Life topics

革小物を手入れしよう

今日もブログを見てくれてありがとうございます。
Number84編集長のTAKA(@Number84M)です。

僕は、身の回りのモノを厳選するようにしている。より愛着を持てる大好きなモノに囲まれて生活しているだけで、幸せな気分になるため、自分が常に触れ合うモノには、拘りを持っている。

特に革製品は、経年変化を楽しめるので次第に愛着が強くなり、好んで使っている。

革小物上図のように同じ色の革製品を集めると、統一感があり、気分があがる。

このような革製品は、水濡れに弱く非常にデリケートである。そのため、革製品を綺麗に育てるには、日々の手入れが欠かせない。
手入れの頻度は、2-3週の頻度が推奨されている。この記事では、実際に筆者が行っている革製品の手入れの方法について紹介していく。

 

手入れの手順

Step1:ブラッシング

先ず手入れする製品を軽くブラッシングして埃を落としておく。ブラシを推奨するが、持っていなければ軽く埃をとるだけでも違うだろう。

Step2:栄養クリーム

PRESSo育成次に栄養クリームを塗っていく。使用する栄養クリームは、コロニルの1909だ。
1909の特徴は、革への浸透力が非常に高いことである。バランスよく保革、栄養効果、柔軟性を与えることが出来る。筆者は、カラーレスを使っている。

革製品の手入れ指で塗るのも悪くないが、ムラが出ず、全体にまんべんなく塗るために、布を使って塗っていく。

 

 

Step3:ワックス

ラナパー最後にレザーワックスを塗って仕上げていく。筆者は、無色無臭のラナパーを使っている。祖父や母が愛用していたワックスであり、筆者もラナパーを使うようになった。

ラナパーはドイツ生まれの天然100%のレザーケアー用ワックスだ。主成分は天然の密ロウ(蜜蜂の分泌物)とホホバ(ツゲ科の植物)からしぼった油である。ラナパーは、表面を覆って水分やゆぶんが抜けるのを防いでくれる。塗りすぎないようにスポンジや布を使って塗ることをお勧めする。

ラナパーこれをまんべんなく塗って仕上げをして完成だ。

 

 

created by Rinker
¥3,300
(2020/10/19 18:35:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

手入れ後

手入れをした革小物の写真を紹介する。

革手入れ筆者が使っている株式会社dripのiPadケースだ。経年変化が出やすい熟成レザーを使っている。手入れ後の質感や艶は、非常に美しい。

革製品の手入れiPhoneケース、財布(PRESSo)、小銭入れ(CHIP)も素晴らしい艶が出ている。財布や小銭入れの詳細は、以前記事にしたので御参照いただきたい。

 

 

まとめ

革製品の手入れについて紹介した。筆者は、革製品のスペシャリストではなく、細かいところまで手入れし切れていないかもしれない。しかし自分が持つモノには、最大限の感謝をしたい。この手入れの過程は、ひとつひとつのモノと改めて触れ合う時間にもなる。この手入れをする時間は、モノに感謝すると同時にモノを大切にしていく上で、非常に重要であると考えている。

これからもモノに対する感謝の気持ちを忘れずに、定期的に手入れをしていきたい。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です