【PITAKA MagEZ Case 5 レビュー】耐久性があって薄くて軽いiPhoneケースがアップデート

    当ページのリンクには広告が含まれています。
    PITAKA MagEZ Case 5をレビュー
    Amazonプライムデーサブスク3ヶ月無料キャンペーン
    1. Amazonプライムデー
    2. お得な3ヶ月無料キャンペーン

    PITAKAは、iPhoneやApple WatchなどのApple製品における周辺機器を作っているサードパーティーメーカーです。優れた耐久性をもつ「アラミド繊維」をiPhoneケースApple Watchバンドに採用し、薄くて軽いのに高耐久なアクセサリーを実現しています。

    PITAKAのiPhone 15シリーズ用iPhoneケースは、すでに薄くて軽くて高耐久なMagEZ Case 4、より耐久性があるMagEZ Case 4 Proがリリースされています。

    本稿では、MagEZ Case 4の後継モデル「MagEZ Case 5」のレビュー記事を執筆していきます。iPhone 15シリーズにオススメのiPhoneケースのひとつで、僕自身も重宝しているモデルです。

    iPhone 15 Proシリーズ用 MagEZ Case 5
    総合評価
    ( 4 )
    メリット
    • MagEZ Case 4がさらに薄くて軽くなった
    • 耐久性が高い
    • MagSafeに対応
    • コンパクトなサイズ
    • 他のアイテムとの統一感が出せる
    デメリット
    • 外しにくいときがある
    • 全面保護ではない
    • 価格が高い

    提供:PITAKA

    ※記事の内容に対して、メーカーの関与はありません。

    PITAKA
    ¥8,499 (2024/05/23 15:37時点 | 楽天市場調べ)
    目次

    PITAKA MagEZ Case 5のデザイン

    MagEZ Case 5には、Break the Line・Sunset(サンセット)・Moonrise(ムーンライズ)の3色がラインナップ。SunsetとMoonriseは、iPhone 14 ProシリーズのMagEZ Case 3で限定登場して人気を集めました。復活を待ち望む声に応えるかのように、MagEZ Case 5で再登場してきました。

    MagEZ Case 5の外箱
    MagEZ Case 5の外箱

    こちらが開封したMagEZ Case 5の3カラー。どれも個性的で、他メーカーにはないデザイン性が特徴的です。

    MagEZ Case 5のカラー
    左からBreak the Line・Sunset・Moonrise

    Break the Lineは、3色のうち最もシンプルですが、黄色ラインや縦に配置されるメーカーロゴがオシャレに感じます。

    MagEZ Case 5のBreak the Line
    Break the Line

    夕焼けをイメージしたSunsetは、派手なカラーが芸術的にまとまっています。地平線が赤く染まる光景をうまく表現していますね。

    MagEZ Case 5のSunset
    Sunset

    月が出てきた光景をイメージしたMoonriseは、暗い荒野を月が照らす様子を表現されています。カラーのグラデーションが素敵で、幻想的なデザインに仕上がっています。

    MagEZ Case 5のMoonrise
    Moonrise

    どのカラーも魅力的で選びきれんな。

    PITAKA MagEZ Case 4(前モデル)との比較

    MagEZ Case 4(写真左)からの進化点は、耐久性を維持しつつ、さらに薄くて軽くなったところ。MagEZ Case 4でさえ20gを切っていますが、MagEZ Case 5ではさらに5g軽くなっています。

    ケースの薄さは、0.95〜1.15mm(MagEZ Case 4)から0.69mm(MagEZ Case 5)となったよう。1mm以内の変化なので、「正直分からないかな?」と思いましたが、たしかにMagEZ Case 5のほうが薄くなっているのが分かります。

    MagEZ Case 5の持った感じ
    さらに薄く、さらに軽くなったMagEZ Case 5

    薄さと軽さがアップグレードできた要因は、PITAKAが新開発した透明のマグネットリングにあるようです。

    MagEZ Case 5とMagEZ Case 4の違い(内側)
    左:MagEZ Case 5、右:MagEZ Case 4
    詳しい仕様の比較
    MagEZ Case 5MagEZ Case 4MagEZ Case Pro 4
    MagSafe対応対応対応
    薄さ0.69mm0.95~1.15mm最大1.65mm
    重量13g18~22g35g
    素材アラミド繊維アラミド繊維アラミド繊維
    TPU
    ナッパレザー
    技術MagSafe SlimBoard™ 2.0MagSafe SlimBoard™ 2.03D成形加工技術
    保護性通常
    くり抜きあり
    通常
    くり抜きあり
    全方位保護
    くり抜きなし

    小さくない進化が確かにある!

    iPhone 15 ProにMagEZ Case 5を装着してみた

    まずはBreak the LineをiPhone 15 Pro ナチュラルチタニウムに装着してみます。

    1本線が良いアクセントになっていてカッコイイ。色が少なくて落ち着いた印象があり、ビジネスシーンでも使えるデザインです。

    MagEZ Case Pro 5(Break the Line)をiPhone 15 Proに装着

    ボタン周りはくり抜かれています。ケースが薄く段差が低いので、ボタンの押しずらさもありません。

    上面と底面(端子/スピーカー周り)まで黄色のラインが来ているのが、オシャレで推したい。

    続いてiPhone 15 ProにMagEZ Case 5のSunsetを装着してみます。

    やはりSunsetのグラデーションが最高に格好良い………!!

    MagEZ Case 5(Sunset)

    いろんな角度からみてみます。背面だけでなく、側面まで模様が来ているのがオシャレにみえますね。

    最後にMagEZ Case 5のMoonriseを装着してみます。

    オシャレかつ落ち着いた色合いで、最も人気がでそうなモデルです。

    MagEZ Case 5(Moonrise)を装着

    どの角度からみても独創的なデザインが光りますね。

    カメラ周りの立ち上がりも正確で、設置面にカメラがつかないように設計されています。

    MagEZ Case 5のカメラ周り

    カメラ周囲はアルミニウム合金からアラミド繊維に変更されるようです。

    MagEZ Case 5の使用感

    本製品を1ヶ月ほど使って分かった使用感をまとめてみました。

    • 手に馴染むコンパクトなサイズ感
    • MagSafeを重宝する
    • ほかの周辺機器と統一感がでる
    • くり抜き部分の小傷が怖い
    • 外すのが大変

    僕がMagEZ Case 5に抱いた印象はこんな感じ。ひとつずつ詳しく紹介していきますね。

    手に馴染むコンパクトなサイズ感

    MagEZ Case 5(ムーンライズ)をiPhone 15 Proに装着

    薄さと軽さは、MagEZ Case 5にとって最大の特徴。ケースを装着していても、まるでケースをつけていないかのようなサイズ感を楽しむことができます。僕が好んで使っている他のケース(ファインウーブンケースフロストエア ウルトラ)もコンパクトなサイズ感ですが、MagEZ Case 5ほど薄いケースは見当たりません。

    ポケットへの収まりもよく、とても使いやすいサイズのケースだと思います。

    やっぱりMagSafeは大事!

    MagSafeアクセサリーには実用的なアイテムが多い。カードウォレットスマホスタンドスマホリングなどを簡単につけ外しでき、iPhoneユーザーならコレを活用しない手はありません。

    MagSafeアクセサリーたち

    マグネットの磁力も十分で、MagSafeアクセサリーの使用中にiPhoneが落下することもなく、安全に使えていました。

    PITAKAのiPhoneケースはMagSafeが使える
    MagSafe対応スマホスタンド

    現時点でMagSafeアクセサリーを使っていない方も、今後のためにMagSafe対応のiPhoneケースを選んでおいた方が良いでしょう。

    他の周辺機器と統一感がでる!

    PITAKAはiPhoneケースだけでなく、Apple WatchバンドやAirPodsケースなどもリリースしています。iPhoneケースと同様にアラミド繊維が使われているので、一緒に使うことで統一感がでます。

    PITAKAの周辺機器

    今までは黒メインの周辺機器が多かったPITAKAですが、最近になってMagEZ Case 5のSunsetやMoonriseのようなデザイン性が豊かなアイテムが増えてきました。より遊び心をもって周辺機器を選べるし、素材の統一感もでるし、どうしても揃えたくなってしまいます………!!

    くりぬき部分の小傷が怖い

    MagEZ Case 5は、上下左右でiPhoneが剥き出しになる部分があります。ぶつけ方によっては、iPhoneにキズが入ることもあるので、注意が必要でしょう。

    MagEZ Case 5(Moonrise)の上面

    前モデルのMagEZ Case 4と比べると、くり抜かれている部分がわずかに狭くなっていました。保護される面積がすこし広がったので、嬉しいアップデートです。

    くり抜き部分の比較1
    MagEZ Case 4(下)のほうが、ボタン周りの面積が広い
    くりぬき部の比較
    上面、下面も保護領域が広がっている。

    くり抜きがない全方位保護モデル(MagEZ Case 4 Pro)もありますが、30gを超えてしまうため迷いどろこ。

    ピッタリすぎるケースなので、全方位保護は難しいか。

    外すのが大変

    PITAKAのiPhoneケース

    MagEZ Caseシリーズにおける最大のデメリットだと思います。iPhoneにピッタリのサイズに設計されているので、慣れていても外すのが大変なことがあります。

    そもそも僕のようにiPhoneケースを頻繁につけ外しする方は少数派なので、多くの方には関係ないでしょう。とはいえ、もうすこし外しやすくなってくれると嬉しいんだけどな……..。

    まとめ:さらに薄く、さらに軽くなったMagEZ Case 5

    本記事では、PITAKAの進化したiPhoneケース「MagEZ Case 5」をレビューしてきました。記事の最後に本製品の特徴を振り返っておきます。

    • 前モデルより、さらに薄く、さらに軽くなった
    • アラミド繊維で高耐久を実現
    • MagSafeに対応
    • 手に馴染むコンパクトなサイズ感
    • 他の周辺機器と統一感が出る

    PITAKAの近未来感があるデザインも、他のメーカーにない魅力でしょう。個人的にPITAKA製のiPhoneケースの中では、今までで最も気に入ったモデルになりました。

    値段の高さが気になりますが、パフォーマンスが高く、購入を検討しても良いと思います。

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    PITAKA
    ¥8,499 (2024/05/23 15:37時点 | 楽天市場調べ)
    PITAKA MagEZ Case 5をレビュー

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次