Apple Watch

【Apple Watchを保護】自動車メーカーのガラスコーティング

Apple Watchをコーティング

Apple Watchは裸族でしょ!

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。
iPhoneやiPadは、当然のように保護フィルムとケースで本体を保持する人が多いと思います。
でもApple Watchを保護する方法は、迷いどこなんですよね。
僕も今までケースやフィルムをいくつか試してきました。
でもケースをつけるとゴツくなり、フィルムを貼っても割れたりはがれたりと寿命は短い…..。
完全に詰んでたので、一か八かの思いで裸で使うことにしました。

でも完全に裸じゃ心配ですよね?
そこで今回の記事では、Apple Watchを裸で使いつつ保護できるアイテムを購入したので紹介していきます。

ガラスコーティング

ガラスコーティング今回紹介するのは、スマートウォッチ専用のガラスコーティング剤
液体を塗ってコーティングすることで、ディスプレイ強度をあげられる製品ですね、CarZootという自動車製品を扱うメーカーなので、めちゃめちゃ信頼してます。笑

以前紹介したスマホ用ガラスコーティング剤のスマートウォッチ版ですね。
効果については、身を持って実証済み。
詳しくは参考記事をご覧くださいませ。

 

コーティング-Apple Watch早速Apple Watchにコーティング剤を垂らしていいきます。
これをしっかり塗り込んで、拭き取るだけ。

 

 

見た目は変化なし

見た目は変化なし左がコーティングしたApple Watch Series 4、右がコーティングしてないApple Watch SE。
ぱっと見だと全く分かりませんね。
コーティングしたSeries 4のほうがツルツルしてるかなーぐらい。




 

効果はありそう

僕はスマホ用のコーティング剤でApple Watch Series 4をコーティングし、裸で1年近く使ってます。
写真じゃ分からない細かい傷がついてはいるものの、裸で使ってる割にはかなり良い状態。
さすがカーコーティングを扱ってるメーカーだけある。

 

 

iPhoneにも

iPhoneも2台のApple Watchを2-3回ずつコーティングしてもコーティング剤が余ったので、ついでにiPhoneの背面もコーティングしておきました。




効果は半永久

一度コーティングしてしまえば、半永久的に効果が続くとのこと。
フィルムを買い替える必要がなく、コーティングの方がむしろコスパが高いですね。

とはいえコーティング剤は多めに入ってるので、何かの端末を買い替えてコーティング剤をリピートするタイミングでコーティング済みの端末も一緒にコーティングしなおせますよ。

 

 

まとめ

ガラスコーティング-Apple Watchスマートウォッチ用のガラスコーティング剤を紹介しました。
カーコーティングの技術が応用されてるので、かなり信頼性は高いですね。

興味がある方は、ぜひ検討してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このWebサイトでは、MacやiPhoneなどのガジェット情報や生活を豊かにする拘りのモノ情報を発信しています。
SNS(TwitterInstagramFacebook)も日々更新していますので、よければフォローをお願いします。

ABOUT ME
Taka
月間4万人が読むWebメディア『Number84』の編集長 / Apple製品の使いこなし方・生活を豊かにするモノ情報を発信 / シンプルな待ち受けを毎月無料で配布 / 趣味は『作業効率の追求と植物の育成』 / 29歳の医学部大学院生 / 御依頼は気軽にDMまで /

おトクに購入するならAmazonギフト券!

ちょっとでも安く購入したい人は、最大で2.5%のポイント還元が受けられるAmazonギフト券がオススメ。

クレジットカードからAmazonギフト券を購入した場合でも、0.5%のポイントが還元されます。

ギフト券を購入する一手間をかけるだけで、0.5〜2.5%引きになる裏技です。
これを使わない手はないかと。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です