただけると嬉しいです。

    VOLTME Revo 65をレビュー

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次