「SwitchBotシーリングライトプロ」レビュー | スマートリモコン機能を搭載したスマホで操作できる照明[PR]

SwitchBot シーリングライトプロ
この記事について

本記事は『SwitchBot シーリングライト プロ』のレビュー記事です。メーカーより製品を提供いただき、筆者が実際にしばらく使ってみた印象をもとに記事を執筆しています。金銭等の提供はなく、筆者が感じたまま(忖度なし)のレビューになります。

ごく普通のシーリングライトのようにみえる『SwitchBot シーリングライトプロ』。

スマホから明るさや色味を調整できたり、スマートリモコン機能を搭載していたりと、普通のシーリングライトをはるかに凌ぐ実力をもっています。

シーリングライトの購入を検討している方には、レビュワーとして胸を張っておすすめできる製品です。

SwitchBot シーリングライトプロ
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • スマホ/スマートスピーカーから操作できる
  • 調光や調色が無段階
  • 使いやすいスマホアプリ
  • スマートリモコン機能を内蔵
  • コスパが良い!
デメリット
  • 壁面のスイッチは常にON(スマートリモコンまで使えなくなる)
  • ラインナップは6畳と8畳モデルのみ
created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥9,980 (2022/10/02 10:37:08時点 Amazon調べ-詳細)

SwitchBot シーリングライトプロを開封レビュー

スイッチボットのシーリングライト
公式ホームページより引用

SwitchBotスイッチボット)は、誰でも簡単にスマートホーム化できる製品を提供しているメーカー。

具体的にいうと「カーテンの開け閉めを自動化」できる製品や、アプリから操作できる「ロボット掃除機」や「加湿器」などがラインナップしています。

本記事でレビューするシーリングライトは、スマホや音声で操作できるのはもちろん、テレビやエアコンなどの赤外線リモコンをスマホに集約できる「スマートリモコン機能」を搭載しています。

SwitchBot シーリングライトの仕様とラインナップ

SwitchBot(スイッチボット)のシーリングライトは、スマートリモコン機能の有無(プロ = スマートリモコン機能を搭載)、部屋の広さ(6畳 or 8畳)の合計4種類がラインナップ。

 シーリングライト 
(8畳)
シーリングライトプロ
(8畳)
定価5,980 円10,980 円
寸法Φ480×H102mmΦ480×H102mm
重量1.7Kg1.7Kg
光束4000lm4299lm
色温2700K(電球色)-6500K(昼光色)
無段階調色
2700K(電球色)-6500K(昼光色)
無段階調色
調光1-100%
無段階調整
1-100%
無段階調整
電圧AC100V
(50Hz/60Hz)
AC100V
(50Hz/60Hz)
タイマー30分/60分30分/60分
通信 Wi-Fi+Bluetooth Wi-Fi+Bluetooth
リモコン
スマートリモコン×
操作リモコン
音声操作
アプリ
リモコン
音声操作
アプリ
寿命約40,000時約40,000時
モード常夜灯
おやすみモード
読書モード
くつろぎモード
食事モード
常夜灯
おやすみモード
読書モード
くつろぎモード
食事モード
同梱物本体、カバー、リモコン
専用アダプタ、ネジ
取扱説明書、乾電池
リモコンケース
本体、カバー、リモコン
専用アダプタ、ネジ
取扱説明書、乾電池
リモコンケース

スマートリモコンが使いたい人は『プロ』を選ぼう!!

『SwitchBot シーリングライトプロ』の外観と内容物

早速『SwitchBot シーリングライトプロ』を開封していきます!

SwitchBot シーリングライト プロの外箱
SwitchBot シーリングライトプロの外箱

LED機器なので、中で動かないようにがっちりと梱包されています。

SwitchBot シーリングライトプロを開封
8SwitchBot シーリングライトプロを開封!

シーリングライトの本体とカバーがこちら。いたって普通のシーリングライトと変わりませんね。

SwitchBot シーリングライトプロ本体とカバー
シーリングライト本体とカバー

中央の穴を囲むように無数のLEDが配置されています。

本体以外の付属品として、リモコン・リモコンケース・乾電池・取扱説明書・リモコンケース取り付け用ネジ×2が同梱されていました。

SwitchBot シーリングライトプロのパッケージ内容
シーリングライトプロの付属品

リモコンは一般的な照明器具と同じような仕様で、シンプルかつ使いやすくなっています。

シーリングライトプロのリモコン
普通のシーリングライトと同じようなリモコン

それでは実際に『SwitchBot シーリングライトプロ』を取り付けていきます。

『SwitchBot シーリングライトプロ』を取り付けてみる

まずは天井にある照明を取り付けるための規格に付属の専用アダプタを装着します。

照明取り付け器具
取り付け開始!

続いてシーリングライトの本体をアダプタにガチッと押し込んで固定して、配線をつなぎます。

取り付け方は普通の照明器具と同じですね!

シーリングライト本体を取り付ける
シーリングライト本体を装着!!

最後にシーリングライトのカバーを装着すれば取り付け終了です。

天井についている様子も一般的なシーリングライトと変わりません。

むしろ「これで本当にアプリで操作できてスマートリモコンとしても使えるの?」って疑うレベル。

シーリングライトの取り付け完了
見た目はごく普通のシーリングライト

天井への取り付けも終わったので、実際にシーリングライトを起動して使用感をチェックしていきましょう。

『SwitchBot シーリングライトプロ』をつかってみる

全てのスイッチボット製品は、以下の専用アプリから操作することができます。

豊富なラインナップのスマートホーム製品をひとつのアプリから操作できるので、僕自身めちゃくちゃ重宝しています。

SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

まずはシーリングライトプロをアプリに登録

スイッチボットの専用アプリを開くと、すでにシーリングライトが検出されていました(写真左)。

ラインナップが豊富なスマートホームメーカーなだけあって、このあたりの仕様は流石ですね。

アプリの指示通りにすすみ、Wi-Fiに接続したら設定完了です!

余談ではありますが、家中に散りばめられた20台近くのスマートホーム製品のために「メッシュWi-Fi」を採用しています。

メッシュWi-Fiは、家中どこでも途切れない接続を提供するためのシステムで、スマートホームとの相性が良いのが特徴。

メッシュ環境をつくるのは簡単なので、スマートホームに興味がある方やスマートホーム製品の動作が不安定な方は、ぜひ「メッシュWi-Fi」に挑戦してみてください。

豊富な機能と直感的につかえるアプリ

実際にアプリから『SwitchBot シーリングライトプロ』を操作してみると、その機能の高さに驚きました。

スイッチボットアプリを開くとつかっているスイッチボット製品がズラッと並んでいるので、シーリングライトを選びます。

明るさや光温は無段階で調整できるし、生活シーンにあわせたモードをワンタップで使うこともできます。

搭載されているモードは自分の好みにあわせて調整でき、そのモードを使う時間を決めることも可能。

最下部には配置されているメニューでは、シーリングライトのON/OFF、遅延実行やスケジュール設定を行います。

リモコンのアイコンからは、スマートリモコンの設定ができます。

シーリングライトプロのメニュー
シーリングライトプロのメニュー

「遅延実行」では、時間を指定してシーリングライトをON/OFFできます(写真左)。

一方「スケジュール」では、時間と曜日を指定してシーリングライトをON/OFFします(写真右)。

歯車マークからは、ショートカットやNFCタグなどの設定ができるようになっています。

シーリングライトの設定
シーリングライトの詳細設定

スマートリモコンがめちゃくちゃ便利!

『シーリングライト』、『シーリングライトプロ』の2種類がラインナップしている中で、上位モデルの「プロ」を選ぶメリットは「スマートリモコン」でしょう。

登録したリモコンは、アプリから直感的に操作できます。

「リモコン操作のためにアプリを開くのは面倒」という方は、ショートカットを作成してWidgetに配置するのがオススメ

スマートリモコンのショートカット
ホーム画面に配置したリモコンのショートカット

TVのリモコンをそのままショートカットにしちゃうこともできちゃいます。

テレビのリモコンをショートカットで使う
TVのリモコンをWidgetとして配置

ワンタップで家電を操作できるのだ!!

『SwitchBot シーリングライトプロ』に明るさや色味をチェック

こちらは明るさ100%の昼光色(寒色)で、読書や勉強などのシーンに適した色味。

青みがかかったさわやかな色で、十分すぎるほど明るいですね。

シーリングライトプロの昼光色
昼光色

一方こちらは明るさ100%の電球色(温色)で、くつろいでリラックスするシーンに適した色味。

オレンジがかった温かい色で、写真では暗くみえますが実際は十分明るいです。

シーリングライトプロの電球色
電球色

ライトの明るさも色味も無段階で調整できるので、シーンに応じて色味を変えるなど、好みにあわせてカスタマイズできておすすめです。

注意‼︎ 壁面スイッチは常にONに

壁面スイッチは常にONに
壁面のスイッチ

壁についているシーリングライトのスイッチをOFFにしてしまうと、シーリングライトへの電源供給ができずスマートリモコンが使えなくなります!

スマホや音声での操作と物理スイッチを併用したい方は、「リモートボタン」の導入を検討してみてください。

2つのボタンを搭載していて、置き場所も自由なのでオススメです!

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥1,973 (2022/10/02 12:28:25時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:生活を便利にするハイテクシーリングライト

本記事では『SwitchBot シーリングライトプロ』をレビューしました。

スマートリモコンを内蔵しつつ価格もおさえられているので、かなりコスパが高いアイテムかと思います。

SwitchBot シーリングライトプロ
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • スマホ/スマートスピーカーから操作できる
  • 調光や調色が無段階
  • 使いやすいスマホアプリ
  • スマートリモコン機能を内蔵
  • コスパが良い!
デメリット
  • 壁面のスイッチは常にON(スマートリモコンまで使えなくなる)
  • ラインナップは6畳と8畳モデルのみ
created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥9,980 (2022/10/02 10:37:08時点 Amazon調べ-詳細)

関連:誰でもできるスマートホーム環境

スマートホーム

最後までよんでいただき、ありがとうございました。

以下の関連記事では、「賃貸でもできるスマートホーム環境」を紹介しています。

我が家に導入しているスマートホーム機器をすべて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

SwitchBot シーリングライトプロ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする