PITAKA iPhoneケース レビュー | MagSafe対応のMagEZ Case、薄くて軽いAir Case

PITAKA
本記事について
本記事はPITAKAのiPhoneケース「MagEZ Case」と「Air Case」のレビュー記事です。当記事はメーカーから製品を提供いただき作成しています。金銭提供はなく、筆者が感じたままのレビューになります。

iPhoneケース集めが趣味になりつつあるTaka(@Number84M)です。

日本がiPhone大国ということもあり、Apple純正はもちろん、サードパーティ製のケースもめちゃくちゃ充実してるのも強みのひとつ。

MagSafe対応ケースはまだまだ少ない

iPhone12シリーズに初めて導入された「MagSafe」ですが、まだまだサードパーティ製のiPhoneケースは対応が追いついていないのが現状。

数少ないMagSafe対応ケースから好みのモノを見つけるのは、めちゃくちゃ大変なんですよねえ….。

PITAKA-MagEZ Case

PITAKA MagEZ Case

そこで本記事では、PITAKAのiPhoneケースMagEZ Case」と「Air Case」をレビューしていきます。

MagEZ Case」と「Air Case」の比較表はこんな感じ。

MagEZ Case
  • 100%アラミド繊維
  • 軽量(13g)
  • 薄さ0.85mm
  • メタルプレート内蔵
    (MagSafe対応)
Air Case
  • 100%アラミド繊維
  • 超軽量(7g)
  • 薄さ0.65mm
  • メタルプレートなし
    (MagSafe△)

マグネットを内蔵してMagSafeに対応しているのが「MagEZ Case」。

一方、マグネットさえも取り除き、軽さと薄さを追求しているのが「Air Case」。

PITAKAのiPhoneケース1番の特徴である高級素材の「アラミド繊維」で作られているのは、両モデルに共通しています。

アラミド繊維は、極薄で擦り傷つきずらい色褪せない素材で、軽量かつ高強度高耐久を特徴とています。スーパーカーや宇宙船、飛行機などにも使われている素材です!

つまりアラミド繊維製のiPhoneケースは、よくある耐久性や軽さのどちらかを犠牲にするケースと違って、「軽いのに頑丈」といった夢のようなケース。

 iPhone 12 mini用 PITAKA MagEZ Case レビュー

PITAKA-MagEZ Case

コンパクトで手に馴染む

まずはマグネット内蔵の「MagEZ Case」からレビューしてきます。

開封・内容物

PITAKA MagEZ Case-box

外箱

PITAKA MagEZ Case-box inside

化粧箱は横開き

高級感ある化粧箱が開封をワクワクさせてくれます。

PITAKA MagEZ Case-iPhone 12 mini

内容物

iPhoneケース本体の他に、簡単なカタログやThank youカード、使用用途が分からないシールが同梱されています。

製品仕様/スペック

PITAKA MagEZ Case
重量 13g(実測11g)
薄さ 0.85mm
素材 アラミド繊維
カラバリ 8パターン
価格 約5500円

実測11gとかなり軽量なiPhoneケースで、カラバリが豊富な点も嬉しいポイント。

 

本体の外観と重量

PITAKA MagEZ Case

MagEZ Case iPhone 12 mini

前述しましたが、PITAKA MagEZ Caseは、100%アラミド繊維のiPhoneケースです。

PITAKA MagEZ Case-logo

下部中央にはロゴマーク

PITAKAのメーカーロゴがケース中央の下部に刻印されています。

PITAKA MagEZ Case-naisoku

ケース内側

PITAKA MagEZ Case-naisoku2

MagSafeにも対応!

ケース内側の中央には、「Compatible with PITAKA magnetic mount」と記載されており、マグネットが内蔵されていることが示されています。

たか
この軽さでMagSafe対応は凄い!!

PITAKAのiPhoneケースは、端子やボタン周りがくり抜かれている仕様。

無論ボタンの押しづらさはなく、ハダカ感覚で使えます。

PITAKA MagEZ Case-g

めちゃくちゃ軽いカタログ値は重量13gですが、実測だと11gでした。

ちなみに純正レザーケースが21g、純正シリコンケースが24gなので、iPhoneケースとしてはかなり軽い部類に入りますね。

PITAKA MagEZ CaseをiPhone 12 miniに装着

PITAKA MagEZ Case-iPhone 12 mini

iPhone 12 mini グリーン×MagEZ Case

ケース本体がiPhoneにピッタリで、隙間がほとんどないジャストサイズです。

ケースを付けてもiPhoneがサイズアップしないので、iPhone本来のサイズ感でよく手に馴染みます。

カメラ周りの立ち上がり

PITAKA MagEZ Case-camera

カメラ周り

カメラ周りはきっちり加工されていて、背面を下にして置いてもカメラが接地することはありません

端子・ボタン周りはスッキリ

限界まで軽さを追求してるので、不要なところはくり抜かれています。

ミニマル系のiPhoneケースは、太いLightningケーブルが入らないことも多いけど、これならケーブルを選びません。

ケースをつけたときに操作しずらくなる側面ボタンも、くり抜かれていれば直感的な操作が可能。

くり抜かれていることで強度を心配する方もいますが、頑丈なアラミド繊維だからこそできる設計です。

MagSafeアクセサリーが使える

PITAKA-Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe

Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe

ケース本体にマグネットが内蔵されているので、MagSafe対応の充電スタンドも利用可能。

PITAKA-MOFT

MOFTも使用可能

MagSafeアクセサリーといえば、絶対に外せないのがこちらのMOFT

PITAKA-MOFT2

磁力も十分

MOFTを装着して上から持っても、iPhoneが落ちることはない。

でも体感的には、純正ケースの8割ほどの磁力かなーと感じています。

純正ケースの磁力が強すぎるってのもあるから、このぐらいがちょうど良い気もするかなー。

 iPhone 12 mini用 PITAKA Air Caseレビュー

PITAKA Air Case

ほぼハダカのAir Case

続いてマグネットさえ排除して、極限まで軽さと薄さを追求した「Air Case」をレビューしていきます。

開封・内容物

PITAKA Air Case-box

Air Caseの外箱

MagEZ Caseの外箱とほとんど同じデザインの外箱です。

PITAKA Air Case-box inside

高級感ある化粧箱

冒頭でレビューしたMagEZ Caseもそうですが、iPhoneケースとは思えない高級感。

開封だけでめちゃくちゃワクワクしますね。

PITAKA Air Case-inside

内容物

Air Caseの本体とThank youカード、製品カタログが同梱されています。

MagEZ Caseに同梱されていた用途不明のシールは同梱されていませんでした。

製品仕様/スペック

PITAKA Air Case
重量 7g
薄さ 0.65mm
素材 600Dアラミド繊維
カラバリ なし
価格 約6500円

極薄、極軽のほぼハダカにもかかわらず、精選の600Dアラミド繊維で頑丈にできているのが特徴的。

本体の外観と重量

PITAKA Air Case-design

本体外観

ミニマルかつオシャレなデザインがめちゃくちゃ良いですね。

PITAKA Air Case-design inside

内側

MagEZ Caseのようにマグネットを内蔵していないので、ケース内側のデザインはロゴマークがあるだけでスッキリしています。

端子やスピーカー部分は、PITAKAのiPhoneケース特有のくり抜き仕様。

PITAKA Air Case-7g

衝撃の7g

重さの実測値は、カタログ値通りの7g。

PITAKA Air Case-karui

衝撃の軽さ

手にとってみても、ほとんど重さを感じません。

MagEZ Caseも十分軽かったけど、Air Caseの方が明らかに軽いのが分かります。

PITAKA Air CaseをiPhone 12 miniに装着

Air Case-iPhone 12 mini

PITAKA Air CaseをiPhone 12 miniに装着

かなり精密に作られていて、ピッチピチのジャストサイズ。

サイズアップしないことはもちろん、ケースをつけない状態とほとんど重さが変わらないので、まるでケースをつけていないかのような使い心地。

精密なカメラ周り

PITAKA Air Case-camera

精密なカメラ周り

前述したMagEZ Caseと同様、カメラが接触しないように、レーザー加工による精密なカメラ周りを実現しています。

端子やボタンはくり抜かれている

ボタン周りがくり抜かれているのは、PITAKAの定番スタイルですね。

Lightningケーブルの太さを選ばず使えるし、ボタンの操作性も抜群でオススメ。

MagSafeが使えないわけではない

Air Case-Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafe

ベルキンの充電スタンドを使う

磁力は弱まるものの、ケース本体が0.65mmとめちゃくちゃ薄いので、MagSafeアクセサリーを問題なく使うことが可能。

PITAKA Air case-moft

MOFTも使える!

ご覧の通り、Air CaseでもMOFTが使えます。

とはいっても、体感的にMagSafeの磁力は6割ぐらいに低下しているので、ガンガンMagSafeを使っていきたい人はMagEZ Caseを選びましょう!

MagEZ CaseとAir Caseの比較

PITAKA-iPhone

左:MagEZ Case、右:Air Case

MagEZ CaseとAir Caseを比べてみると、Air Caseの方が繊維が細かいことに気がつきます。

デザインの好みが分かれそうですが、個人的にはPITKAらしさ全開のMagEZ Caseが好みです。

MagEZ Case-Air Case

左:MagEZ Case、右:Air Case

内側の違いは、繊維の細かさとマグネットの有無のみ。

主な違いはこんな感じ。

MagEZ Case
  • 100%アラミド繊維
  • 軽量(13g)
  • 薄さ0.85mm
  • メタルプレート内蔵
    (MagSafe対応)
Air Case
  • 100%アラミド繊維
  • 薄さ0.65mm
  • 超軽量(7g)
  • メタルプレートなし
    (MagSafe△)

 

PITAKA iPhoneケースのおすすめは?

人によってオススメのケースが変わってくるので、以下を参考に選びましょう。

MagEZ Caseがオススメ
  • MagSafeを使いたい
  • それなりに薄くて軽いMagSafeケースを探している
Air Caseがオススメ
  • とにかく薄さと軽さを重視したい
  • MageSafeの磁力は気にしない

アラミド繊維に特有の「薄くて軽い」、「頑丈」というベースを持ちつつ、MagSafeを重視するのか、「さらなる薄さと軽さ」を重視するのかに分かれます。

個人的には、「MagEZ Caseでも十分すぎるほど薄くて軽い」ので、Air CaseよりMagEZ Caseを推したいですね。

なによりMagSafeが便利すぎるので、コレを使わない手はないかと。

まとめ:薄くて軽くて頑丈!PITAKAのiPhoneケース

PITAKA MagEZ Case-iPhone 12 mini

iPhone 12 mini グリーン×MagEZ Case

PITAKAのiPhoneケース「MagEZ Case」、「Air Case」をレビューしました。

薄くて軽いのに頑丈なiPhoneケースは、僕が知る限りではPITAKAだけ。

アラミド繊維のApple WatchバンドやAirPodsケースもリリースされていて、統一感が出せるのもオススメですね。

興味がある方はぜひ検討してみてください。

 

PITAKA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする