【ルームツアー】一条工務店グランスマート35坪4LDKの我が家を紹介

    一条工務店グランスマートで作る4LDK2階建て一軒家のルームツアー

    一条工務店で建てた一軒家に引っ越して、もうすぐ1年になります。高い性能が一条工務店を選んだ理由ですが、デザイン性や間取りでも大満足しています。

    そこで本記事では、「一条工務店グランスマートで建てた35坪4LDKのルームツアー」を執筆していきます。

    目次

    我が家の間取り:35坪4LDKの2階建て

    ルームツアーの前に我が家の間取りをご紹介!

    我が家は、核家族にちょうどいい35坪の2階建て。間取りはこんな感じ。

    間取りで特にこだわったのは、2階のリビングですね。LDKの広さ・開放感・日当たりは譲れなかったので、迷わず2階リビングを採用しました。一般的なLDKの広さは16〜20帖なので、35坪の家にしてはかなり広めの設計です。

    LDKにワークスペースを併設して、作業中でも家族の顔が見えるような空間づくりを意識しました。

    全館床暖房+床冷房で、温度差がないのもGood!

    1階のルームツアー

    玄関ドアにはSwitchBotの「ロックPro」を取り付けて、指紋認証で鍵を開けられるようにしています。

    土間は一軒家にしてはコンパクトな設計。我が家では広すぎる土間は不要なので、これで十分でした。

    土間

    シューズクローゼットの天板には、家族の写真と好きなモノを飾っています。

    シューズクロークの天板

    靴の収納スペースはだいぶ豊富で、靴以外のモノが入ってるところもあります。

    玄関収納

    玄関の横には1.5帖の土間クローゼット。シーズン中のコートや防災リュック、折りたたみ自転車などを収納しています。

    土間クローゼット
    生活感でしかない。笑

    玄関を上がると、1階の各部屋につながる廊下と2階のリビングにつながる階段があります。

    玄関を入った様子

    階段下のデッドスペースには、SwitchBotのロボット掃除機。高性能なマッピングが特徴的で、フロア全体の掃除を任せられる優れモノ。

    階段の下にロボット掃除機を設置

    それでは個室を紹介していくよ〜!

    子供部屋(仮)

    我が家の間取りのうち、唯一の空き部屋がこちら。

    子供部屋(仮)

    4帖の部屋で、将来的には子供部屋もしくは趣味部屋としての活用を検討しています。現在は静音性が高いエアロバイクを配置。

    寝室の隣は運動スペース

    運動中も隣の寝室まで音が届かないほどの静かさで、重宝しています。

    書斎

    主に筆者が使う4.5畳の書斎です。この部屋だけは、「好き勝手やっていい」という許可をもらい、こだわり抜いた個室です。

    書斎の位置

    全面にコンクリート調の壁紙にして、カーテンではなくバンブーブラインドを採用。ウッドブラインドよりコスパに優れていて、雰囲気も抜群です。

    コンクリート壁とバンブーブラインド
    収納はバンカーズボックス

    140cmのスタンディングデスクと外部モニターを設置しています。(実はメインの作業スペースは2階ですが………)我ながら贅沢しすぎたと反省してますが、後悔はしていません(←反省してない)。

    書斎のデスク

    書斎では趣味の植物も育成しています。これがなければ3帖ぐらいでも良かったのですが、どうしても譲れないポイントでした。

    植物育成用コーナー

    天井にダクトレールを取り付けて、育成用ライトを吊るしています。

    書斎のダクトレール

    ライトやサーキュレーターのON/OFFは、SwitchBotでスケジュールを決めて自動化しています。SwitchBot製品を使えば、意外と簡単にスマートホーム化できてオススメ。

    SwitchBotハブ2
    SwitchBot ハブ2

    さらぽかを採用した住宅に搭載される天井のサーキュレーターは、植物のために24時間つけっぱなし。サーキュレーターの電気代は気になりませんが、LEDの電気代がちょっと高めですね。

    クローゼット/洗面所

    ファミクロと洗面所の位置

    洗面所やお風呂での室内干しが基本の我が家では、洗面所からクローゼットへの動線にこだわりました。

    洗面所とクローゼット
    洗面所に直結のファミリークローゼット

    夫婦の洋服が全て収まるように4帖のウォークインクローゼットを採用。1部屋つくれるサイズで勇気が入りましたが、収納力が高くてめちゃくちゃ重宝してます。

    ファミリークローゼット

    ハンガーの上下にも収納スペースがあって、季節物の衣類や家電も収納できます。

    天井には6畳用のナノイー発生機。衣類の臭いをとってくれるようですが、洗濯後の衣類しか収納しないので効果は不明。

    クローゼットのナノイー発生機

    続いてはクローゼットの隣にある洗面台!

    洗面所

    下部の引き出しには、洗剤のストックやお掃除グッズなど。鏡の上の収納スペースは、丸々あいてます。

    備え付けのカラーボックスには、パジャマや下着、タオル類を収納。まだまだ余裕があるので、入れるモノを検討中。

    洗面所のカラーボックス

    WICに4帖割いたのは大正解でした!

    2階のルームツアー:LDK/子供部屋/セカンド洗面

    玄関を入ってすぐの階段から2階にあがります。玄関からリビングに直結する構造です。

    開放感あるオープンステア
    リビングに続く階段

    階段の上が吹き抜けで1階と2階が同じ空間になっているので、2階にいても家族の帰宅を感じることができる設計にしてもらいました。

    2階の間取りは家づくりで最も重視したポイントなので、ぜひぜひ見てってください。

    2階リビングとリビング内ワークスペース

    リビングの様子はこんな感じ。ナチュラルな木目とブラックで家具を統一するようにしています。

    一条工務店のルームツアー
    我が家のリビング

    違う角度からみるとこんな感じ。すこし狭めの2帖の畳コーナーは、広すぎず狭すぎない絶妙なサイズで、想像以上に重宝しています。

    LDKの仕様や採用している家具家電は、別記事の「2階リビング ルームツアー」で詳しく紹介しています。

    LDKの一角には、夫婦が並んで作業できるワークスペース。腰壁で手元や配線を隠してます。

    配線を隠す腰壁
    全ての配線が腰壁に隠れる

    子供が寝たあとは、夫婦で団欒しつつゆったり作業しています。

    LDKのワークスペース

    ワークスペースはLDKの中央に向いていて、目線を動かせばすぐに家族の姿が見えます。

    ワークスペースからの眺め

    リビング内のワークスペースについては、別記事で詳しく紹介しています。

    ワークスペースでの作業に疲れた時は、移動式のスタンディングデスク「WALL FOR ONE」を使って、リビングの中央で作業することもあります。

    WALL FOR ONEを使ってみた

    姿勢と目線が変わるので、行き詰まった作業が進み出す感覚があって気に入ってます。

    キッチン周りと子供部屋

    キッチンの天板は家具との統一感を出すためにブラックを選択。キッチンの奥には妻の希望がつまったパントリー。アーチのタレ壁がお気に入りのようです。

    キッチンの反対側は、セカンド洗面台、トイレ、子供部屋へと続きます。

    セカンド洗面台、トイレ、子供部屋の入り口
    LDKの奥には洗面台・トイレ・子供部屋

    子供部屋はコンパクトな3.75帖。「狭すぎる!」と思われがちですが、勉強して寝るだけなら十分すぎるサイズ感。

    あえて居心地がよくなくして、部屋に籠る時間を減らす狙いもあります。

    日当たり抜群の子供部屋

    3.75帖といっても、120cmのデスクとおままごとキッチンを置いて、空きスペースでおもちゃ遊びもできるサイズ感。こうみると意外と狭くないんですよね〜。

    デスクは子供の成長に対応できるFlexiSpotの昇降式デスク

    コミュニケーションを重視したリビング直結の子供部屋!

    まとめ:一条工務店 グランスマートのルームツアー

    一条工務店のルームツアー

    本稿では、筆者が建てたマイホームのルームツアーを執筆してきました。家族の理想をつめこんだ、大満足の一軒家になりました。

    本稿では詳しく触れていませんが、真冬も真夏もエアコンなしで快適に過ごせています。光熱費も抑えられてるし、賃貸アパート時代とは比べ物にならないほどの快適さ。思い切って一軒家を建てて良かったです。

    もし一条工務店に興味がある方は、紹介制度を利用できますので展示場に行く前にお声掛けくださいね。

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    一条工務店グランスマートで作る4LDK2階建て一軒家のルームツアー

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアする
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次