【MOFT Snap-On スマホスタンド レビュー】MagSafe対応の貼らないMOFT。iPhoneの背面に磁石でくっつくスタンド

    当ページのリンクには広告が含まれています。
    MOFTをレビュー

    iPhone 12シリーズに初めてMagSafeが搭載され、大きな話題になったのは記憶に新しい。MageSafeはiPhoneの内部充電コイルの周りに内蔵された磁石のことで、他のMagSafe対応のアクセサリーをシームレスにiPhoneへ固定できます。

    そこで本稿では、MagSafe対応アクセサリーの王道「MOFT Snap-On スマホスタンド-Magsafe対応」をレビューしていきます。

    MagSafeに対応したことで、スマホに直接貼り付ける必要がなくなり、非常に魅力的なアイテムだと思います。

    実際に「MOFT Snap-On スマホスタンド-Magsafe対応」を使ってみた印象はこんな感じ。

    MOFT Snap-On スマホスタンド-Magsafe対応
    総合評価
    ( 4.5 )
    メリット
    • スマホに貼り付けなくて良い
    • 取り外しが簡単
    • スマホスタンドとして優秀
    • カードが入る
    デメリット
    • 磁気カードを収納できない
    • iPhoneが少し嵩張る

    本製品には、初期モデルである”通常版”と磁力や耐久性が強化された”耐久強化版”の2種類がラインナップしています。

    通常版か強化版か

    両モデルを使った筆者のオススメは強化版!
    装着して持ち運ばない方は、通常版もあり

    通常版の磁力は他のMagSafeアクセサリーと比べてもちょっと弱いので、安全性に不安がありました。一方、新たに登場した強化版は、他のMagSafeアクセサリーよりも磁力が強く、安全に使えています。

    デスクだけで使う方やiPhoneに装着したまま持ち運ばない方は、磁力が弱い通常版を選んでも良いでしょう。

    それでは詳しくレビューしていきます。

    目次

    MOFT Snap-On スマホスタンド-Magsafe対応(通常版/強化版)を開封レビュー

    前述したとおり、MOFTのSnap-Onスマホスタンドには、通常版と磁力や耐久性が強化された強化版の2種類がラインナップしています。

    両モデルのデザインや仕様を比較しつつ、開封レビューをしていきます。

    デザイン

    両モデルのサイズはほぼ一緒で、外観もぱっと見だと区別がつきません。

    MOFT Snap-Onスマホスタンドの種類
    左:強化版、右:通常版

    よーくみてみると、MOFTのロゴマークが微妙に違います。

    内側面(iPhoneにくっつける側)は、強化版にのみマグネットマークがついています。

    MOFT Snap-On スマホスタンド マグネット MagSafe対応の背面
    左:強化版、右:通常版

    どちらも本体が自立するスマホスタンドで、みやすい角度にiPhoneを固定してくれます。

    60度でスマホを固定してくれる
    「スマホスタンド = MOFT」が成り立つほどのメジャーアイテム!

    Snap-OnスマホスタンドをiPhone 15 Proに装着してみました。上下左右ともに若干のゆとりがあっていい感じですね。

    続いてiPhone 13 miniに装着してみました。スマホスタンドとiPhone 13 miniの横幅がほぼ同じ(65.5 mmと64.2mm)で、ぴったり収まっています。

    特に強化版は、同じ素材できたMOVASTM レザーケースと相性抜群で、デザイン的にも使いやすくてオススメ!

    MOFTのiPhoneケースとスマホスタンド

    薄くてサイズアップしないのが嬉しい!

    仕様:通常版と強化版の違いは、重さと磁力

    参考までに公式ホームページから仕様を引用しておきます。両モデルの大きな違いは、重さと磁力になります。

    通常盤強化版
    サイズ96mm × 65mm96mm × 65mm
    厚み5.4mm6mm
    重量43g60g
    磁力A+A++
    素材ヴィーガンレザーMOVASヴィーガンレザー
    カード収納最大3枚まで最大2枚
    スタンド縦置き: 60度
    横置き: 45度
    フローティング
    縦置き: 60度
    横置き: 45度
    フローティング
    MOFT Snap-On スマホスタンド-Magsafe対応の仕様

    まずは重さからみていきましょう。筆者の手元にあるモデルの重さを比べてみたところ、通常版が41g、強化版が60gでした。約20gの差があって、実際に持った感じも全然違います。

    続いて通常版と強化版の磁力を比べてみました。

    MOFT Snap-On スマホスタンド マグネット MagSafe対応の磁力
    振って磁力を検証してみた
    磁力の違い
    • 通常版:軽く振るとiPhoneが落下
    • 強化版:強めに振るとiPhoneが落下

    通常版は弱すぎる、強化版は強すぎると感じています。強化版のほうが重たいので、どちらを選ぶかは悩みどころでしょう。

    僕は磁力を重視したいので、強化版をオススメしたい!

    MOFT Snap-On スマホスタンド-Magsafe対応の長期使用レビュー

    ベストセラーのスマホスタンドなので、性能には疑いの余地がないですね。

    僕がおすすめするモデルの選び方はこんな感じ。

    通常版か強化版か

    両モデルを使った筆者のオススメは強化版!
    装着して持ち運ばない方は、通常版もあり

    スマホを自立させるための性能には変わりがないので、それ以外のところで決めるのが良いでしょう。

    なので装着している時間が長い方は磁力や耐久力を重視して強化版を。使う時だけ装着する方は価格や重さを重視して通常版を選ぶのが良いでしょう。

    それでは使用感について詳しく紹介していきますね!

    縦にも横にも置ける!動画視聴はフローティングモードが便利

    縦置きの角度はユーザーの目線にピッタリあう60度になっています。スマホを覗き込む必要がなく、自然とディスプレイを見れるので重宝しています。

    60度の縦置き

    iPhoneがこっちを向いているので、「ついつい触ってしまう」といった思わぬデメリットも…..笑

    縦置きの別アングル

    横置きの角度は45度で、縦置きよりちょっと緩やかです。

    MOFTでiPhoneを横置き
    45度の横置き

    個人的には横置きで使うことはほとんどなく、動画視聴などは浮かせて固定するフローティングモードを使っています。iPhoneを浮かせて横向きに固定できるので、目線が上がって動画視聴にもピッタリなんですよね。

    多彩な置き方ができるMOFT
    フローティングモード

    カードが入るウォレットスタンド

    moft_snap_on_Card
    最大3枚のカードが収納できる

    「MOFT Snap-On スマホスタンド-Magsafe対応」はカード収納スペースが設けられていて、最大で3枚までのカードを収納できます。

    最大3枚といってもエンボス加工がされているカードは1~2枚が限界ですね。

    ICチップが搭載されたカードの収納には問題ありませんが、クレカのような磁気カードを収納すると磁気不良の原因となるので注意が必要です。

    leather_wallet_bring
    Apple純正レザーウォレット

    一方、Apple純正のレザーウォレット(廃盤)やファインウーブンウォレット(現行モデル)には”シールド機能”が搭載されていて、磁気カードの収納にも対応しています。MOFTに比べるとちょっと値段が張りますが、作りも精密でクレカも持ち運べるので重宝しています。

    スタンドとして使いたいならMOFT、カードを持ち運びたいなら純正レザーウォレットを選ぶといいでしょう。

    マグネット装着型で”必要なときだけつける”が成り立つ

    MagSafeアクセサリーなので簡単に取り外しできるのが本製品の最大のメリットです。

    MOFTのiPhoneケースとスマホスタンド
    常に装着しておく必要はない

    常にくっつけておく必要はないので、「スマホはできるだけコンパクトに」という方でも使いやすいのは嬉しいですね。

    個人的にも軽くて持ち運びしやすいiPhone 13 miniを選んでいるので、端末のコンパクトさを損ねないのは魅力的です。

    できればMagSafe対応ケースを使いたい

    MOVASレザーケース

    CASEFINITEの「フロストエア」のような超薄型ケースでも使えなくはないですが、磁力ダウンは逃れられません。

    安全につかうためにもMagSafeに対応したiPhoneケースを使うことをオススメしたい。

    デスク上での使用だけでも十分買う価値がある!

    できるだけスマホをコンパクトに持ち運びたい人でも、MOFTは十分買う価値があるアイテムです。実際に僕もMOFTをつけずに外出することがほとんどで、デスク専用のスマホスタンドとして使っています。

    Moftをデスクで使う
    デスクの上でMOFTを使う

    定位置はスマホではなく、なんとワークスペースのデスク脚。作業するときだけ使うという贅沢ですが、それでも僕はMOFTを重宝しています。

    マグネットでいつでもスタンバイ

    充電しながら使うならSnap スタンドパワーセット

    Snapスタンドパワーセットは、Snap バッテリーパックとSnapスマホスタンドのセットパッケージ。

    MOFT Snap スタンドパワーセットとiPhone13mini
    iPhone 13 miniとSnap バッテリーパック+Snap-on スマホスタンド

    Snapバッテリーパックは、スマホスタンドと併用できるモバイルバッテリーで、まさにMOFTのためのモバイルバッテリーと言えるでしょう。

    スマホスタンドを使いながら充電できないという弱点を克服できるので、重宝する方も多いアイテムだと思います。

    ライバルはbeak mag

    本記事でレビューしているMOFTは、間違いなくスマホスタンドの王者です。ただライバルがいない訳ではありません。

    最近登場した「beak mag」は、まさにスマホスタンドのダークホース。

    beak magでiPhoneを縦置き
    スマートな佇まいのbeak mag

    MOFTの通常版と強化版の中間ぐらいの磁力を保ちつつ、41gの軽さを実現しています。デメリットはMOFTより厚みがあるところ。

    beak magの重さ
    スマホスタンドとしては軽い部類

    薄さを重視したいならMOFT(強化版)、軽さを重視したいならbeak magを選ぶのが良いと思います。

    Human Natures
    ¥4,980 (2024/05/28 19:39時点 | Amazon調べ)

    まとめ:MagSafeに対応してスマホスタンドの完成型となったMOFT

    MagSafeでiPhoneの背面にピタッとくっつく「MOFT Snap-On スマホスタンド-Magsafe対応」をレビューしました。

    ◎良いところ
    • スマホに貼り付けなくて良い
    • 取り外しが超簡単!
    • カードが入る
    △気になるところ
    • iPhoneのサイズや重量がup
    • 磁気カードはNG
    • MagSafe非対応のケースやiPhoneでは使えない

    これぞMagSafeアクセサリーの最適解といったアイテムで、iPhone 12シリーズ以降を使っている方にはぜひ試していただきたい製品です。

    従来品のように貼り付けなくていいので、必要に応じてスマホから取り外せるのが魅力的ですよね。

    価格もお手頃なので、筆者は職場用と自宅用で2つ購入してしまいました。

    少なくてもひとつ持っていて損しないアイテムなので、興味がある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

    別モデル:MOFT 七変化マルチスタンド

    MOFT MOVAS™レザーケースと七変化マルチスタンド

    MOFT 七変化マルチスタンド」は、高位置にスマホを固定できるスマホスタンドです。

    本稿でレビューしたSnap-Onスマホスタンドより重いので、常にiPhoneに貼り付けておくのには向きません。

    デスク上だけでの利用やiPhoneとは別々に持ち運ぶ方には、Snap-Onスマホスタンドよりおすすめできるでしょう。

    詳細は関連記事でレビューしていますので、本稿とあわせてご覧ください。

    MOFTをレビュー

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次