【比較レビュー】PITAKA iPhone 15シリーズ用ケース MagEZ Case 4/MagEZ Case Pro 4/MagEZ Case 5

    当ページのリンクには広告が含まれています。
    MagEZ Case Pro 4をレビュー

    iPhoneが毎年進化するように、iPhoneの周辺機器もまた、サードパーティメーカーが毎年しのぎを削りつつ進化しています。

    本稿では、PITAKAiPhone 15シリーズ用ケースとして発売した「MagEZ Case 4」と「MagEZ Case 4 Pro」を送ってもらったので、レビューしていきます。

    PITAKAのiPhoneケース

    PITAKAは、Apple Watchバンド充電スタンドなど、Apple製品の周辺機器を主なラインナップとしているサードパーティメーカー。

    統一感ある製品デザインが特徴的で、Appleユーザーとしては押さえておきたいメーカーです。

    【結論】
    MagEZ Case 4//MagEZ Case 4 Proを使った感想

    MagEZ Case 4:薄くて軽い使用感が最高だが、外しにくいのが難点。

    MagEZ Case 4 Pro:ガッシリした全面保護。重さはあるが、標準モデル以上の高級感。

    MagEZ Case 5:MagEZ Case 4がさらに薄く、さらに軽く進化したモデル。

    記事で紹介しているケースの商品リンク
    PITAKA
    ¥8,499 (2024/02/26 20:51時点 | Amazon調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング
    PITAKA
    ¥8,499 (2024/02/23 10:05時点 | 楽天市場調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング
    PITAKA
    ¥8,999 (2024/02/18 02:24時点 | 楽天市場調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング
    PITAKA
    ¥9,999 (2024/02/27 23:01時点 | Amazon調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング
    目次

    PITAKAのiPhoneケースの特徴:軽くて強いアラミド繊維

    アラミド繊維は、PITAKA製品の代名詞とも言える素材。

    スーパーカーや宇宙船などに採用される素材で、薄くて軽いにも関わらずキズがつきにくい性質を持っています。

    PITAKAのiPhoneケースやApple Watchバンドは、アラミド繊維の採用で「軽くて強い」という常識外れの仕様なのが最大の特徴ですね。

    iPhone 15シリーズ用ケース MagEZ Case 4/MagEZ Case 5

    MagEZ Case 5とMagEZ Case 4の違い(外側)

    MagEZ Case 4とMagEZ Case 5は、コンパクトなサイズ感と使いやすい軽さが魅力的なiPhoneケースです。

    ほぼ裸の使用感でiPhoneを持てるので、ケースをつけていない使用感が好きな方にオススメのモデルですね。

    MagEZ Case 4のデザイン

    MagEZ Case 4には、「通常モデル」、デザイナーとコラボした「StarPeakモデル」がラインナップしています。

    通常モデルは、600D 黒/グレーツイル柄、600D オーバーチュア、600D ラプソディの3カラー。

    StarPeakモデルは、星と山の2カラーです。

    本稿では、通常モデルの600D 黒/グレーツイル柄、StarPeakモデルの星をレビューしていきます。

    こちらがMagEZ Case 4の600D 黒/グレーツイル柄(通常モデル)。

    ブラックを基調とした細かいアラミド繊維が特徴的。

    PITAKAのiPhoneケース「MagEZ Case 4」

    ケースの内側面はこんな感じ。ケース内部にマグネットが内蔵されており、MagSafeアクセサリーに対応しています。

    MagEZ Case 4は、MagSafeに対応

    iPhoneケースとしては最低限の作りで、両側面のボタン周りや上端と下端がくり抜かれています。

    MagEZ Case 4の内側面

    MagEZ Case 4(600D 黒/グレーツイル柄)をiPhone 15 Pro ナチュラルチタニウムに装着してみました。

    MagEZ Case 4を装着
    MagEZ Case 4 × iPhone 15 Pro ナチュラルチタニウム

    両側面のボタン周りは剥き出しになっています。iPhone 15 Proに初めて採用されたアクションボタンの周りも問題なさそうです。

    カメラ周りの立ち上がりも精密です。カメラより微妙に高さがあるので、カメラが床につくことはなさそう。

    ケースの上下部は、ほとんどくり抜かれて剥き出しになっています。

    フォーマルな場面でも使えるシックなデザインだね!

    こちらはStarPeakモデル: 星(MILKY WAY GALAXY)。MILKY WAY GALAXY(日本語訳:天の川銀河)は、太陽系を含む銀河の名称で。StarPeakモデルの星は、天の川を表現したデザインになります。

    StarPeak「星」

    MagSafeに対応している点やケースの内側面のデザインは、通常モデルと変わりありません。

    個人的には、カメラ周りの左右非対称デザインが好みですね。

    MagEZ Case 4の左右非対称なカメラ周り
    通常モデルのカメラ周りも同様のデザインです。

    MagEZ Case 4(StarPeak 星)をiPhone 15 Pro ナチュラルチタニウムに装着してみました。

    MagEZ Case 4(StarPeak)を装着

    ボタンやカメラ周りのフィッティングは、通常モデルと同じですね。

    どちらもデザインとしては好みだけど、剥き出し部分が多くて日常的な小傷が心配かなー。

    MagEZ Case 5のデザイン

    MagEZ Case 5は、Break the Line・Sunset・Moonriseの3カラーとなっています。

    MagEZ Case 5のカラー
    左からBreak the Line・Sunset・Moonrise

    実際に装着してみた様子はこんな感じ。

    3カラーで最もシンプルなのがBreak the Lineでしょう。黄色ラインと横書きのメーカーロゴが特徴的です。

    MagEZ Case Pro 5(Break the Line)をiPhone 15 Proに装着
    Break the Line

    ボタン周りはくり抜かれています。ケースが薄く段差が低いので、ボタンの押しずらさもありません。

    上面と底面(端子/スピーカー周り)まで黄色のラインが来ているのが、オシャレで推したい。

    夕焼けをイメージしてデザインされたSunsetは、色のグラデーションが良い風合いを醸し出してますね。

    MagEZ Case 5(Sunset)
    Sunset

    月が出た光景をイメージしてデザインされたMonnriseは、暗い荒野を着きが照らす様子が表現されていて、落ち着いた色合いになっています。

    MagEZ Case 5(Moonrise)を装着
    Moonrise

    実際に使ってみても、オススメできるiPhoneケースに仕上がっています。どれも個性的でデザイン性も高くて、1モデルに選ぶのが難しいですよね。

    重さとスペックの比較

    MagEZ Case 4の重さが19.3gであるのに対し、MagEZ Case 5ではおよそ5g軽い14.6gに仕上がっています。前者でも完成度が高いケースなんで、MagEZ Case 5の進化には僕も驚きました。

    本製品の重さは、Apple純正シリコーンケース(実測28g)より軽く、CASEFINITEの「フロストエア ウルトラ」と同程度(実測18g)です。

    iPhoneケースの中でも軽い部類に入るよ!

    詳しい仕様の比較
    MagEZ Case 5MagEZ Case 4MagEZ Case Pro 4
    MagSafe対応対応対応
    薄さ0.69mm0.95~1.15mm最大1.65mm
    重量13g18~22g35g
    素材アラミド繊維アラミド繊維アラミド繊維
    TPU
    ナッパレザー
    技術MagSafe SlimBoard™ 2.0MagSafe SlimBoard™ 2.03D成形加工技術
    保護性通常
    くり抜きあり
    通常
    くり抜きあり
    全方位保護
    くり抜きなし

    軽くてコンパクト!手に馴染む使用感

    薄くて軽いケースなので、使っていてよく手に馴染みます。

    MagEZ Case 4の前面

    最小限のサイズアップで使える上に耐久性も兼ね備えているので、コンパクトに使いたい方にはオススメのiPhoneケースでしょう!

    MagSafeアクセサリーを使える!

    マグネット内蔵のiPhoneケースなので、スマホスタンドなどのMagSafeアクセサリーに対応しています。

    MagEZ Case 4とMagSafeアクセサリー

    MagSafeはiPhone 12シリーズで初めて採用されましたが、周りを見渡すと普及しているとは言い難いですよね。

    使ってみると非常に便利なので、本製品のようなMagSafe対応ケースを選ぶに越したことはないでしょう。

    デメリット:日常シーンでの小傷が怖い

    やはり最大のデメリットは、剥き出し部分が多いことによる小傷でしょう。

    アラミド繊維のおかげで耐衝撃性には不安がありません。

    しかし剥き出し部を直接ぶつけたときには、守るものがない。

    特にiPhoneのリセールバリューを考える筆者のようなユーザーには、小さなキズでも避けたいところ。

    PITAKA
    ¥8,499 (2024/02/26 20:51時点 | Amazon調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング
    PITAKA
    ¥8,999 (2024/02/18 02:24時点 | 楽天市場調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング

    iPhone 15シリーズ用ケース MagEZ Case Pro 4

    MagEZ Case Pro 4は、剥き出し部分がなく保護性能が高いiPhoneケースです。

    MagEZ Case Pro 4の外箱

    1500D 黒/グレーツイル柄、600D 黒/グレーツイル柄、1500D 黒/ブルーツイル柄の3カラーがラインナップしています。

    本稿では、1500D 黒/ブルーツイル柄をレビューしていきます。

    ケースのデザイン

    MagEZ Case Pro 4(1500D 黒/ブルーツイル柄)は、600Dより荒いアラミド繊維が特徴的。

    MagEZ Case Pro 4のデザイン1

    ケースの内側面はこんな感じ。MagEZ Case 4と同様にマグネットを内蔵。

    裏地には柔らかいレザー素材が使われていて、MagEZ Case 4より保護力が優れています。

    MagEZ Case Pro 4の内側面

    側面にはTPU素材が採用されており、iPhoneを優しく包み込んでくれます。

    MagEZ Case Pro 4の縁

    iPhoneの全面を保護できるのがGood!

    重さ

    MagEZ Case Pro 4の重量は、実測値で35gでした。

    MagEZ Case Pro 4の重さ

    持ったときはそれほど重さを感じませんでしたが、Apple純正シリコーンケース(28g)よりも重い仕様になっています。

    iPhone 15 Proに装着した様子

    MagEZ Case Pro 4をiPhone 15 Pro ナチュラルチタニウムに装着してみました。

    荒めのアラミド繊維は、柄の存在感があります。1500Dの細かいアラミド繊維も良いですが、こっちもカッコいいですね。

    MagEZ Case Pro 4を装着
    MagEZ Case Pro 4 × iPhone 15 Pro ナチュラルチタニウム

    ボタンには金属素材が採用され、高級感が溢れ出ています。上下左右が覆われているので、日常的な小傷がつく心配もありません。

    カメラ周りは左右非対称のデザインで、MagEZ Case 4と同じ。しっかり立ち上がっているので、カメラが床につくことはありません。

    MagEZ Case Pro 4のカメラ周り
    カメラ周り

    USB-C端子やマイク、スピーカー周りも精密にくり抜かれています。

    MagEZ Case Pro 4の端子周り
    端子周り

    全面保護で保護性能もバッチリ!

    サイズアップは許容範囲

    MagEZ Case 4と比べると、手に持った際に大きく感じます。

    しかし実用性を大きく損ねることはなく、個人的には許容範囲のサイズアップと感じています。

    MagSafeが使える!

    内蔵されているマグネットの磁力が強力なので、iPhoneをMOFTで浮かせて固定しても安定しています。

    MagEZ Case Pro 4でMagSafeを使う
    MagSafeで横向きに浮かせて固定

    iPhoneはMagSafeアクセサリーで真価を発揮するので、これからケースを購入する場合はMagSafe対応モデルを選んでおくことが無難でしょう。

    デメリット:指紋汚れがつきやすい

    MagEZ Case Pro 4の唯一のデメリットは、指紋汚れがつきやすいところ。

    指紋がつきやすいだけでなく、拭いても取れにくいのが厄介。

    指紋汚れが目立つMagEZ Case Pro 4

    とはいっても黒色のiPhoneケースなので、クリアケースよりは指紋汚れが目立ちにくいですね。

    筆者はガジェットが好きすぎて、色んな角度からiPhoneを眺めてニヤニヤする癖があるので、指紋がついていると萎えてしまいますが、マジマジみない人であれば許容できるかもしれません。

    PITAKA
    ¥9,999 (2024/02/27 23:01時点 | Amazon調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング

    他のPITAKA製品との統一感がエグい

    PITAKAはApple製品の周辺機器を幅広く手掛けているので、手持ちのデバイスに統一感を出すことができます。

    PITAKA製品の統一感

    これらの多くには、薄い・軽い・強いの三拍子が揃ったアラミド繊維が使われています。

    統一感を出せるだけでなく、保護力も高められるので非常にオススメです!

    iPhoneの周辺機器では、「MagEZ Grip」というスマホリングも発売されています。

    MagEZ Case 4やMagEZ Case Pro 4との相性は抜群で、スタンドにもなる使用感も魅力的です。

    PITAKAのスマホリングとiPhoneケース

    集め出したら止まらなそう!!

    まとめ:使用感が抜群のMagEZ Case 4、保護力が抜群のMagEZ Case Pro 4

    PITAKAのiPhoneケース

    本稿ではPITAKAのiPhoneケース「MagEZ Case 4」と「MagEZ Case Pro 4」をレビューしてきました。

    軽くて取り回しが良いMagEZ Case 4、少し重いけど保護力ば抜群のMagEZ Case Pro 4。

    どちらも他のPITAKA製品と統一感のあるデザインで、Apple好きには魅力的なアイテムだと思います。

    使用感に対する質問は、コメント欄またはX(@Number84M)までお願いいたします。

    お付き合いいただき、ありがとうございました。

    PITAKA
    ¥8,499 (2024/02/26 20:51時点 | Amazon調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング
    PITAKA
    ¥8,999 (2024/02/18 02:24時点 | 楽天市場調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング
    PITAKA
    ¥8,499 (2024/02/23 10:05時点 | 楽天市場調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング
    PITAKA
    ¥9,999 (2024/02/27 23:01時点 | Amazon調べ)
    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大3%アップ!/
    Yahooショッピング
    MagEZ Case Pro 4をレビュー

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次