SwitchBotおすすめデバイス3選!スマートホーム初心者にオススメ。これからIoT化を始めるならコレを買おう

    当ページのリンクには広告が含まれています。
    スマートホーム初心者にオススメのSwitchBotデバイス3選

    「複雑で難しそう……..。」と近づきにくいスマートホームですが、実はIoTデバイスを使えば賃貸でも気軽にスマートホーム化できちゃいます。そもそもスマートホームは、「IoTやAIなどの技術で住宅設備を管理するシステム」のことを指します。この記事を読んでいるあなたも、IoTAIといった単語は最近よく耳にしていることでしょう。

    そこで本稿ではスマートホームの先駆者「SwitchBotスイッチボット)」のオススメIoTデバイスを3つに厳選して紹介していきます。

    まず買うべきスマートホーム製品3選!
    • SwitchBotハブミニ / ハブ2
      • SwitchBotスマートホームには不可欠。
      • スマートリモコンとハブを搭載!
    • SwitchBotスマートロック
      • 指紋やパスワードで玄関の鍵を開ける
      • 外出先から鍵の状態を確認できる
    • SwitchBotカーテン
      • スマホやボタンでカーテンを開閉
      • スケジュール設定で完全自動化を実現

    SwitchBot製品は、Amazonブラックフライデーの対象になっているので、ぜひチェックしてみてください!

    生活を激変しこれからスマートホームを始める方今よりもっとIoTデバイスを使いこなしたい方に、本記事が届くことを願って執筆していきます。

    目次

    スマートホームメーカー「SwitchBot(スイッチボット)」

    SwitchBotは2015年に設立されたスマートホームメーカー。ラインナップが豊富なIoTデバイスが特徴で、今ある家電を自動化したり、スマホで操作したりできるようになります。

    2018年に日本・アメリカ・ヨーロッパに進出し、2021年には国際的なデザインアワードを複数受賞するようになったSwitchBotは、2022年に日本での累計販売台数が200万台を突破するほど大ヒットしています。

    SwitchBotの歴史
    SwitchBotの歴史
    出典:SwitchBot

    最近は家電量販店でも見かけるよね!

    最初に買うべきアイテム:SwitchBotハブミニ/ハブ2

    SwitchBot製品の中でも最もオススメしたいのが「ハブミニ」と「ハブ2」です。スマートホームの中心になるアイテムで、まず購入すべきアイテムでしょう。

    初めてスマートホームを導入するならハブミニがおすすめ!2台を同時に購入する必要はありません。

    スイッチボット(SwitchBot)
    ¥5,339 (2024/06/13 19:04時点 | Amazon調べ)
    スイッチボット(SwitchBot)
    ¥8,980 (2024/06/16 11:22時点 | Amazon調べ)

    ハブミニとハブ2の選び方

    ハブミニとハブ2の比較表を作成したので、ご覧くださいませ。

    スクロールできます
    SwitchBotハブ2SwitchBotハブミニ
    ポイント高性能の4-in-1
    究極のスマートリモコン
    手軽にスマート化
    コスパ◎のスマートリモコン
    温湿度センサー
    照度センサー
    スマートボタン
    スマートアラート
    スマートリモコン
    ハブ機能
    ローカル操作
    GPS連動
    シーン機能
    Matter対応
    操作方法スマホ/音声/Apple Watchスマホ/音声/Apple Watch
    オートメーションスケジュール/GPS
    温度/湿度/照度
    スケジュール/GPS
    サードパーティAlexa/Google assistant
    Siri Shortcut/IFTTT
    Alexa/Google assistant
    Siri Shortcut/IFTTT
    ハブミニとハブ2の比較表

    ハブミニの位置付けは、必要な機能だけが搭載された「ちょうどいいスマートリモコン」であるのに対し、ハブ2の位置付けは、より高いレベルで部屋を管理できる「究極のスマートリモコン」です。

    • スマートリモコンとハブ機能があればOK → ハブミニがおすすめ!
    • 部屋の環境も測定したい → ハブ2がおすすめ!

    それぞれの共通点と違いについて解説していきますね。

    これからスマートホームを始めるなら、ハブミニがおすすめ!

    ハブミニとハブ2の共通点:スマートリモコン

    ハブミニとハブ2における最大の特徴は、スマートリモコンです。

    スマートリモコンとは?

    赤外線リモコンを記憶させ、

    スマホでリモコン操作を可能とするアイテム

    実際にハブミニに取り込んだTVと照明のリモコンはこんな感じ。リモコンの使用感をそのまま残しつつ、スマホで操作できるのが魅力的ですね。

    リモコンのボタンをショートカットにして、ホーム画面に設置することも可能です。

    スマートリモコンのショートカット
    ホーム画面からワンタップでリモコンを操作

    僕は照明のリモコンをホーム画面に設置してます!

    ハブミニとハブ2の共通点:ハブ機能

    ハブミニとハブ2は、名前の通り「ハブ機能」が搭載されています。

    ハブ機能のイメージ
    出典:SwitchBot
    ハブ機能とは?

    外出先からSwitchBot製品を遠隔操作する機能

    SwitchBotデバイスとスマホがBluetooth圏外(外出時など)にある場合、下記の流れで遠隔操作することになります。

    1. インターネットを介して、スマホからハブミニまたはハブ2に指令を出す
    2. ハブ2・ハブミニがSwitchBot製品にBluetooth信号を出す
    3. SwitchBot製品が動作する

    つまりハブミニやハブ2は、SwitchBotスマートホームの司令塔になります!SwitchBot製品を使う上では、なくてはなならいアイテムなんですよね。

    ハブ2だけの機能:温湿度センサー、照度センサーを搭載

    SwitchBotハブ2には、温度と湿度が映し出されるディスプレイが搭載されています。

    SwitchBotハブ2の電源をON
    温度や湿度が表示される

    アプリからも部屋の環境を確認できるので、赤ちゃんやペットがいる御家庭では特に重宝するでしょう。

    書斎をスマートホーム化
    部屋の温度と湿度が表示される

    ハブ2だけの機能:スマートボタン

    ハブ2の本体には、設定したアクションを実行できる「スマートボタン」を2つ搭載しています。ボタンひとつで複数のアクション(例えば、照明とエアコンを同時に起動)を実行できます。

    SwitchBotハブ2のスマートボタン
    本体のボタンを押すだけでSwitchBot製品やスマートリモコンが使える!

    アプリを開く必要もなく、より直感的に使えるのでとても便利ですね。

    ハブ2だけの機能:Matter対応

    SwitchBotハブ2は、スマートホームの共通規格であるMatterに対応しています。

    Matterとは?

    AppleやAmazon、Googleをはじめとする約300社が参加する無線通信規格標準化団体(CSA:Connectivity Standards Alliance)が策定したスマートホームの共通規格です。

    Matterに対応した製品は、メーカーやプラットフォームの枠を超えてシームレスな通信が可能となります。

    異なるメーカーのスマートホーム製品が互換性を持つので、より安全より便利なスマートホームを構築できます。

    Matterに対応した製品は、Apple純正の「ホームアプリ」での操作が可能。

    今まで日の目を見なかったホームアプリがようやく活躍する時がきましたね!

    迷ったらハブミニでOKだよ!

    スイッチボット(SwitchBot)
    ¥5,339 (2024/06/13 19:04時点 | Amazon調べ)
    スイッチボット(SwitchBot)
    ¥8,980 (2024/06/16 11:22時点 | Amazon調べ)

    鍵を持ち運ばない生活を:SwitchBotスマートロック

    ハブミニ・ハブ2に続いてオススメしたいアイテムは、指紋やパスワードで鍵を開けられるようになるスマートロック

    スイッチボット スマートロック 指紋認証パッド
    スマートロック、指紋認証パッド

    本体が鍵をつかんで自動で動く仕組みで、アプリに加えて指紋やパスワードでも解錠できるようになります。

    スマートロックを玄関の中、指紋認証パッドを玄関の外に設置します。

    綺麗に取り外せる両面テープで取り付け。賃貸でも安心です!

    鍵の施錠や解錠がワンタッチなので、めちゃくちゃ快適になります!

    指紋で鍵を開ける

    前述したハブミニやハブ2があれば、鍵の状態を外出先から確認できます。万が一、鍵をかけ忘れても外出先から施錠が可能です。

    アプリでスマートロックの状況を確認
    鍵の状態をアプリで確認

    一軒家の我が家でもめちゃくちゃ重宝しているアイテムです。スマートホームの恩恵としても分かりやすいので、ぜひ導入を検討してみてください!

    スイッチボット(SwitchBot)
    ¥17,082 (2024/06/18 10:04時点 | Amazon調べ)

    毎日をちょっと優雅に:SwitchBot カーテン3

    SwitchBot カーテン3は、毎日のカーテンの開け閉めを完全自動化してくれるアイテム

    SwitchBotカーテン3の外箱
    SwitchBotカーテン3

    カーテンレールに取り付けて、上からカーテンをかけるので、デバイスが目立つことなく使えます。

    SwitchBot curtain-setting
    上からカーテンを被せる仕様
    写真はカーテン2

    カーテンが開く時間と閉じる時間をスケジュールとして設定できます。

    カーテンが自動で開閉する近未来感が最高なので、ぜひ試してほしいIoTデバイスです。

    スイッチボット(SwitchBot)
    ¥8,082 (2024/06/18 10:04時点 | Amazon調べ)

    まとめ:スマートホームデビューにおすすめのIoT製品3選!

    「これからスマートホーム化する方に最適なSwitchBotデバイス3選」を紹介してきました。

    まず買うべきスマートホーム製品3選!
    • SwitchBotハブミニ / ハブ2
      • SwitchBotスマートホームには不可欠。
      • スマートリモコンとハブを搭載!
    • SwitchBotスマートロック
      • 指紋やパスワードで玄関の鍵を開ける
      • 外出先から鍵の状態を確認できる
    • SwitchBotカーテン
      • スマホやボタンでカーテンを開閉
      • スケジュール設定で完全自動化を実現

    どれのアイテムもスマートホームデビューにはピッタリなので、ぜひ検討してみてくださいね!

    関連記事では「賃貸アパートでもできるスマートホーム化」について、筆者の自宅環境を例に挙げつつを紹介しています。本稿とあわせてご覧くださいませ。

    スマートホーム初心者にオススメのSwitchBotデバイス3選

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次