【全種比較】PITAKA Apple Watchバンド レビュー | 高級感があるのに軽い使用感!1本持っておきたいおすすめバンド

    当ページのリンクには広告が含まれています。
    Amazonプライムデーサブスク3ヶ月無料キャンペーン
    1. Amazonプライムデー
    2. お得な3ヶ月無料キャンペーン

    PITAKAはApple製品を主とした周辺機器を数多く販売しているサードパーティメーカー。

    当ブログでもApple Watchバンドに限らず、洗練されたiPadスタンドMagSafe対応モバイルバッテリーになる4-in1充電スタンドなどをレビューしてきました。

    Apple製品の周辺機器メーカーなので、もちろんApple Watchバンドも主力製品。

    そこで本稿では、「PITAKA Apple Watchバンド 全種類比較レビュー」を執筆していきます。

    【結論】PITAKAのApple Watchバンドを使った感想

    高級感があるのに、使用感は軽い!

    価格は高めだが、耐久性も折り紙付き。

    筆者の「PITAKA Apple Watchバンド」に対する評価はこんな感じ。

    項目評価
    高級感
    耐久性
    軽さ
    着脱のしやすさ
    通気性
    価格
    ※:スポーツバンドよりは通気性に優れています。

    それでは詳しくレビューしていきます。

    本稿でレビューしているApple Watchバンド
    PITAKA
    ¥9,999 (2024/07/12 06:42時点 | Amazon調べ)
    PITAKA
    ¥15,999 (2024/07/13 02:52時点 | Amazon調べ)
    PitakaDirect
    ¥4,999 (2023/11/19 05:12時点 | 楽天市場調べ)
    目次

    PITAKA Apple Watchバンドの特徴

    PITAKAのApple Watchバンド

    PITAKAのApple Watchバンドには、アラミド繊維カーボンファイバークロマカーボンといった「軽くて強い」素材が採用されています。

    素材の特徴
    • クロマカーボン:アラミド繊維とカーボンファイバーを組み合わせた素材
    • アラミド繊維:スーパーカーや宇宙船などに採用。軽くて薄くて傷つきにくい。
    • カーボンファイバー:航空宇宙分野で採用される高強度な炭素繊維。軽くて強い特徴を持つ。

    重厚感高級感があるデザインにも関わらず、軽い使用感が最大の特徴です。

    重さ:スポーツバンドと同程度に軽い

    サイズ調整前のバンドの重さは、約32gです。

    PITAKAのApple Watchバンド「風花雪月」の重量

    コマひとつあたりの重さは、およそ1g。

    44/45/49mm用の接続パーツから40/41mm用の接続パーツに付け替え、筆者の手首に合うようにサイズ調整(コマを7つ外す)と、24.3gになりました。

    ちなみに41mm用スポーツバンド-S/Mサイズの重さは、おおよそ26gです。

    重厚感あるデザインにも関わらず、スポーツバンドと同程度に軽い。これは驚きですね。

    継ぎ目:独自技術「マグネット式クラスプ」

    バンドの継ぎ目には、PITAKA独自の技術「マグネット式クラスプ」が採用されていて、スムーズに着脱できます。

    PITAKAのマグネット式クラスプ

    継ぎ目部分も厚みが変わらないので、デスクワーク中も気になりません。

    風花雪月(風)をApple Watchに装着

    めちゃくちゃ快適だし、固定力もバッチリ!

    パッケージ内容

    PITAKA Apple Watchバンドの外箱

    PITAKAのApple Watchバンドにおける主なパッケージ内容がこちら。

    • Apple Watchバンド本体
    • サイズ調整用のコマ
    • サイズ調整用のピン
    • Apple Watch接続パーツ(40/41mm用、44/45/49mm用)

    全てのApple Watchに対応し、手首の太さに合わせて長さも調整できるので、買い間違えることはないでしょう。

    PITAKA Apple Watchバンドのラインナップ

    下記にApple Watchバンドのラインナップをまとめました。

    カーボンファイバーウォッチバンドは、名前の通り100%カーボンファイバー製です。

    それ以外の3モデルは、クロマカーボン製のApple Watchバンドになります。

    どのモデルにも共通しているのが、バンドの内側のデザイン。

    PITAKAのApple Watchバンド「風花雪月」の内側面

    ブラックを基調としたアラミド繊維のデザインで、「PITAKA製品といえばコレ」と言っても良いほどのカラーでしょう。

    カーボンファイバーウォッチバンド

    カーボンファイバーウォッチバンド」は、模様違いのモダン/レトロの2モデル展開。

    本稿では、筆者の手元にあるモダンを紹介していきます。

    Apple Watchバンドの内容物
    「カーボンファイバーウォッチバンド」の内容物

    外側面・内側面ともにブラックを基調とした最もシンプルなモデルです。

    フォーマル用途にピッタリのモデルですね!

    PITAKA
    ¥9,999 (2024/07/12 06:42時点 | Amazon調べ)

    Air Case for Apple Watch

    Air Case for Apple Watch」は、カーボンファイバーウォッチバンンドとセットで購入できるオプションケース。

    重さは1g未満で、装着しても重さやサイズがほとんど変わらないのが魅力的。

    600Dアラミド繊維で作られており、薄くて軽くても耐久性が強い特徴を持っています。

    重量は1g未満
    まさかの1g未満!!

    さらにApple Watchのカラーに関わらず、カーボンファイバーウォッチバンドとの統一感が出せてオススメ。

    PITAKAのケースとバンドを装着

    側面からみるとこんな感じ。

    PITAKAのApple Watchアクセサリー(側面)

    実際に手首に巻いてみました。スターライトのApple Watchの印象がガラッと変わりますよね。

    ケースとバンドの統一感がエグくて、めちゃくちゃオシャレですね。仕事ができる男性が身につけていそうなイメージです。

    PITAKA
    ¥4,999 (2024/07/12 06:42時点 | Amazon調べ)

    カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)

    続いて紹介するのは、世界で初めてカーボンファイバーとアラミド繊維を組み合わせたクロマカーボン製バンド「カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)」です。

    PITAKA Apple Watchバンドの外箱

    カーボン繊維の染色できないデメリットを打ち消すために、外側にカラフルなアラミド繊維を採用し、複雑かつ美しいデザインに仕上がっています。

    カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)

    実際にApple Watchに装着した様子がこちら。個人的にはAir Caseがないほうが好みですね。

    「カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)」を手首に巻いてみた様子がこちら。

    カーボンファイバーウォッチバンド(ラプソディ)を巻いてみた様子

    側面からみるとこんな感じ。

    Air Caseと一緒に使うとこんな感じ。

    筆者の好みは、「Air Caseなし」です!

    ドリームランド クロマカーボンウォッチバンド

    ドリームランドクロマカーボンウォッチバンド」は、Mosaicモザイク)とStairsステアーズ)の2モデル。

    他のApple Watchバンドとは異なり、ルービックキューブを同梱しているのが特徴的です。

    PITAKAのルービックキューブ

    バンドはクロマカーボン製(表面:アラミド繊維、内側:カーボンファイバー)で、抽象的なデザインがどこか近未来を想像させます。

    Dreamland ChromaCarbon Band for Apple Watchのカラバリ
    左:Mosaic(モザイク)、右:Stairs(ステアーズ)

    Apple Watchに装着してみた様子がこちら。他のモデルと比べると、かなり個性的なデザインですね。

    ネバーランド ChromaCarbon™製Appleウォッチバンド

    手首に巻いてみると、個性的でありながらも意外とナチュラルにまとまってます。

    独特なデザインを上手くまとめているあたりは流石ですね。

    個人的にはPITAKAのApple Watchバンドの中でも、最も個性が光るバンドだと思います。

    コンセプトもハッキリしていて、時代に合ったモデルでしょう。

    PITAKA
    ¥15,999 (2024/07/13 02:52時点 | Amazon調べ)

    風花雪月 クロマカーボンウォッチバンド

    風花雪月 クロマカーボンウォッチバンド」は、自然をモチーフにしたApple Watchバンドで、月(Moon)風(Wind)の2モデル展開です。

    PITAKA Apple Watchバンド風花雪月の外箱
    左:月(Moon)、右:風(Wind)
    Apple Watchバンド「風花雪月」のカラバリ
    上:風(Wind)、下:月(Moon)

    まずは月(Moon)を装着したApple Watchを手首に巻いてみました。

    ブラックが基調なバンドですが、ブルーやホワイトも入っているので、明るいカラーのApple Watchとの相性も悪くない気がします。

    続いて風(Wind)をApple Watchに装着して手首に巻いてみました。

    Moonより全体的な色味が明るいので、合わせるApple Watchの色味も選ばないでしょう。

    特徴的なデザインですが、ドリームランドより馴染みやすい!

    PitakaDirect
    ¥4,999 (2023/11/19 05:12時点 | 楽天市場調べ)

    PITAKA Apple Watchバンドの選び方

    PITAKAのApple Watchバンド

    PITAKAのApple Watchバンドのラインナップを紹介してきました。

    実際に僕が全てのバンドに触れてみて感じた「PITAKA Apple Watchバンドの選び方」をまとめました。

    ぜひ悩みぬいて自分の使い方に合うバンドを選んでくださいね!

    PITAKA Apple Watchバンドのサイズ調整

    バンドを調整している様子

    メーカー公式サイトでは、Apple Watchバンドのサイズ調整方法について動画で解説されています。

    動画では簡単そうにサイズを調整していますが、実際にやってみると動画通りにはいきません。

    そこで手先が不器用な筆者でも、簡単にサイズを調整できる方法を生み出したので紹介します。

    メーカー公式による動画はこちら

    バンドのサイズを簡単に調整する方法

    手先が不器用な筆者が生み出した「PITAKA Apple Watchバンド」のサイズ調整の極意です。

    STEP
    調整用ピンを外したいコマに軽く入れる

    ピンを押し込みすぎないように注意しましょう。バンドの内側面を上にするとやりやすいです。

    調整用ピンを軽く挿し込む
    左から4つのコマを外します
    STEP
    バンドを横にして、両手で持つ

    左手は親指と人差し指、右手は親指と中指で持ちます。

    バンドを両手で持つ
    STEP
    上端:両端を押し下げる、下端:ピンの真下を押し上げる

    親指、左手の人差し指、右手の中指で矢印の方向に力を加えます。

    バンドに力を加える
    STEP
    STEP 3の状態を保ちつつ、ピンを挿し込む
    サイズ調整用ピンを挿し込む

    下図のように、隙間ができればOK!

    調整用ピンを挿し込んで隙間を作る
    STEP
    ピンを対側に挿し込み、コマを外す

    ピンが手先の前方に飛びやすいので、気をつけながら作業します。

    対側にピンを挿し込む
    対側にピンを挿し込みます
    コマを外します
    コマが外れます

    筆者のように手先に自信がない方やサイズ調整に難渋している方は、ぜひこの方法を試してみてください!

    PITAKA Apple Watchバンドのデメリット

    デザイン性に優れ、使用感と強度を両立しているApple Watchバンドで、大きなデメリットはありません。

    唯一デメリットを挙げるとすれば、Apple Watchとの接続パーツの色がブラックのみなところですかね。

    接続パーツはブラックのみ

    シルバー系のApple Watchと合わせた違和感が気になる方もいるでしょう。

    風花雪月(風)をApple Watchに装着

    PITAKAは黒をメインカラーとするメーカーだし、致し方ないでしょう。

    どうしても接続部の違和感が気になる方は、前述したAir CaseでApple Watch側のカラーを変えることを検討してみてください。

    PITAKA Apple Watchバンドに対するQ&A

    PITAKAの公式サイトに掲載されている「よくある質問」とその回答を示しておきます。

    ウォッチバンドは防水仕様ですか?

    カーボンファイバーは防水性があります。しかし、バンドを液体に浸すことはお勧めしません。バンド内部にはステンレススチールが入っており、海水によってステンレススチールのピンが経年劣化する可能性があります。

    Apple Watchのマグネットバンドは、スマートウォッチに影響しませんか?

    マグネットはストラップのコネクター部分にしかないので、Apple Watchの動作に影響を与えることはありません。

    カーボンファイバーバンドは100%純粋なカーボンファイバーですか?

    Apple Watchのバンドはすべて炭素繊維で作られているわけではありません。 その表面はアラミド繊維で構成され、残りは炭素繊維で作られています。 さらに、スプリングバー、マグネットクラスプ、コネクターは金属製です。

    まとめ:PITAKA Apple Watchバンドの良い点と気になる点

    記事の最後にPITAKAのApple Watchバンドにおけるメリットデメリットをまとめておきます。

    • 重厚感(高級感)と使用感を両立
    • 軽さと強度を両立
    • 取り外しがスムーズ
    • デスクワーク中も継ぎ目が気にならない
    • ラインナップが豊富
    • Apple Watchの全モデルに対応
    • 自分で長さを調整できる

    同メーカーのiPhoneケースやiPadケースと合わせることで、Apple製品の統一感を高めることもできます。

    ちょっぴり価格が高いのが難点ですが、1本持つ価値はあると思います。

    もし皆さんのオススメのApple Watchバンドがあれば、ぜひコメント欄で教えてください!

    それではまた次回の記事でお会いしましょう。

    本稿でレビューしているApple Watchバンド
    PITAKA
    ¥9,999 (2024/07/12 06:42時点 | Amazon調べ)
    PITAKA
    ¥15,999 (2024/07/13 02:52時点 | Amazon調べ)
    PitakaDirect
    ¥4,999 (2023/11/19 05:12時点 | 楽天市場調べ)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次