貼らないMOFT「iPad mini 6 専用 Snap スタンド」レビュー | 縦置き横置きに対応したタブレットスタンド

Moft_iPad_mini_review
本記事について

本記事はMOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンドのレビュー記事です。マグネットでくっつくタブレットスタンドで、縦置きにも横置きにも対応している大満足な製品になります。メーカーからの製品や金銭の提供はなく、筆者が自腹で購入して実際にしばらく使ってみた印象をもとに記事を執筆しています。記事や使用感に対する質問は、記事下のコメント欄もしくはTwitter(@Number84M)のDMにてお問い合わせください。

 スマホスタンドで有名なMOFTですが、「端末に直接貼り付ける」必要があって、使うにはちょっと躊躇するようなアイテムでした。しかしiPhoneにMagSafeが搭載されたことをきっかけに、貼り付け不要の「MOFT Snap-On スマホスタンド」が登場して大ヒット。発売当初はAmazonでも数ヶ月待ちで大きな話題になりました。

そんな貼り付け不要のMOFTにiPad miniバージョンが登場したので、早速購入してレビューしていきます。

MOFT_iPad_mini
MOFT Snap-Onタブレットスタンド
◎良いところ
  • 取り外しできるのが良い!
  • iPad miniとの相性抜群
  • 縦置きにも横置きにも対応
  • 角度の調整範囲が豊富
△残念なところ
  • マグシールは貼り付けが必要
  • iPadの前面は守れない
  • 指紋がつきやすい
  • ちょっぴり高い

iPad miniの強みが活きるアイテムなだけに、待ち望んでいた方も多いアイテムじゃないでしょうか?iPad miniユーザーの筆者も大満足していて、胸をはってオススメできる製品です。

created by Rinker
MOFT
¥4,380 (2022/10/02 15:49:49時点 Amazon調べ-詳細)

貼り付け不要のタブレットスタンド:MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンド

MOFTはiPad mini用のタブレットスタンドを2種類リリースしています。

軽く前述しましたが、今回レビューするのは前者の「MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンド」です。個人的にはiPad miniだからこそ取り外しできるタイプを選ぶべきだと感じています。

MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンドを開封!本体のデザインと付属品をチェック

moft_mini
MOFT Snap-Onタブレットスタンドとマグシール

早速開封してみると、マグネットが内蔵されたMOFTの本体に加えてマグシールが同梱されています。

デザインの微妙な違いはありますが、スマホ版のMOFTをそのまま大きくしたイメージですね。

MOFT_mini_magnet
マグネットの位置

広範囲にわたってマグネットが内蔵されているので、確実にiPadへ固定することができます。

折り方が豊富

2ヶ所の折り目を使い分けることで、iPadを立てる角度が変わる仕様です。

さらに横置きの角度をかえられるように、本体中央に折り目がついてます。

合計4パターンの折り方を使って、豊富な角度設定ができるのがMOFTの強み。どんな置き方ができるかは後ほど詳しく紹介します。

MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンドの仕様やスペックは?

本記事でレビューしていく「MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンド」の仕様を載せておくので、製品についてもっと詳しく知りたい方はご覧くださいませ。

製品名MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンド
角度縦:25°/40°/60°
横:30°/40°/60°
サイズ114.5mm × 160mm × 4mm
重量86g
素材ヴィーガンレザー
ファイアーグラス
カラー4色展開
黒/青/グレー/ピンク

公式サイト上のスペックは、上記のように重量86gと記載がありますが、実測値では92gでした。この6g差が大きいと捉えるか誤差と捉えるかは人によりますが、少なからず重量の誤差があるのは間違いないでしょう。

Moft_iPad_mini_g
実測値は92g

MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンドを使ってみる

早速ですが気になるMOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンドの使用感を紹介していきます。

MOFT本体はマグネットでくっつきますが、代わりに付属のマグシールをiPadに貼り付けが必要。

mag_sticker
貼って剥がせるマグシール

マグシールは50回までの再利用が可能な「磁石シート」で、はがした際にも痕が残らない優れモノ。とはいってもiPadに直接はりたくないし、MOFTだけで使うと背面以外はiPadがむきだしなので小傷が気になります。

そこであの「ほぼハダカなiPadケース」とMOFTを一緒に使うことにしました。

CASEFINITEのiPadケース「フロストエア」とMOFTを使う

FROST_AIR_ipad
iPad mini フロストエア

こちらはCASEFINITEの「フロストエア」。めちゃくちゃ薄くて軽い“ほぼハダカ”なiPadケースです。このフロストエアにマグシールを装着して、小傷を予防しつつMOFTを使っていきます。

FROST_AIR_mag_sticker
マグステッカーをはってみた

半透明のデザインが美しいフロストエアにマグシールを貼ってしまうと、せっかくのリンゴマークが隠れてしまいます。マークが隠れるのはもちろん残念だけど、軽さやサイズ感は最高なので目をつむります。

マグシールを貼ったので、早速MOFTを装着していきます。

FROST_AIR_moft
フロストエアにMOFTを装着!
FROST_AIR_moft2
カメラ周りはこんな感じ

iPad miniのカメラに干渉することはありませんが、ケースの立ち上がりには若干かぶってます。とはいってもMOFTの使用感には影響しないので問題ないかと。

横置きだけじゃない!縦置きにも対応しているMOFT

タブレットスタンドのほとんどは、”横置き”を前提につくられていて縦置きできないことが多いです。例えばApple純正のSmartFolioも横置きだけですね。

MOFT_yoko
MOFTでiPad miniを横置き

iPad AirやiPad Proのサイズ感ならメモをとるときに便利な横置きですが、実際iPad miniでメモをとることって少ないですよね。MOFTを使っていて最も良いなと感じてるのは、縦にも横にも置けること。

Moft_iPad_mini_tate
MOFTでiPad miniを縦置き

大きいiPad(写真はiPad Pro 12.9インチ)はディスプレイに並べて横置き、iPad miniは利き手の近くに縦置きすると作業が捗ります。縦置きに対応しているスタンドが少ないので、MOFTを重宝する人も多いんじゃないでしょうか?

Apple純正Smart Folioより角度調整が豊富

2段階の角度でiPadを横置きできるApple純正Smart Folioですが、MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンドは3段階の角度で縦置き/横置きできます。

こちらは最も角度をつけた状態でiPad miniを縦置きした様子です。ブラウザ操作やSNS閲覧などにぴったりな角度で、僕が最も重宝している置き方でもあります。

60度よりちょっと緩やかな40度は、Apple Pencilをつかった手書きもできる万能な角度です。

上下を反対にしておくと、さらに緩やかな角度でiPadを縦置きできます。USB-C端子が上にくるので、縦置きしながらハブで外部メモリーに接続したり、充電したりできるのでとても便利です。

もちろんApple純正のSmart Folioと同じように横置きすることもできます。動画などのコンテンツを視聴するにはピッタリの角度ですね。

Moft_iPad_mini_oru
スタンド中央で折るとさらに角度が緩やかに

30度まで緩やかに横置きできるので、Apple Pencilでの手書き作業も全く問題ありません。

縦にも横にも置けて、なおかつ角度調整がとても豊富なのがMOFTの最大の利点ですね。

Moft_iPad_mini_float
浮かせることも可能

iPad miniの重量やサイズ感ならiPhoneのように浮かせて固定することもできちゃいます。極めて限定的な用途ではありますが、目線をあげたい人は重宝しそうです。

iPad miniだからこそMOFTを取り外したいときもある

iPad_mini_compact

iPad mini 6の最大の特徴が、8.3インチのコンパクトなサイズ感であることは言うまでもありません。293gの重量もiPadの中では最軽量で、持ちながらでも快適に使うことができます。

常にMOFTを装着しておくと、少なからずiPad miniのサイズ感や軽さを損ねてしまいます。必要に応じて簡単に取り外しできる「MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンド」は、小さくて軽いiPad miniと相性抜群のアイテムです。

前面の保護ができず、指紋もつきやすい

「MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンド」の性質上どうしてもネックになるのが、ディスプレイを保護できないところ。

MOFTだけではSmart Folioのように前面を保護できないので、持ち運びの方法や落下には気を付ける必要があります。

drip_ipad_mini_case
dripのLeather iPad Case

カバンの中で水筒がこぼれてiPadが水没した経験をもつ筆者は、必ずスリーブケースにいれてiPadを持ち運んでいます。

Apple Pencilを装着したままiPadを収納できるところやレザーの質感が決め手になって、dripの「Leather iPad Case【iPad mini】」を好んで使ってます。

created by Rinker
drip
¥12,800 (2022/10/02 15:49:50時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:iPad miniにピッタリのタブレットスタンド

MOFT iPad mini 6 専用 Snap スタンド」をレビューしました。

◎良いところ
  • 取り外しできるのが良い!
  • iPad miniとの相性抜群
  • 縦置きにも横置きにも対応
  • 角度の調整範囲が豊富
△残念なところ
  • マグシールは貼り付けが必要
  • iPadの前面は守れない
  • 指紋がつきやすい
  • ちょっぴり高い

iPadの本体に貼り付けが必要な「MOFT X 多機能タブレットスタンド」と比べるとちょっと値段がするがネックですが、それでもApple純正 Smart Folioより安いので、コスパも十分すぎるアイテムです。

横置きだけでなく縦置きにも対応していて、簡単に取り外しできるところもiPad miniにピッタリな仕様ですね。

iPad miniユーザーにはぜひ試してほしい製品なので、興味がある方は検討してみてください。

created by Rinker
MOFT
¥4,380 (2022/10/02 15:49:49時点 Amazon調べ-詳細)

関連:MOFT Snap-On スマホスタンド-Magsafe対応

most_iPhone

MOFTといえばiPadよりiPhoneのほうが有名ですよね。当WebサイトではMagSafeに対応したMOFTのスマホスタンドもレビューしています。

iPhone 12 miniや13 miniといったコンパクトなスマートフォンとMOFTの相性が知りたい方にはピッタリな記事となっています。

MOFTのスマホスタンドに興味がある方はぜひ本記事とあわせてご覧くださいませ。

Moft_iPad_mini_review

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする