Life topics

【賃貸でスマートホーム】SwitchBotでリモコンをなくす

【賃貸でスマートホーム】Switchbotでリモコンをなくす

賃貸でもスマートホームを。

Number84を読んでくれてありがとうございます。Taka(@Number84M)です。

スマートホーム

ここ数年で急激に普及したワードですね。
今回の記事では、そんな「スマートホーム」にまつわる話。

賃貸でもスマートホーム化できる便利アイテムを紹介していきます。

SwitchBot Hub mini

Switchbot Hub mini今回紹介するのは、SwitchBotの「SwitchBot ハブミニ」というスマートリモコン。

簡単にいうと、コイツに赤外線リモコンを登録して、
スマホや声で家電を操作できるようになりますよ。」
ってやつ。
今回はメーカーから製品を提供いただき、紹介していきます。

価格も手頃でサクッとリモコンレスを実現できるので、スマートホーム導入にはちょうど良いアイテムかと思います。

Switchbot Hub mini本体はこんな感じ。よ〜く見ると、SwitchBotの刻印があります。
真っ白でミニマルなデザインですね。

Switchbot Hub mini背面には、壁につるすためのクボみがあります。
がびょうで壁に固定して使う感じですね。

Switchbot Hub mini今回は、リモコンで操作する家電が多いリビングに配置。
コイツがそのままリモコンとして機能するので、赤外線信号を遮るモノがない壁の上部に配置しました。




SwitchBot ハブミニにリモコンを登録!アプリで家電を操作

専用アプリを使って、早速リモコンを登録していきます。
リモコンの登録はめちゃめちゃシンプルです。
家電を選んで、本体に向かってリモコンを押すだけ。

対応する型番の候補がいくつかでてくるので、テストしながら正常に動作するリモコンを選んで登録完了です。

今回は照明・エアコン・テレビを登録。
シンプルなUIで、リモコンがそのままアプリに入った感じです。
ボタンをタップすると、振動で触覚フィードバックがあるのも良いですね。

これでアプリから家電を操作できるようになります。

 

 

ショートカットを作り、家電を操作する

アプリから家電を操作してもいいんですが、音声やショートカットと一緒に使うことで、初めて真価を発揮します。

ただこのショートカットを作るのが結構めんどい
ショートカットとして実行したい操作をそれぞれ「シーン」として登録する作業が必要。

シーンを追加し、「手動実行」→「アクション設定」→「クラウドサービス」→「Siri」へと進みます。
最後に「Siriに追加」をタップすることで、ショートカットが完成です。

テレビをつける(消す)、ライトをつける(消す)…etc, こんな感じで操作ごとにショートカットを作成しないといけないので、まあまあ時間がかかります。




 

ホーム画面から家電を操作

作ったショートカットは、Widgetとしてホーム画面に配置しましょう。

ホーム画面からワンタップで家電を操作できるので、めちゃめちゃ便利です。

 

 

課題:アプリの遅延は気になる

今回紹介したSwitchbotは、アプリを起動してから2-3秒ほどフリーズします。
ほんの一瞬なんですが、個人的には少し不快なレベルですね。

→メーカーに問い合わせたところ、Android版では改善済み、iOS版ではアップデートに取り込んでいるとのこと。
期待して待ってます。

 

 

SwitchBot ハブミニは、スマートホームの心臓。他の対応製品は?

SwitchBotにはカーテンボット加湿器などといった関連製品があり、今回のハブミニが関連製品をWi-Fiに接続するハブとして機能します。

これはSwichBotにしかない強み。
スマートリモコンとしての使用感だけなら他製品でも良いですが、
スマートホーム全体として考えるならSwichBotの1択。

 

関連:Widgetとショートカット

iPhoneで便利なWidget 6選!ショートカットを極めてiPhoneを使いこなすNumber84では、iPhoneのウィジェットやショートカットについてもまとめています。

iPhoneを使いこなすためには、どちらも避けては通れない道です。
参考記事を貼っておくので、興味がある方はご覧くださいませ。




 

まとめ:賃貸で家電の自動化に大貢献

Switchbot Hub miniスマートリモコンSwitchBot Hub miniを紹介しました。

賃貸でも使えるので、手軽にスマートホームを始めたい人にはピッタリのアイテムです。
関連製品との互換性もあり、スマートホームの核になる製品だと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このWebサイトでは、MacやiPhoneなどのガジェット情報や生活を豊かにする拘りのモノ情報を発信しています。
SNS(TwitterInstagramFacebook)も日々更新していますので、よければフォローをお願いします。

POSTED COMMENT

  1. […] 先日の記事では、賃貸でもスマートホーム化できるSwitchBotのスマートリモコン「SwitchBot ハブミニ」を紹介しました。 […]

  2. […] 我が家ではコンセントだけじゃなく、リモコンや物理スイッチ、カーテンの開閉などをSwitchBotで、家の鍵をSESAMEで自動化しています。 スマホで家の鍵を閉めたり、TVを操作したりできる環境を賃貸アパートに構築しました。 めちゃめちゃ快適なので、ぜひ参考記事もあわせてご覧くださいませ。 […]

  3. […] 最上部には、端末のバッテリーがまとめてわかるウィジェットを配置してます。Apple WatchやAirPods Pro、Powerbeats Proのバッテリー残量が一箇所でわかるので、かなり重宝してます。 2番目に配置してるのは、8つのショートカット×2。ここのショートカットは、結構こだわって設定してるポイントですね。複数のアプリにアクセスできるようなショートカットやSwitchBot経由でカーテンの開閉、TVや電気を操作、お風呂を沸かすことができるショートカットを配置してます。詳しくはこちらの記事で紹介してますが、だいぶ変わったので近いうちに改めて記事にしようかと思います。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です